ロマンポルノの思い出掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
 [標準/一覧/ツリー]  [▼下へ進む]

折口亜矢 その2   ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/12/05(Sat) 17:10 No.629
|

拡大 折口7.JPG
拡大 折口13.JPG
拡大 折口12.jpg
4月1日に折口亜矢について色々書いたのですが、新しい資料が手に入ったので改めて書きたいと思います。

高校生の時にとある週刊誌を見てから折口亜矢に注目するようになった事は前回書いたのですが、その週刊誌をもう一度見たいと思いヤフオクなどで探していました。そして先日、ヤフオクで「週刊アサヒ芸能」に折口亜矢の記事が載っているのを見つけ、早速取り寄せました。(ちょっと高かった)

結果としては「アサヒ芸能」の記事は私が高校生の時に見たものではなく、記事の内容も僅かだったのでちょっとガッカリでした。それでも多少の情報はあったので紹介したいと思います。


書いてある文は以下の通りの僅かなものでした。

*******************************************************************
芸に目覚めた 折口亜矢

五月公開の日活「横須賀男狩り 少女・悦楽」で、夫の目の前で暴漢に犯される人妻を演じている。
が、この人、NET「日曜天国」で司会の将棋八段・芹沢博文氏のアシスタントをしている黒田節子クンと同一人物なのだ。
すなわち”ポルノネーム”が折口亜矢というわけで「芸に目覚めすぎたのか、ロマンポルノで脱いじゃった」と、芹沢八段は複雑に嘆く。
*******************************************************************
※NET=現在のテレビ朝日


写真の1枚目は記事の様子、僅か2ページのみ。
2枚目と3枚目はちょっと編集してみました。

2枚目の左が1回目のレイプシーン、右が2回目のレイプシーンです。
でもこの写真、誰がどのタイミングで撮ったのか?色々と疑問が湧いてきます。

ここまでの掲示板上の話で、撮影現場には日活以外では近代映画社のカメラマンしか入ることができなかったみたいですし
https://www.news-postseven.com/archives/20180309_656843.html   (右近氏提供)
また、本番中は映像に映っていけないからカメラマンは撮影できない (3月27日 シネポ様 続続・石井雪江嬢のこと→現場スチールのこと)

でもこの2枚、本番中に撮影されたような気がしてならないのです。
と言うのも2枚とも映画の本編のフィルムを使ったのかと思うほどリアリティがあり、映画本編と殆ど違いが見られないのです。

本番中でも後ろの方からカメラを構えることがあるのでしょうか?

シネポ様はどう思われますか?



3枚目の右側は夫婦のカラミのシーン、相手役は若き日の矢崎滋。
この場面は1回目のレイプの後、夫が洋ピン映画を見て興奮し、帰るや否や妻の服を脱がせ無理矢理するというもの。妻の方はレイプのショックが癒えておらずそれどころではなく、愛撫されようが挿入されようが全く反応しないという場面。
矢崎滋が乳首を愛撫する際に目玉をひん剥いてしゃぶりついているのが何とも滑稽だった。



3枚目の左側は「日曜天国」の一コマか、あるいはそれについてのインタビューの時のものか?左側に座っているのは司会の芹沢博文氏。

こんな普通のシーンでも、その直後にロマンポルノに出演し、レイプシーンまで演じていると知っているとエロく見えるのだから不思議です。

有名人がロマンポルノに出演して話題を呼ぶなんてのは畑中葉子・天地真理・今陽子・伊藤咲子などいくらでも例があるのですが、前記の方たちは「テレビであまり見かけなくなってから」の出演だったのですが、彼女の場合は放送終了後わずか2ヶ月で映画が公開されるのですから、「フツーのテレビ出演者がいきなり脱いだ」ということで、かなりの衝撃です。

もっとも彼女の場合、元々女優志願(しかも脱ぐことを厭わない)で、テレビ出演は「そのついで」だったのかも知れませんが・・・。
この記事で少なくとも折口亜矢の記事を取り上げた週刊誌は3誌になります。


それからFANZAのユーザーレビューでこんなのがありました。
「まだ子どもだった頃、折口亜矢のロマンポルノ出演のニュースが週刊誌に載っているのを見て、ずっと見たいと思っていた。・・・・」
https://www.dmm.co.jp/digital/nikkatsu/-/detail/=/cid=141nkt
00656/?i3_ref=favorite_list

「私と同じことを思っていた人か他にいるのだな」と、思わず唸ってしまいました。



全くの余談ですが、将棋の芹沢博文氏について私が知ったのは大学の1〜2年くらい。フジテレビの「アイ・アイゲーム」に出演しているのをよく見ていました。「棋士なのに面白いことを言う人だな」という印象でした。

[修正]
ID:Qa.A49VaoU


[この記事に返信する] [この記事を引用して返信する]

ツリー表示
折口亜矢 その2 - ぢーこ ◆UyBusNhG7. 2020/12/05(Sat) 17:10 No.629  <<表示中
     ├ [→629] Re: 折口亜矢 その2 - いし 2020/12/31(Thu) 16:24 No.630
     ├ 現場スチールについて - シネポ 2020/12/31(Thu) 16:35 No.631
     └ タッチの差でした - シネポ 2020/12/31(Thu) 17:00 No.632

 [標準/一覧/ツリー]  [▲上へ戻る]