全国各地にある大人のための映画館“ポルノ映画館”情報や懐かしの“ロマンポルノ”への思いを交換する掲示板サイトです。

ロマンポルノの思い出掲示板
 
ロマンポルノの思い出掲示板


- 記事No. 771 の全体表示です。返信フォームから返信出来ます。 -

【親記事】
もう一つタイトル
いし : 2022/04/10(Sun) 11:16 No.771
 
一条さゆり 濡れた欲情
実録白川和子
裸の履歴書カルーセル麻紀
夜は私を濡らすレズビアンの女王 続・桐かおる
ルナの告白 私に群がった男たち
順子わななく
美加マドカ 指を濡らす女
イヴちゃんの花びら
イヴちゃんの姫
イヴの濡れてゆく
小林ひとみの令嬢物語

度々恐縮です。漏れもあると思いますが、女優さんの名を冠したタイトルをあげてみました。作家の先生を冠したものも多々ありますが、女優さんではイヴちゃんが多いです。これはやはり当時ノーパン喫茶の女王として君臨した話題性をタイトルからバチーンとぶつけよう、という意図でしょう。私も一度だけ彼女のお店に行きましたが、色白の美人さんでした。ただ、映画を見るところまではいかなかった気がします。

こうしてみると「一条さゆり濡れた欲情」「順子わななく」「イヴちゃんの花びら」とか結構すごいですね(笑)宮下順子さんは下のお名前だけでも「あ、彼女の映画か!」とわかるほどに売れっ子だったのでしょう。そう考えると、太田あや子だったら、うーん・・・「太田あや子で教師全員快楽学園」とか(笑) 石井雪江だと、どんなタイトルが煽情的かな、などとしばし考えてしまいます。我ながらなにをしてんだか 苦笑
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg

【レス記事】新しいレスから表示
1.  タイトルとポスター
シネポ : 2022/04/12(Tue) 15:54 No.773
 
いし様、書き込みありがとうございます。

そうですね、意外と主演女優さんの名前を冠にしたタイトルって少ないですよね。
あげてくださった作品の中でも、一条さゆりさん、白川和子さん、桐かおるさんの作品は、ドキュメンタリーというか、実録物ですので、女優さんのお名前を配するのは必然ですし、高村ルナさんのも、芸能界暴露ものですから、実録に近いと言えばそうですから、「ルナの告白」というタイトルは冠とはちょっと違うのかもしれません。

では何故、ポルノ映画のタイトルに主演女優さんの名前を冠にしたものが少ないのか?
主演女優さんって、ポルノ映画にとって最大の売り商品のはずなのに…。
それは、やはりポスターなんだと思います。

ぢーこ様もお書きになっているように、お客様は映画館の入り口でポスターとタイトルを眺めて、それで今日は入るか、入らないかを決められるという傾向が強かったからだと思います。
一般映画のポスターと違って、ポルノ映画のポスターは内容云々ではなく、主演の女優さんが単体でセンターにドカーンとおっぱい丸出しで配置されているというのがほとんどです。だからそれを見れば、わざわざ「石井雪江の〜」と銘打たなくてもよかったんですよ。
その点、原作者の作家先生はポスターに写真を入れるわけにもいきませんので、冠タイトルにする必要があったんですね。
きっと、そういうことだと思います。
ポルノ映画独特の風習ですね、これは。
スポーツ新聞の小さな映画案内のところで、「団鬼六大会」という文字を見付ける。上映館は梅田日活劇場とある。興味を持ったお客様は館前までやって来る。そこでポスターを見る。谷ナオミ、麻吹淳子、高倉美貴主演の3本立て。よし、見よう! こういう流れだったんだなと思います(笑)。

ただそういう観点から言うと、イヴさんは特別っぽいですよね。ロマンポルノ終焉後、ピンク映画にも彼女は数多く出演し続けるんですが、ピンク映画時代のタイトルにも「イヴ」が冠となった作品が多数あります。客入りも明らかに良かったですしね。ちょっと特異な存在の女優さんでした。

いし様、ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
2.  [→773] Re: タイトルとポスター
いし : 2022/04/13(Wed) 10:55 No.774
 
シネポ様

 有難うございます。なるほど、そういうことですか!実録なら自然なことですね。何せ勉強不足でお恥ずかしい限りですが、内容に忠実なタイトルということか〜と納得です。
 そしてやはりポスターの力はすごいですね。確かにオッパイ丸出しのポスターを横目でゆっくり足で何度も通りながら目に焼き付けた記憶があります(笑)高校時代は入館できなかったこともあり、余計にそうでした(笑)でもポスター真ん中にドカンとヌードの女優さんが載っていたとしてもタイトルに女優さんの名前がかぶさっていたら更に興奮度アップかもしれません。「宮井えりなを襲う!!」「レイプハリケーン石井雪江のビキニを裂く!!」「性狩人のターゲット太田あや子」なんて(笑)ちと刺激が強すぎるかも。

そして思い出しましたが「団鬼六大会」とか「川上宗薫特集」とかありましたね。いろんな女優さんの映画がまとめて見られて、これは特集を組まれる映画館の方々の腕の見せ所でもあったことと思います。

イヴさんはピンク映画にも出ていたのですか。息の長い活躍だったのですね。東てる美さんや原悦子さんにしてもそうですが、やはりルックスや演技力を超えた何かも合わせてお持ちだったのでしょう。私は東てる美さんには高校時代にずいぶんドキドキさせてもらいましたが、原悦子さんやイヴさんはさほど記憶に残っていないんです。多分石井雪江登場のインパクトのせいですね(笑)

昨晩も「美人レジ係の女」のレジに並びました。思い切って「今日は混んでますね」と話しかけてみました。「この時間に珍しいです」と言っていましたが、このタイミングで『美人レジ係の女 全員で襲う!!』の台本を目の前で落とす、というシーンで映画が始まればよい作品になる予感がするな、などと妄想してしまいました(笑)

それにしてもタイトルといいポスターといい、素人の私に色々と教えて頂き、本当に恐縮です。お礼を申し上げます。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3.  [→773] Re: タイトルとポスター
ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2022/04/22(Fri) 14:52 No.775
 
超遅レスですいません。


いし様

確かに、女優名を冠した題名って少ないですね。私も他にあるか探してみたのですが、まだありました。

「女高生レポート 夕子の白い胸」「女高生レポート 花ひらく夕子」(片桐夕子)
「小松みどりの 好きぼくろ」
「田口ゆかり ザ・ケイレン」
「菊池エリ 巨乳責め」

この中で片桐夕子さんの作品はデビュー作と2作目ですので、「女優名で集客」という意味合いは薄いと思うのですが、新人女優の名を冠しているというのは日活の期待が大きかったのでしょうか?

ただ、私はこれらの作品を1つも見ていません。白川和子さん宮下順子さんの頃は私がロマンポルノを見られない時期でしたし、イヴさんの頃はなんやかんやでロマンポルノを見ていない時期でしたから・・・・。


いし様が仰るように「〇〇を犯す!」なんて題名がついていたら映画館にすっ飛んでいくこと間違いなしです(笑)



ロマンポルノのポスターで思い出した事があります。

私が幼少期を過ごした(今でも住んでいますが)市内には古びた映画館が1軒だけありました。私が物心ついた頃には「〇〇まんが祭」なんてのも上映していた時期もありました。しかしながらお客は段々減っていったようで、日活がロマンポルノをはじめると成人映画ばかりを上映するようになりました。ごく希に一般映画を上映することもありましたが・・・。
映画館にポスターが掲出されるのは当たり前なんですが、この映画館凄いことをやっていました。映画館の最寄り駅にポスターを堂々と掲出していたのです。この駅は無人駅で駅舎もない小さな駅だったのですが、駅から道路に出る通路にドンと置いてあったのです。電車の中からもよく見えました。

毎日電車に乗っていたわけでありません。しかし、電車に乗る時は興味津々でした。それでも、まさかまじまじとポスターを見るわけにもいかず目のやり場に困りました。多分、挙動不審な子供に見えていたと思います(笑)。
[返信]
[修正]
ID:wnDpH9uins
4.  [→775] Re: タイトルとポスター
いし : 2022/04/22(Fri) 22:35 No.776
 
ぢーこ様

 いやいや、私が暇なだけですのでお気になさらず。
おおー、あるもんですね、女優さんの名前入りタイトル。片桐さんは新人時代に、ですか。それなら石井雪江もタイトルになってもおかしくなかったのかも。「思い切り白く濡らされた石井雪江」とか「レイプハリケーン石井雪江を裂く!!」とか、もう映画館にすっ飛んでいくしかありませんね(笑)こうして文字にしてみると、「レイプハリケーン裂く!!」ってかなり凄いタイトルです。「裂く!!」って確かに映画の中で雪江はブラウスも下着も無理矢理引き裂かれていますから、そのままのタイトルです(笑)

ポスターの思い出もありがとうございます。なかなかいい映画館ですね。青少年の自然な性の目覚めを呼び起こす役割を果たしています(笑)AV時代には考えられないことですが、こうやってみんな大人の階段を上り始めたのだと思います、当時は。私はスポーツ新聞の成人映画広告でドキドキしたのが小学五年生だったかも。

なんて懐かしさに浸っていたら、ふと思い出しました。昔、銭湯に「本日あります」って看板がかかっていたように思いますが、ぢーこ様やシネポ様の地域でもそうでしたか?それにアイディアを借りて、例のスーパーに例の美人がいる時には「美人レジ係の女 本日います」なんて看板かけておいたら、男性客で賑わうこと確実で、コメディポルノ作品にもなりそうです、多分。
もっとレジ係の女でタイトル考えたくなってきました(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
5.  町中のポスターについて
シネポ : 2022/04/29(Fri) 14:02 No.777
 
いし様、ぢーこ様、続いての書き込みありがとうございます。

ぢーこ様がお書きになった、町中でのポスター貼りについて、わたしの知っていることを記しておきますね。
ポルノ映画のポスターを映画館の規定の場所以外のところに掲示するのが禁じられたのは、1985年のことだそうです。風俗営業法という法律が大幅に変更されたことによります。
1984年に風営法が時代に沿うように大体的に改正されるという法改正が成立、翌85年から施行されることになりました。俗に言う「新風営法」と呼ばれるものです。この法律は性風俗の取り締まりと闇営業の排除を強化するのが目的で、それぞれの性風俗店を完全登録制にし、ちゃんと法律厳守するなら営業そのものは認めるというもので、その代わり営業時間は24時までとするという内容でした。当初ポルノ映画館もその風俗営業店の範疇になっていたんだそうです。完全に国から優良店としての営業を認められるなら、ポルノ映画館として健全な営業ができると、当初は映画館側も賛成だったようですが、そこに困った問題が出てきました。そうです、営業時間のことです。
認可を受けると、24時までしか営業できない。当時はポルノ映画館にとっては、あるいは名画座といったところでもそうですが、映画館のオールナイト営業というのはドル箱だったんですね。
わたしの勤めていた映画館は大阪梅田の繁華街にあったので、なんと毎日365日無休のオールナイト営業をしていまして、昼間の稼ぎより夜間の稼ぎの方がはるかに良いぐらいでした。
週末だけオールナイトをしているところでも、その晩の売り上げは大きなウエイトを占めている、そんな時代でした。
なので「新風営法」の範疇に入れられるとオールナイト営業が出来なくなる、それは営業的には厳しいと、全国興行組合連合(映画館が作っている業界組合ですね。通称、全興連)を通して、映画館を「新風営法」から外してもらうという運動を行いました。
映画館側、映倫、警察などとの協議が何度もなされ、ポルノ映画館をその法律から外す代わりに、ポスターは劇場の決められた場所以外には一切掲示しない、未成年者を刺激しない掲示方法に変える、そして女性や未成年者に配慮してポスターの写真から女優の乳首や尻、性具、あるいは扇情的な表情やポーズをとらないデザインとするといった条件で、ようやく決着したという経緯があるんです。
そこからですね、町中にポスターを貼れなくなったのは。
なので、1985年以降のロマンポルノやピンクのポスターには、女優さんの乳首やお尻は一切写っていません。
ポスターでの乳首が解禁されるのは、そこから20年近く掛かってしまいます。

なので、ぢーこ様がご覧になった風景は、84年以前は割とどこの町でもあった普通の風景でもあったんですよね。特に地方都市では、招待券を渡す代わりに煙草屋さんの軒下とか、風呂屋さんなどにポスターを貼ってもらうというのは日常だったようです。あ、もちろん風呂屋では男湯の方だけですけど(笑)。

すいません、わたしの入社前の出来事で、当時の先輩社員の方から教えられたことですから、細かい経緯まで自信はありませんが、大まかにはこういう流れです。

ちょっといし様やぢーこ様が書いてくださったことからはズレてしまいましたが、町中でポスターを見たといった書き込みでしたので、ついでに書かせていただきました。

ありがとうございます。
では、引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:/XTP5GkasE
6.  [→777] Re: 町中のポスターについて
ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2022/05/01(Sun) 17:56 No.778
 
シネポ様

ポスターに関する情報、ありがとうございます。
CINEPO.COMが扱っているポスターで乳首が何らかの形で隠されている再販のポスターを見て「??」な状態だったのですが、その理由がやっとわかりました。

風営法の改正については全く知りませんでした。1984〜85年というと就職したばかりで日々の余裕が全くなくて成人映画を見ている暇など全くなくて、そのようなポスターの事など全然知らなかったです。
成人映画制作会社・映画館ともに大変な時代があったのですね。

いろいろ勉強になります。


>ポスターでの乳首が解禁されるのは、そこから20年近く掛かってしまいます。

再解禁は2000年頃なのでしょうか?私が成人映画の鑑賞を再開した頃は元に戻っていたみたいです(あまりポスターに注目していなかったけど)。再解禁にあたっては何か動きがあったのでしょうか?乳首の露出など当たり前になってきて規制する意味がなくなってきたとか・・・・。

そのあたりのことをご存じでしたらご教授願して頂きたいです。
[返信]
[修正]
ID:wnDpH9uins
7.  乳首解禁については
シネポ : 2022/05/02(Mon) 17:52 No.779
 
ぢーこ様、続いての書き込みありがとうございます。

早速、訂正というか、修正をしたいと思います。
乳首解禁までに20年近くと書きましたが、【CINEPO.com】の在庫品を調べてみると、1997年辺りから乳首露出のポスターの方が多くなり、まだ隠しているポスターもあったりと、混在していますね。ということは、96年の終り頃か97年初頭辺りでOKになったんだと思います。
20年近くではなく、11〜2年で解禁ということです。ごめんなさい。

これについては、わたし自身がはっきりと聞いたことなんで、お答えできます。
関西地区の映画館側と映画会社側の会議の席上で会社側から、週刊ポストや週刊現代といった総合週刊誌にもヘアヌードが普通に掲載されている時代になったのに、成人映画のポスターではまだ乳首すらダメと言うのはあまりにも時代に沿わなすぎると、今、映倫と交渉をしておりますという話がありました。何もポスターにまでヘアを許可しろとは言ってない、乳首ぐらいはいいだろうと申し入れをしていて、映倫側もどうやらそれを了承しそうですと、はっきりとおっしゃられたのを覚えています。
その結果ですね、乳首解禁となったのは。
ただ規定の掲示場所以外は禁止というのは、その後も変わりませんでした。なので町中ポスターというのは復活とはなりませんでした(笑)。

なので、1985年から97年の間は、85年以前のロマンポルノ作品を再映するときは、劇場で保存しているポスターの乳首部分に紙を貼ったりして隠して掲示していましたね。
日活側がニュープリントにして全国一斉の再映週間プログラムを組んできたときなどは、乳首部分を修正したポスターを作り直して配布してました。そうです、あの不自然な修正(笑)のポスターはそのときのものなんです。

ただ、SM系の作品では、女優さんの身体を縄で縛っているという構図は、いつまでも駄目だったような気がします。今はどうなんでしょうか…。

ということで、いし様のタイトルから始まったこのスレッドとは内容がちょっとずれてしまったことお許しください。

ぢーこ様、いし様、引き続きよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
8.  [→779] Re: 乳首解禁については
いし : 2022/05/02(Mon) 23:00 No.780
 
ポスター一つとってみても、掲示場所から乳首の扱いまで、いろいろな絡みがあるんですね。シネポ様、ぢーこ様のおかげで思いがけなく貴重な勉強をさせていただいております。ありがとうございます。

大好きだった「いちご白書をもう一度」という歌の中に「雨にやぶれかけた街角のポスターに」という一節があります。これは成人映画ではないわけですが、もし「ロマンポルノをもう一度」という歌だったら、この歌詞は当時の実情からして「街角」の部分はどうなっていただろうな、などと意味もないことを思わず考えてしまいました(笑)

それにしても乳首禁止から解禁へ・・・うーん、見えていないと余計青少年にとって禁断の欲情を掻き立てるでしょうし、見えてたら見えてたでさらに青少年の健全な成長を促すでしょうし(笑)何とも悩ましい問題ですね。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
9.  Re: 町中のポスター
匿名希望Y : 2022/05/04(Wed) 02:20 No.781
 
皆様 相当遅いレスで申し訳ありません。日活映画のポスター話題で盛り上がっていますが、やはりロマポ女優さんの全裸ポスターは当時刺激が強かったですねえ。昭和の終わり頃自主規制とかで露出の少ない(差し障りの少ない)ポスターになっていたと思います。ロマポの初期にはそんな自主規制も無い時代だったので映画館前にはロマポのポスター(東映のポスターも一緒に)無造作に貼られていました。その当時私が住んでいた地域には公開後数年経過したロマポや東映映画を上映する小劇場が有りました。ネットもスカパーも無い時代なので恐らく終末の夜には観客も多かったのでは無いかと思います。
当時のポスターの件で覚えているのは片桐夕子さんの「花ひらく夕子」「夕子の白い胸」のポスターを覚えています(勿論初公開後数年経過していたと思います)、当時小学生でしかもこんなポスターをマジマジ見れる程の年齢では有りませんでした。自転車で走りながらチラ見して脳裏に焼き付けていました。このポスター全裸では有りませんが映画の中でのそんなシーンを連想させる様な練りに練った写真で構成されている様に思います。当時主演女優さんの名前とは知らず映画の題名とポスターのカットだけ記憶していました。私はその頃は親に隠れて「けっこう仮面」こっそり読んで喜んでいた時代でした。
片桐夕子さんと気が付いたのは「上と下」「むちむちぷりん」公開された頃でした。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
10.  乳首だけじゃなくって
シネポ : 2022/05/10(Tue) 17:29 No.782
 
いし様、匿名希望Y様、書き込みありがとうございます。
特にいし様、このスレッドのトップはいし様がずらりと並べてくださった、女優さん名が冠になったタイトル名から始まっていましたのに、わたしの横入りの書き込みからポスター話になってしまいました。どうかお許しくださいね。

実は新風営法と映倫との絡みはポスターの掲示場所や乳首だけじゃなくって、タイトルにも影響がありました。
具体的には、使ってはいけない単語もそのときに制定されました。例えば「セーラー服」、「美少女」、「女教師」など。未成年を表したり、特定の女性職業を表したりする単語が使えなくなったんですね。その結果、「セーラー服」は「制服」、「女教師」は「高校教師」といったタイトルで製作されるようになりました。
1985年『制服百合族 悪い遊び』 監督:小原宏裕 主演:望月真美、朝倉まゆみ
1985年『高校教師 失神!』 監督:加藤文彦 主演:黒木玲奈
といったように…。

すべてオールナイト営業を認めさせるための苦肉の策だったんでしょうが、なんか別の手がなかったのかとは、今なら思いますけどね。
匿名希望Y様がお書きになっておられるように、劇場側にとって週末のオールナイト興行はドル箱だった、ということなんでしょうね。オールナイトをやるために、乳首やら、そそられる単語を人質に差し出したということだと思います。

しかし、「女教師」がだめで「高校教師」はOKという感覚も、今じゃよく分かりませんけど…(笑)。

ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
11.  [→782] Re: 乳首だけじゃなくって
いし : 2022/05/11(Wed) 15:44 No.783
 
シネポ様
 いやいや、何の気なしにタイトルについて素朴な疑問や思いを書いてみただけでしたのに、ここまで広く深くいろいろ教えて頂き、こちらこそ申し訳なくも感謝感謝です。

ほう、タイトルにもそんな禁句が設けられていたのですか。女教師がダメで高校教師がOKとは、うーん、どっちが具体的なんだかですね(苦笑)
てことは、当時なら「美人レジ係の女」は禁句ってことでしょうか。などと考えつつ、夕べも妄想しながら火照る股間を持て余しつつレジに並んで参りました(笑)

そういえば、いつかも書いたかもしれませんが、「レイプハリケーン裂く!!」のポスターで雪江の後ろに羽交い絞めにされた女性が写っていますが、これは雪江ではないし多分出演していない女性かと思われます。そもそもこんなシーンはこの映画にはないですし。こういうようなこともポスターの世界ではあるのですね。集客アップを狙ってのことなのかな。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
12.  [→782] Re: 乳首だけじゃなくって
ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2022/05/15(Sun) 20:51 No.784
 
シネポ様


なるほど、タイトルも新風営法に関わっていたのですね。
新風営法が適用されていなかった過去の作品もビデオ化などに伴い改題されたものもありますよね。私の知っているのは

「女高生 夏ひらく唇」→「女校生 女高生 夏ひらく唇」1980年 太田あや子主演
「セーラー服鑑別所」→「制服鑑別所」1982年 美保純主演

現在、販売されているDVDなども改題されたものになっています。


一方、「女教師」シリーズのDVDなどは改題されず、そのままの題名で売られています。風営法改正の1984年以前にビデオ化されたものは対象外ということなのでしょうか?



いし様

>そういえば、いつかも書いたかもしれませんが、「レイプハリケーン裂く!!」のポスターで雪江の後ろに羽交い絞めにされた女性が写っていますが、これは雪江ではないし多分出演していない女性かと思われます

私もポスターを確認しましたが、誰だかわからないですね。まあ、ポスターというのは映画の題名とイメージを伝えるものですから、ポスター制作者も細かいところはあまり気にしていないのかも知れません。

このポスターの石井雪江嬢、表情がちょっと中途半端な気がします。題名は「レイプハリケーン〜」というのでシリアスなイメージなのですが、あらすじを読むとラストはコミカルに終わっているみたいなので、制作者もシリアスでいくのかコミカルでいくのかどっちつかずになってしまったのではないかと想像します。
[返信]
[修正]
ID:wnDpH9uins
13.  [→784] Re: 乳首だけじゃなくって
いし : 2022/05/16(Mon) 14:23 No.785
 
ぢーこ様

 ポスターは作品イメージで制作というところでしょうか。まあ実際はポスターの何倍もハードなシーンなので、お得感満載なわけですけど(笑)

確かにご指摘のとおりです。そもそも雪江の服の破かれ方にリアリティがありません。おそらくハサミで切ってから裂いたかと思われます。そして表情ですが、目と口に加工がされているような気がします。シネマロードという雑誌にこのポスターと同じポーズの写真が掲載されていますが、それはもう少し自然な感じです。ただいずれにしろ、頭を抱えて恐怖に怯える感じでもなければ、絶望とショックに打ちひしがれる感じでもないのが、何とももったいない気がします。本場で見せたようなリアリティ溢れるというか、リアルとしか思えないような表情をこの映画ポスターでも見せていたなら最高だったのですが。もっともポスター撮影と本番の撮影では違いますし、裏を返せば本番がそれだけハードだったということだと思います。そう考えると、このポスターは本番撮影以前に撮られたものかと考えます。何故なら、本番撮影後であれば、雪江は本番時の恐怖を思い出してもっとリアルな表情を晒したと思うからです。

おっしゃるとおり、この映画ラストはコミカルでした。確か犯された男達の車に乗った雪江がほがらかに「バイバーイ」と手を振るシーンで幕切れとなります。うーん、なんだかなあ、です。このあたりのことは、また改めて書いてみたいと思います。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
14.  [→782] Re: 乳首だけじゃなくって
いし : 2022/05/17(Tue) 22:12 No.786
 
レイプハリケーンのラストですが、私の記憶違いの気がしてきました。雪江を犯した3人組の車に雪江が乗って「バイバーイ」ではない気がしてきました。雪江が姉役の橘さんもしくは山科さんの車に乗って、3人組に向かい「バイバーイ」だったように思います。記憶がかなりアヤシク申し訳ありません。
当初はこれについて何か書こうと思っていましたが、どうやら記憶違いであることに気づき、お恥ずかしい限りです。

石井雪江に会ってラストシーンを確かめることができたら、言うことなしなのですが、もはや美人レジ係の女が雪江の娘であることに一縷の望みを託すのみです(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
15.  ポスターの写真について
シネポ : 2022/05/23(Mon) 17:15 No.787
 
いし様、ぢーこ様、続いての書き込みありがとうございます。

ポスターの写真とスチールの写真についての話になってきましたので、わたしの知っていることを書いておきます。

スチールにつきましては、以前も書いたことがあるんですが、撮影現場で本番カット以外のとき、つまりリハーサルや本番前の最後のテスト、確か本テスと言いましたが、そういうときにスチールカメラマンさんが映画本体の撮影キャメラの邪魔にならないポジションから適当にバシャバシャ撮っていくという段取りだったはずです。なので、映画本編とは微妙に位置関係や表情がずれていたりします。でも、衣装や背景は本編と変わりありません。
スチール撮影のフィルムは、35mmのリバーサルポジフィルムだったはずです。

一方、ポスターの場合は、あのサイズに引き伸ばさなければならず、35mmのリバーサルポジフィルムだと画質が耐えられなくなってしまいます。
なのでポスター用の素材撮影のときは、6×6のブローニーフィルムで撮っているはずです。
これはもう素人には扱えないフィルムで、照明から背景も作らねばならず、スタジオとか外光を遮断した場所でなければ撮影は無理というものです。カメラもそのフィルム専用のカメラだったはずです。
なので必然的に別撮りとなります。
よって本編とは違う感じになってしまうんですね。背景も別撮りのものと合成したりしているはずです。

特に本編撮影がタイトなスケジュールの場合、前宣伝用にポスターは何か月も前に劇場へ渡さなければなりませんので、本編撮影のはるか前に、主演女優さんだけ来てもらってポスター撮りだけするというようなこともあったようです。

もう今はデジカメ、デジタルの時代になっていますので、さすがにこういったことはないと思いますが、当時はそういった感じで結構大変だったというのを、映画会社の方からも監督さんたちからも聞きました。なので石井雪江さんのも別撮り合成ではないかと…。

あと、ソフト化の際のタイトルは、映倫ではなく、ビデ倫での審査になりますので、ビデ倫では「女教師」という単語はOKだったんですかね。
ごめんなさい、わたしはビデ倫については何も知りませんので…。

ということで、わたしの記憶からの覚書です。ただもう何十年も経っていることなので、フィルムの名前や種類、あるいは記憶違いもあるかもしれません。そのときはお許しを…。

ありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
16.  [→787] Re: ポスターの写真について
ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2022/06/04(Sat) 16:29 No.788
 
シネポ様

またまた遅レスでごめんなさい。

>なのでポスター用の素材撮影のときは、6×6のブローニーフィルムで撮っているはずです。

そうなのですか。初めて聞く言葉ですが、大きなサイズなんですね。
専門用語も教えていただいて、いつもここは勉強になります。


>特に本編撮影がタイトなスケジュールの場合、前宣伝用にポスターは何か月も前に劇場へ渡さなければなりませんので、本編撮影のはるか前に、主演女優さんだけ来てもらってポスター撮りだけするというようなこともあったようです。

CINEPO.COMを見ていると、私の見たことがあるロマンポルノ作品のポスターの構図はその殆どが劇中のシーンと合致しません。
今まで何となく違和感を感じていたのですが、その理由がはっきりとわかりました。
ポスターの構図というのはタイトルのイメージに合わせたものなのですね。


>あと、ソフト化の際のタイトルは、映倫ではなく、ビデ倫での審査になりますので、ビデ倫では「女教師」という単語はOKだったんですかね。

何だかややこしいですね。ビデオといっても成人映画(ピンクも含む)のビデオ化やだったり、あとはVシネ、そしてAVと色々ありますからね。
FANZAの成人映画のコーナーを見ていると、少なくともロマンポルノの「女子高生」は「女子校生」となっていますが、あとはバラバラ。
AVに至っては何でもありといった感じですね。確かAVはビデ倫通していないのかな?
[返信]
[修正]
ID:wnDpH9uins
17.  ポスターの写真について
シネポ : 2022/06/06(Mon) 18:29 No.789
 
ぢーこ様、続いての書き込みありがとうございます。

そうなんです。ポスター用の写真はまったく別個とお考えになっていいと思います。
かつて2、3回、ポスターのラフデザインスケッチを映画会社で見せていただいたことがあります。企画書や台本を元にポスターのデザイナーの方が、こういう感じの写真を撮ってくださいと描かれたスケッチです。そのスケッチを元にカメラマンさんや女優さんが、スタジオなどで撮影していたんだろうと思います。
当時はへ〜と思いながら見てたんですが、もうとっくの昔に公開が終わった作品のものだったので、今から思うとあのスケッチ貰っとけばよかったです。凄い貴重品ですよね、今や(笑)。

どちらにしてもフィルム撮り時代の、アナログゆえの話ですね。今はデジタルですから、データをパパッと送信し合って、それ見ながらリモートなんかで映画会社の方から「もうちょっと違うポーズで。はい、それでOK」とかできちゃうんでしょうね、きっと。

そしてデジタルで気になって、ちょっと調べてみたら、ビデ倫ってもう無くなっちゃってるんですね。知りませんでした。
ということは、使っちゃまずいだろうという単語に関しては、ソフトにしても配信にしても、各メーカーさんの自主規制というか、独自判断だということなんですね。ぢーこ様のおっしゃることが腑に落ちました。

いやいや、つくづくわたしはもう時代遅れの、昔のことしか知らない、アナログ人間の典型なんだと実感しました。
ちょっとぐらい勉強せなあかんで、ほんま(笑)。

ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2


返信フォーム
お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする
投稿後このスレッドに戻る

修正・削除
NO: PASS:

ロマンポルノ情報交換掲示板 ポルノ映画情報交換掲示板

北海道・東北地方の映画館 関東地方の映画館 甲信越地方の映画館 東海地方の映画館 関西地方の映画館 中国・四国地方の映画館 九州・沖縄地方の映画館 映画館リンク

Twitterで表示
Copy Right K - Movie Co.,Ltd. Since 2011