全国各地にある大人のための映画館“ポルノ映画館”情報や懐かしの“ロマンポルノ”への思いを交換する掲示板サイトです。

ロマンポルノの思い出掲示板
 
ロマンポルノの思い出掲示板


お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



76−88  右近 : 2018/01/28(Sun) 19:04 No.309 
先日、京都本町館で池波志乃主演「白く濡れた夏」を見ました。
79年公開当時見ておりますので40年近くぶりとなりますが、今見てみると、濡れ場は池波志乃がほとんどで小川亜佐美が1回、新人の石井雪江も1回と意外と少なかったです。
ストーリーも池波志乃が長谷川明男をオートバイで轢くところは覚えていましたがこれもラストがああいう終わり方になっているとは覚えてませんでした。
脇役男優も高橋明さんや鶴田忍、鶴岡修、影山英俊さんなど常連がでておりましたが、弁護士役の五條博さんが懐かしかったです。

ともかくこの映画、池波志乃のシャワーシーンのスチール写真が平凡パンチ等にどっと載って話題になっていましたね。
当時の併映作が、資料本によると「天使のはらわた 名美」なのですが、一緒に見た記憶がなくて、後年、東梅田日活で「私の中の娼婦」と一緒に見た記憶があります。

初めてロマンポルノを見たのが76年、北川たか子の「ひめごころ」です。
彼女、本名だったかで秋吉久美子の「妹」にでてましたが、改名してロマンポルノにでるということでした。
確か週刊プレイボーイにもグラビアが載ったように思いますが・・。

当時、近代映画社がロマンポルノとピンク映画の情報月刊誌「EIGA NO TOMO」を出版して、これも色々情報を得るのに役立ました。
この雑誌向けに撮られたグラビアや撮影時のオフショットとかも貴重でしたね。
ピンク映画の紹介もしっかりされていたのでピンク映画女優の名前も結構覚えました。

丁度、東てる美が爆発的人気でTVや雑誌に取り上げられ写真集が出たりしてましたが、ロマンポルノ映画への出演をやめだしたときでした。

また原悦子がピンク映画でだんだんと人気がでてきだしたところです。

以後、88年のロマンポルノの終焉まで見ていき100タイトルは有に超えるぐらい見ました。
途中、AVに対抗するためロマンXシリーズが出だしたときは閉口しましたが・・。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.


新しいレスから表示

1. ロマンポルノは素晴らしい!  シネポ : 2018/02/02(Fri) 18:12 No.310 
右近様、書き込みありがとうございます。
ロマンポルノに対する貴重な経験をお書き下さって、ほんとうに嬉しいです。リアルタイムでそれら伝説的な作品をご覧になってたなんて、もう嫉妬しかありません。
もちろん一般映画でもそうなんですが、封切で見たときと、何十年もたってからそれを再見したときと、捉え方、思いかたの違いに驚くときってありますよね。ま、多くは年齢的な自分自身の考え方の変化で、そうか若いときの俺って、こういうことに感動してたんだって、感無量になってしまいます。
特にロマンポルノやらピンク映画に関しては、若い頃は女性全般に対しての憧れというか、女性という性に対して恋い焦がれているときでもあったわけで、その後社会にもまれたり、あるいは結婚をされた方ならその生活において、女性は単に憧れだけの存在だけじゃないというのが分かってきて、そこで再見すると若いころより、より見方が違うというのは、ある意味一般映画より強いかもしれませんね。
いやいや、自分の私生活を愚痴っているわけではないんですが(笑)。

ロマンXについて、ひとこと。
おっしゃるように、映画としてはどうなんだというものが多かったのは事実ですが、どこかそれはロマンポルノの輝かしい歴史から振り返っての見方だという側面もあるのではないでしょうか。
80年代中盤以降、確かにAVの出現で、日活が危機感を持ったのは間違いありません。ただ当時の住宅事情や、一般サラリーマン家庭の状況を顧みると、各家庭テレビは家のリビングに1台、VHSまたはベータのビデオデッキが1台、パソコンのパの字もないときですから、映像機器はパーソナルなものではなく、家族共有のものだった時代でした。AVはまだまだ一人暮らしをしている人々が中心だったんですね。つまり、世のお父さん方は、巷で噂になっているAVを見たくても、家で見るわけにはいかない。でも週刊ポストや週刊現代のグラビアでヘアーまでさらけ出している綺麗なお姉ちゃんがアヘアヘしているAV、見たい、でも見れない…。そんな時代だったんです。
ロマンポルノは時代の世相や流行を取り入れていくのがとてもうまく、そういった秀作を何作も送り出してきました。そんなロマンポルノですから、見たいけど見れない中年サラリーマン層のためにAVをスクリーンでやったらどうだとなるのは、当然の成り行きだとも思います。またそういう宿命を背負ったジャンルの映画でもあったんですね。
事実最初のころは、お客も狙い通りよく入ってましたし、関西の各館支配人さんたちも支持はされてました。ただそこから急速に観客としての若者離れが進んだのも事実で、それが結果として首を絞めていくことになったのですが…。
ロマンXを始めた日活のそのときの決断、ロマンポルノという映画の性質上、それは間違いでもなく、また間違いでもあった、それがわたしの今の思いです。お分かりいただけますでしょうか。

右近様のロマンポルノへの思い、あるいは当時のお話、もしよろしければまたお聞かせください。楽しみにしております。
なお、返信が遅くなりましたことはお許し下さい。
これからもよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:3BfN9LAj4w




初めまして。  Phewshin : 2017/10/27(Fri) 12:49 No.301 
掲示板のみ主旨と違っていますので、御免なさい。
私は、ロマンポルノが全盛だった頃、東映のポルノが、好きでした。
渡辺護監督の、『猟奇 薔薇奴隷』が、また観たいです。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.


新しいレスから表示

1. 東映ポルノ  シネポ : 2017/10/30(Mon) 11:10 No.302 
Phewshin様、書き込みありがとうございます。

渡辺護監督の『猟奇薔薇奴隷』、わたしはまったく知りませんでしたので、ちょっと調べてみました。
調べると言っても、大したことはしてないんですけどね(笑)。
このホームページのリンクのページに、「渡辺護公式サイト」というのがあります。そこでは渡辺監督の全作品のフィルモグラフィーが掲載されています。そこを見てみると、あっ、ありましたね『猟奇薔薇奴隷』、1977年の1月公開となっています。「日本映画データベース」によると、出演は北斗レミカさん、橘雪子さん、南ゆきさんとなっています。製作はユニバースプロ。向井寛監督が東映さんに作品を提供するために作られた制作プロダクションですので、東映ポルノ作品で間違いないですね。
わたしも、見たいです。

近年、エクセスさんが東映ポルノ作品をニュープリントで復活させ、自社ルートで配給するという画期的な試みを行っておられましたが、『猟奇薔薇奴隷』もひょっとしたら…。
でも東映さんにとったら外部制作の買取作品なので、ネガまで保存されてないかも…。どうでしょうかね。

気になったので、東映映画のファンである知人に聞くと、東映ポルノと言えばやはり東映カラーがあって、スケ番ものが特に人気があって、喧嘩や不良の兄ちゃん姉ちゃんが先天的に苦手なちょっとオタクな映画ファンは、どうしても二の足を踏んでしまったと言ってました。笑えます(爆笑)。なので、その方も見てないようです。

わたしどもが運営しております、ポルノ映画を中心とした映画グッズの通販サイト「シネポ.com」でも、あまり点数は多くないんですが、東映ポルノ作品のポスターやスチール写真などを販売しております。お時間のあるときにでも、またご覧下さい。タイムトリップしていただけるかもしれません。入り口はこちらです。
http://www.cinepo.com/

Phewshin様、また東映ポルノ作品につきまして、思い出などがございましたらお書き下さい。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:38jzTOUbgM
2. 有難う御座います。  Phewshin : 2017/10/30(Mon) 23:11 No.303 
橘雪子さんと、港雄一さんの、絡みが凄いんです。
話の流れは、部分的には、多岐川裕美さんの【聖獣学園】に近いのかな?と、思います。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
3. DVDもないだろうな…  シネポ : 2017/11/01(Wed) 18:37 No.304 
Phewshin様、続いての書き込みありがとうございます。

> 橘雪子さんと、港雄一さんの、絡みが凄いんです。
うわ〜、それは、見たい!
もともと港さんの絡みって、どれもねちっこいな〜と思うんですが、それが「凄い」んですね。渡辺護監督の粘る演出がきっとマッチしているのかもしれませんね。マジ、見たいです。
でも、プリントないだろうな…。

Phewshin様、東映ポルノについてまたぜひお書き下さいね。お待ちしています。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc
4. 気持ちが伝わった様で、嬉しいです。  Phewshin : 2017/11/05(Sun) 07:50 No.305 
しつこい書き込みで、御免なさい。
本当に、モノ凄いんです。

橘雪子さんと云えば、【未亡人下宿】のイメージが強いですが、大蔵映画の【愛欲の落し穴】や、【好色夫人の淫欲】、【蛇淫の情魂】、日活だと【ポルノチャンチャカチャン】、野上正義監督の【性の転落と幸福】の頃の、容貌です。
絡みの部分は、首輪、ゴムの手枷、ゴムのパンツです。
此れだけ条件が、揃っている上に、港雄一さんです。

長く為りますが、昭和52年4月号の【スポット】の映画評です。
『なんたって港雄一のベロ責めで、彼女の体を舌で なで回すのだが、手から はじまって オッパイ、腹、太モモ、足の指と なめまわす。ピチャピチャ、グチャグチャという唾液の音・・・もう こうなると舌も りっぱな”舌技″だ。

「ウン、濡れてきたな。ほしいか。」「ほしい・・・」と彼女が絶叫すると港の長い舌がワレメじゃなく口にグイと挿入する。本番ファックよりグッと迫力がある“舌技″の異色SM映画だ。』と在ります。

私見ですが、
ゴムのパンツから、ビラが見えました。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
5. なおさら見たくなってきました!  シネポ : 2017/11/06(Mon) 17:40 No.306 
Phewshin様、続いての書き込みありがとうございます。

いや〜、凄い映画評ですね〜。「音」が「台詞」が聞こえてきそうな描写です。こんな映画評、見たことないです。どなたがお書きになったんだろう(笑)。

港雄一さんの有名なエピソードを。ひょっとしたらご存知かもしれませんが…。
港さんは昔、何本か日活の教育映画(児童映画)に出演されたことがあるそうです。そのうちのひとつが、島根県の山奥にある過疎の小学校の分校が舞台の作品で、港さんはその学校の心優しい校長先生の役。で、ロケで、実際の島根県の山奥の学校にまで行ったそうです。
そこで港さん、撮影の出番待ちをしていたら、その学校のほんま物の校長先生がそっと港さんに寄ってこられて、耳元で「わたし、あなたの大ファンです。立場上そういう映画をときどき町まで見に行ってるのがバレるとあれなので、サインとかをいただくわけにはいきませんから、せめて握手だけでも」とおっしゃったとか。
その校長先生も『猟奇薔薇奴隷』をご覧になっていたのかもしれませんね(笑)。

何とかこの作品見る方法ないのかな…。

Phewshin様、どうもありがとうございました。
これからも、全国の成人映画館、成人映画、そしてこのホームページを、どうぞよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc
6. 何か、後味が悪くて・・・  Phewshin : 2017/11/26(Sun) 20:37 No.307 
自分の【見たい!見たい‼】を、押しつけてしまった様な気がして、御免なさい。

自分が、此方にお邪魔したきっかけは、
円城ひとみさんのブログからです。

お詫びに、ピンク映画では、ありませんが、
自分の御勧めのAVが、在ります。
伊織涼子さんの【わいせつ痴漢電車妻】ヴィーナスです。
AVは、映像媒体のコンセプト自体が、
そもそも全く別のモノですが、
此の作品は、昔の大蔵映画の趣が有ります。

エロの間、タメって云うか、
ツボを心得ている、と思います。
勿論、パートカラーは無いですヨ。

男優は、御主人役が、少し顔を出しますが、
他の男優は、全員、顔モザイクです。

また、押し付けに為るかも、判りませんが、
御都合が宜しければ、是非、見て下さい。

失礼致します。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
7. ありがとうございます  シネポ : 2017/11/28(Tue) 16:57 No.308 
Phewshin様、そんなことはありませんよ。どうぞお気遣いなく。

考えてみれば、東映、日活、そして松竹というメジャー映画会社が、成人映画を作っていたんですからね…。時代だったんですね…。
東映ポルノについても、またぜひお書き下さいね。お待ちしています。

あと、ごめんなさい。わたし、AVについてはまったく知らないもので…。

Phewshin様、どうぞこれからも、全国の成人映画館、成人映画、そしてこのホームページをご愛顧下さい。よろしくお願いします。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc




いつまでもあると思ったら  滝masa太カ : 2017/08/31(Thu) 23:35 No.297 
掲示板の「石巻日活パールシネマ」さんの書き込みを拝見してまたひとつかけがえのない劇場が消えてしまおうとしているんだなぁと寂しさを感じてしまいました。
私の住んでいる大阪も昔ながらの劇場が次々に姿を消していますが、とりわけ成人映画館は青天の霹靂のように突然閉館してしまうので驚かされる事も多いです。
梅田日活劇場さんもまさか閉館するなんて予想だにしてなかっただけにショックでした。(最後まで運営継続に努力されていたんでしょうが…)
梅田日活劇場さん閉館の後も「天六ユウラク座」さん「飛田東映」さん「タナベキネマ」さん「テアトルA&P」(旧千日会館)さん「新世界日活」さんと殺しても死なないような劇場(失礼(;^_^A)が次々になくなっていくのを見て現存している劇場さんもいつまでも健在である保証は無いと思い知らされました。
かつて女優の倖田季梨さんが全国の成人映画館巡りをされたそうですが、私もできる範囲で今なお頑張り続けている劇場さんを訪れたいです。
という訳で?今回は「上六シネマ」さんに行って来ました。
「上六シネマ」さんは一般映画を上映していた頃以来で軽〜く20数年ぶりの訪問です。
ビデオ試写室を併設している為客席が削られておりますが、今の成人映画館ではなかなかのキャパシティです。
スクリーンも大きくゆったりと観賞を楽しめるのとこの手の劇場に付き物の性的な行為を目的とした人の存在も認められませんでした。
ポイントサービスも実施しており10回の観賞で1回無料も嬉しいですね( ´艸`)
今後も他の劇場さん同様「上六シネマ」さんも定期的に訪問する事にしました。
ちなみに映画観賞後、劇場外観を眺めていると見知らぬ男性に話しかけられたのですが、どうやら発展場と期待して来たようだったので「ここは大人しく映画を観てる人しかいませんよ」と教えてあげました。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. そうなんですけども・・・  シネポ : 2017/09/03(Sun) 17:48 No.298 
滝masa太カ様、書き込みありがとうございます。

お書き下さったことはまったくその通りですし、わたし自身もそういった気持ちもないことはないのですが、でも、よく考えてみれば、それって、もう成人映画館は無くなっていくという前提のことなんですよね。だから今のうちに、後に後悔しないように、ひとつでも多くと。
何だか、そう思っちゃうと…。

叶うならば、もうこれ以上成人映画館の閉館はない、だから今のうちに行っておかなければといった気持ちにならない。それが理想でもあります。
現実は厳しいかもしれませんが…。

滝masa太カ様、暖かいお気持ちでの映画館通い、ありがとうございます。
頑張っておられる現役映画館とオーナー様やスタッフの皆様を応援していきましょう。
これからもよろしくお願いします。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc
2. Re: 大盛況ですよ!  滝masa太カ : 2017/09/03(Sun) 20:00 No.299 
シネポ様、私の拙い書き込みにいつもコメントいただきありがとうございます<(_ _)>
よく考えてみたら、成人映画館が無くなるのを前提に各劇場さんを訪問して回るのは、今尚頑張っておられる業界の方々や成人映画ファンの皆様には失礼なお話ですよね。
しかし、そんな私のつまらない思惑を吹っ飛ばしてくれるのが新世界最強?いや大阪最強の成人映画館「新世界国際地下劇場」さん。先日も覗いてみたところイヤハヤ超大入り満員でした!
ここに来ると成人映画館が減ってるなんて別世界の出来事のようです。
成人映画館でなくとも「シネヌーボ」さんでも日活ロマンポルノがかかりますし(^^)
この国の成人映画はまだまだやれる。
明るい気持ちでまた映画を観にいって来ます。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. ありがとうございます  シネポ : 2017/09/04(Mon) 18:55 No.300 
滝masa太カ様、嬉しい書き込み、ありがとうございます。
特に、最後の1行にジンときちゃいました。
そうですね、お互い、そういった気持ちで成人映画館や、成人映画を応援していきましょう!
プログラムピクチャーとして、やっぱり、これだけ作り手の自由裁量が認められているのは、今でも成人映画が一番だと思いますのでね。面白い作品をこれからも期待したいものです。
そして、行かれた映画館ルポも、今後も期待しています。

これからもよろしくお願いいたします。

追記
滝masa太カ様、ただひとつだけお願いがございます。
このページの掲示板は、日活ロマンポルノについて語り合いましょうという掲示板です。
映画館や、ロマンポルノ以外の成人映画については、もうひとつのページにございます「ポルノ映画Q&A掲示板」に書き込み下さればありがたいです。
別に厳重に区別しているわけではないんですが(笑)、そうしていただければ、より滝masa太カ様の文章が、今の成人映画ファンの皆様の目に触れることになるのではないかと思いますので。

では、また書き込みお待ちしております。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc




夏が来れば思い出す  滝masa太カ : 2017/08/22(Tue) 21:24 No.294 
昔々、まだ新世界に映画館がたくさんあった頃、毎年夏になると必ず大蔵映画の「生首情痴事件」と「怪談バラバラ幽霊」を上映してくれる劇場さんがありまして、それを律儀にも毎年観に行ったものでありました。先日、京都の某劇場にて中川信夫監督の「東海道四谷怪談」を久々に観る機会もありガゼン怪談好きの虫が目を覚ましてしまいました。東京は「女ゆうれい美乳の怨み」なる新作が公開されているのに大阪は?とぴんくリンクを見ているとやってました!「色欲怪談ヌルっと入ります」色欲と聞くとつい「新怪談色欲外道」を思い出してしまいニヤニヤしながら日劇シネマさんに行って来ました。映画の内容は怪談?ではあるものの…監督の作風もあり本来は哀しい物語のハズの「牡丹灯籠」をベースにしているにも関わらずコメディタッチに…
いつか低予算を逆手にとったインモラルな怪談成人映画の新作が誕生する事に期待したいですね。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. 伝統ですね!  シネポ : 2017/08/25(Fri) 18:22 No.296 
滝masa太カ様、書き込みありがとうございます。

5月27日の書き込みで、梅田日活劇場閉館以来久々にピンク映画を観た、といったことを書いて下さってから、続々各劇場に足を運んで下さっているようで、ほんとうに嬉しい限りです。
ありがとうございます。

『色欲怪談 ヌルっと入ります』は荒木太郎監督作品ですね。去年製作の作品のようです。
怪談物というのは、大蔵映画さんの伝統的ジャンルで、今もこういった作品を作り続けておられるのは、素晴らしいです。
今年の夏も、山内大輔監督が『女ゆうれい 美乳の怨み』という作品を撮られたようです。関西で上映の際は、ぜひご覧になって下さい。

ただ予算の関係で、時代劇作りに出来ないのが残念ではありますが、その心意気は映画ファンにとってはたまりません。
これからも頑張ってもらいたいものです。

ちなみに『色欲怪談 ヌルっと入ります』の予告編がYouTubeにあがってましたので、ご紹介しておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=b95SyCp9VT4

ありがとうござあいました。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc




石巻日活パールシネマ  ぺぺ : 2017/06/26(Mon) 18:11 No.285 
石巻日活パールシネマは閉館ではなく休館(9月中旬には再開)と伺いましたが、閉館なのでしょうか?[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. 石巻日活パールシネマさんについて  シネポ : 2017/06/27(Tue) 15:59 No.286 
ペペ様、書き込みありがとうございます。

わたしどもが入手いたしました確かな情報では閉館ということでしたので、ホームページではそのように表記いたしております。
何か事態が好転するようなことが起こったのでしょうかね。
調べてみます。

もし休館ということなら、グッドニュースなのですが…。

書き込みありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc
2. Re: 石巻日活パールシネマ  ぺぺ : 2017/06/27(Tue) 17:23 No.287 
ご返信ありがとうございます。

24日に電話で確認しましたところ

7月に何かのイベントで劇場をお貸しするらしく、9月中旬にはまた再開できたらなと、だから閉館ではなく休館なんですよ。って仰ってました。

こちらのサイトで再開のお知らせが伺えたら嬉しいです。

その時は、ご報告よろしくお願い致します。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. 石巻日活パールシネマさんについて  シネポ : 2017/07/12(Wed) 16:38 No.288 
ペペ様へ

石巻日活パールシネマさんの営業を担当されている、映画会社の方にお聞きしました。

再開後も成人映画専門館としての営業は、現在のところ考えておられないということのようです。
ただあくまでも「現在のところ」という条件だそうですが、以前のような営業形態は難しいというようなお話でした。

ということなので、このホームページでもしばらくは「休館」という表示にいたしました。

ペペ様とご一緒に、完全復活となることを願っていきたいと思います。

とりあえず、わたしどもの知る範囲での、現状のご報告です。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc
4. Re: 石巻日活パールシネマ  かい : 2017/08/22(Tue) 00:02 No.293 
別な掲示板でパールがリボーンフェスで場所を提供してるとの話を耳にしましたが、その続きで、正確な情報かは定かではありませんが、先日パールのオーナー様がお亡くなりになったとの事。結果、P映画館としての再開はないとの話でとても残念&複雑な気持ちになりました…(´Д`)゚。

本当なら御冥福をお祈りすると共に、更地になって?!しまう前にもう一度訪れたいなあと思います。
[返信]
[修正]
ID:bJzF/c0rwY
5. 残念ながら・・・  シネポ : 2017/08/25(Fri) 17:56 No.295 
かい様、情報ありがとうございます。

そうですか…。
正確な情報ではないというところに、まだ若干の救いはあるのですが…。
わたしが以前、映画会社の営業担当者の方にお聞きしたような状況のようですね。
ポルノ映画専門館としての復活は厳しそうかな…。

ペペ様、現状は残念ながらこのようです。

かい様、ありがとうございました。
もし現地へ行かれたなら、またお知らせ下さい。
[返信]
[修正]
ID:I.ZDWNhHCc


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]


-天気予報コム-

ロマンポルノ情報交換掲示板 ポルノ映画情報交換掲示板

北海道・東北地方の映画館 関東地方の映画館 甲信越地方の映画館 東海・北陸地方の映画館 関西地方の映画館 中国・四国地方の映画館 九州・沖縄地方の映画館 映画館リンク

Copy Right K - Movie Co.,Ltd. Since 2011