全国各地にある大人のための映画館“ポルノ映画館”情報や懐かしの“ロマンポルノ”への思いを交換する掲示板サイトです。

ロマンポルノの思い出掲示板
 
ロマンポルノの思い出掲示板


お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



セーラー服百合族2  ムーミン : 2023/05/04(Thu) 15:43 No.909 
山本奈津子さん、小田かおるさんの冒頭からのエッチなシーンはもちろん私のも、興奮するシーンとかも百合族シリーズの中では一番良いかなと、内藤剛志さんって今ではTVドラマとかでも大活躍されてるしこんな若いときの演技も少しユーモラスで良いなと思いました。ラストのエンドロール、ああ、青春ドラマなんだなぁと、エッチだけど青春ドラマでも有る、那須監督や他のスタッフの皆さん、俳優さんにも感謝申し上げたい作品でした。[返信]
[修正]
ID:BGhWCcA7VU


新しいレスから表示

1. シリーズ3部作  シネポ : 2023/05/05(Fri) 14:47 No.911 
ムーミン様、書き込みありがとうございます。

そうですね、なぜ山本奈津子さん、小田かおるさんの「百合族シリーズ」が今も多くのみなさんから愛されているのかということですよね。
1、2では、高校生時代を描き、そしてシリーズ最終作の3では学校を卒業して、OLさんになった2人を描く、つまり、ティーンから大人になっていく過程を描いているからなんですよね。
3作で完結する、青春大河ドラマになっているというのが、やはりお見事なんだと思います。

でも、当初からその予定だったのかといえば、恐らくそうではなかったと思いますよ。
1の大ヒットで、急遽2を作ることになり、それもまた大ヒット。そこで慌てて3を作って、という流れだったんでしょう、きっと。最終作は監督が違うということからも、その想像は付きますよね。

ま、でも、やはりこのシリーズの最大の魅力は、主役を務められた山本奈津子さんと小田かおるさんのおふたりであることは間違いありません。

ムーミン様の文章を読ませていただき、わたしもまた久し振りにこの3部作を見たくなりました。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc
2. [→911] Re: シリーズ3部作  いし : 2023/05/11(Thu) 10:27 No.918 
山本奈津子さん、小田かおるさん、美保純さん、片桐夕子さん、夕ア碧さん・・・続々と懐かしい、あるいは恥ずかしながら存じ上げなかった女優さんのお名前が挙がってきて、連日貴重な勉強をさせていただいております。ありがとうございます。

山本奈津子さんデビューは衝撃でした。タイトルは覚えていませんが、テニスルックのローアングルのポスターや、エレベーターの中で後ろからいきなり中年男にオッパイ揉まれるシーン、はたまたプロレス技で苦しむシーンなど、どれもまるで昨日までJKだった美少女がこんなことまで・・・と興奮したものです。その後は引退してエステのお店をやられ、その先は消息不明とか。本当に残念です。
三部作、どこかの映画館でやってくれませんかね。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. 山本奈津子さん  シネポ : 2023/05/11(Thu) 15:39 No.921 
いし様、書き込みありがとうございます。

いし様、混乱してますね(笑)。
山本奈津子さんのデビュー作は『セーラー服 百合族』で、テニスルックの作品は『宇能鴻一郎の濡れて打つ 』で、これは山本さんではなく、金子修介監督のデビュー作です。また女子大プロレス部を舞台にしたのは『美少女プロレス 失神10秒前』です。
で、現在の彼女は消息不明とかはなく、堅気のお仕事もされながら、近年はときどき俳優としての仕事もされてますよ。
俳優カムバックのきっかけは、金子修介監督に声を掛けられたからで、金子監督のYouTube公開の短編映画に出演されました。金子監督も粋なことをされる方です。
残念ながらその映画は、現在はとある理由で見ることは出来ませんが、その変わらぬ美しさに驚き、その上、ちょっとエッチな台詞があって、それを喋る彼女にドギマギしてしまいましたよ、わたしは。声も、あの少し甘えたっぽい感じが日活時代とぜんぜん変わってなかったですね。それがまたドギマギさせてくれました、はい。

実は、今年の3月31日から4月2日に『セーラー服百合族』、4月3日から5日に『OL百合族 19歳』が、東京のシネロマン池袋さんで上映されたようです。
でもおっしゃるように、このシリーズ3本を3本立てとして、劇場のスクリーンで続けて見たい気はしますね。どこかやってくないでしょうか…。

いし様、ありがとうございました。
また引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
4. [→921] Re: 山本奈津子さん  いし : 2023/05/14(Sun) 22:38 No.922 
シネポ様
 混乱というより我ながらこれは大混乱ですね(-_-;)お恥ずかしい限りです。ちょっとエッチな台詞っていいですね(笑)胸が高鳴ります!

それにしてもこんなにテニスルックの似合うポルノ女優はいなかったと思います。今もお元気なら何よりと安心しました。ありがとうございます。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
5. 山本奈津子さんと金子監督  シネポ : 2023/05/16(Tue) 16:41 No.924 
いし様、続いての書き込みありがとうございます。

山本奈津子さん主演、金子修介監督のデビュー作『宇能鴻一郎の濡れて打つ 』は、人気テニス漫画「エースをねらえ!」の大パロディーでしたね。
確かに山本奈津子さんのテニスルックも抜群でしたが、わたし個人的にはもう爆笑シーンの連続で、映画館の中で何度も何度も声を出して笑ってしまいました。その行為がマジ恥ずかしくって、そっちの思い出の方が強烈です(笑)。
金子監督もご自身のデビュー作の主演女優ということで、きっと山本奈津子さんに対しての思い入れもおありなんでしょうね、それでご自身の短編映画で彼女のカムバックを後押しした、という感じなんだと思います。
なので、去年金子監督が、『ラストキャバレー』以来34年振りにロマンポルノを撮られた、「ROMAN PORNO NOW」の中の1本『百合の雨音』に、山本奈津子さんがワンシーンだけでも出演されていないか楽しみにしていたんですが、残念ながらそれはなかったですね。内容がレズビアンものだったので、ひょっとしたら…なんて期待してたんですが(笑)。

ありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2




小沼勝監督の記事  右近 : 2023/05/07(Sun) 09:53 No.915 
ZAKZAK(夕刊フジ系)のサイトで小沼勝監督の追悼特集とおぼしき記事ですが、
ちょっと?な感じでロマンポルノことよくわかっているのかという感じなのですが・・。
ロマンポルノの記事が載ることは大変喜ばしいのですが・・。

https://www.zakzak.co.jp/article/20230424-3PJZACDJWZIYTJYBYR
BDZ4NYRI/
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. 小沼監督についてがこれでは…  シネポ : 2023/05/07(Sun) 16:55 No.917 
右近様、いつも情報ありがとうございます。

ほんとですね、これはかなり怪しい記事です(笑)。
ロマンポルノ製作費1本200万円とか、やめてほしいですね〜。
個人のブログとかではなく、天下の「夕刊フジ」さんが発信元なんですから、これはダメですね。
それに小沼監督について書くなら、他に書くこと山ほどあるだろう! ですよ。
フェイクニュース認定ということで。

ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc




訃報 片桐夕子さん  右近 : 2023/04/15(Sat) 11:23 No.888 
日活ロマンポルノ創成期から活躍されていた片桐夕子さんが昨年亡くなられていたそうです。
https://www.asahi.com/articles/ASR4D640VR4DUCVL024.html

彼女のロマンポルノ全盛期の作品はあまり見る機会はなかったのですが
1978年「危険な関係」での三浦洋一とのからみはすごかったですねー。

謹んでご冥福をお祈りします。
[返信]
[修正]
ID:x8u5S1ptVM


新しいレスから表示

1. 片桐夕子さん、ありがとうございました  シネポ : 2023/04/16(Sun) 11:38 No.890 
右近様、書き込みありがとうございます。

そうですね、わたしも驚きました。
ほんとうにスクリーンで輝きを放っておられた女優さんで、白川和子さん、谷ナオミさん、宮下順子さんといった方々のような落ち着きさではなく、かといって田中真理さんのような鋭利さでもない、他の方にないタイプの女優さんだったと思います。この路線は後、寺島まゆみさんが登場するまでなかったような気がするんですが…。

片桐さんの訃報を知り驚いたことが2つありました。
1つ目は、意外な年齢の若さ、です。70歳でいらしたんですね。まだ亡くなられる年齢ではないので、そこは残念ですが、1971年のロマンポルノ第2作目に主演されているという経歴から考えると、もっとお年を召していらっしゃるもんだとばかり思っていました。
2つ目は、俳優としての現在の所属事務所自身が、片桐さんが去年の10月に亡くなっていらしたということを知らなかったという事実です。ということは去年の7月、8月ぐらいからまったく彼女のお仕事がなかったということですよね。なので彼女にコンタクトを取ってなかったから今まで知らなかった…。現役の俳優としてこれはお辛かっただろうなって…。

片桐夕子さん、かつてロマンポルノを上映していた映画館で働いていた者として言わせていただきます。あなたのおっぱいはほんとうに美しかった。多くのお客様は満足し、わたしの先輩方はおかげでご飯が食べれました。そしてわたしも、何度も何度も特集であなたをプログラムさせていただきました。感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。

右近様、これからもよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc
2. Re: 訃報 片桐夕子さん  右近 : 2023/04/16(Sun) 12:42 No.891 
片桐夕子さんは、日活の研究生上がりでロマンポルノでの役名が芸名(片桐夕子)になったと聞いてます。

twittwerの情報でロマンポルノ、デビュー前に五月由美名義で「新ハレンチ学園」に出演されているようです。
https://twitter.com/nichipro/status/1647188472078413824?cxt=
HHwWgMDRxYXM_tstAAAA
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. 片桐夕子さん  シネポ : 2023/04/16(Sun) 13:46 No.892 
右近様、続いての書き込みありがとうございます。

そうですね。ちょい役として出演し、そして次に『女高生レポート 夕子の白い胸』に主演となり、なのでこちらが実質的なデビュー作と言われていますね。

『女高生レポート 夕子の白い胸』
https://cinepo.com/html/9137.html

そしてこの作品の役名をそのまま芸名にしたというのも、今は有名な話ですね。

なお、この作品の大ヒット受けて、夕子シリーズ(?)第2弾まで作られています。
『女高生レポート 花ひらく夕子』
https://cinepo.com/html/9136.html

右近様、ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc
4. [→892] Re: 片桐夕子さん  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2023/04/19(Wed) 12:50 No.893 
お久しぶりです。

片桐夕子さんのこと、私もネットニュースで知りました。残念です。
かつてロマンポルノやピンク映画で活躍されていた女優さん、俳優さんの訃報を聞く度に寂しくなります。
初期の頃から活躍されていた方はもうそれなりのお年になられているのですね。

私が成人映画解禁になったのは昭和54年ですので、この頃は既に片桐夕子さんのピークは過ぎており、それでも出演作の何本かは見ているのですがあまり記憶に残っていないです。

ただ一つ記憶にあるのが「女高生レポート 夕子の白い胸」くらいです。大学の3年生くらいの時に再上映があったので見に行きました。
これもラスト近くに”エレベーターの中で襲われる”というシーンに興味津々で見に行ったのですが、期待があまりにも大きすぎたのかこのシーンも覚えていません(苦笑)

幸いなことに彼女の出演作は比較的多くネット上にでていますので、追悼の意味でもう一度見てみたいと思います。

合掌
[返信]
[修正]
ID:lSY04zoTb.
5. 片桐夕子さんといい…  シネポ : 2023/04/19(Wed) 16:48 No.894 
ぢーこ様、書き込みありがとうございます。

わたしはぢーこ様とちょっと違って、片桐さんってまだお若かったんだという印象を思ってしまいました。
何しろロマンポルノ製作第2作目の主演女優さんですからね。ロマンポルノが始まって今年で52年目、ということは片桐さん、『女高生レポート 夕子の白い胸』のときは18歳だったということで、なので享年70歳なんですね。70って、世間的にはまだまだこれからなのに…。

『朝はダメよ! 』(1980年 監督:根岸吉太郎 主演:鹿沼えり)で脚本家としてデビュー、他には『宇能鴻一郎の修道院付属女子寮』『情婦はセーラー服』『白衣物語 淫す!』などを書かれた、竹山洋さんもこの4月12日に亡くなられました。竹山さんは享年76歳。各新聞の訃報欄にはNHK大河ドラマ『秀吉』『利家とまつ』の脚本家と紹介されていましたが、ロマンポルノについてはほとんど触れられていなかったですね。

こうしてこれからロマンポルノは、どんどん映画史という歴史の中に刻まれていくことになっていくんでしょう。

ぢーこ様、またよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
6. こんな音源が・・。  右近 : 2023/04/22(Sat) 08:56 No.895 
SNS等で片桐夕子さんへの追悼メッセージが多く寄せられていますが
こんな音源がアップされていました。

1975年に発売された、日活ロマンポルノの女優12人が集ったアルバム「おんな不貞寝の子守歌」に収録された曲。
おんな不貞寝の子守歌(梵坊の子守歌)
https://www.youtube.com/watch?v=TCFuzqR3ZXI

これは知りませんでした。
時代ですねー。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
7. この音源って…  シネポ : 2023/04/22(Sat) 17:28 No.896 
右近様、続いての書き込みありがとうございます。

いや〜、これ凄いんですが、アルバムということはLPレコードってことですよね。ていうことは、この手の曲が何曲も入っているということなんでしょうね。いや、12人の女優のオムニバスアルバムということは12曲入り? なのかな。
誰が歌っているのかも分からないし、作者不詳とか、なんか謎めいていて、これはレコードジャケットをぜひ見てみたいです。ジャケットは12人のヌードがずらりなのかな(笑)。で、こんなのを発売しちゃったレコード会社はどこなんだろう…。

ロマンポルノって、結構劇中で使っている音楽や挿入歌、主題歌にロックが多く、それが70年代という時代背景もあって、当時の若者から大いに支持されたというころもあるんですけど、この曲はド演歌ですやん。そのギャップもたまりませんね(笑)。

右近様、貴重な情報をありがとうございました。またどうぞよろしくお願いします。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc
8. プレミア盤のようです。  右近 : 2023/04/23(Sun) 08:22 No.897 
「おんな不貞寝の子守歌」のアルバムの内容がわかりました。
https://www.discogs.com/ja/release/13839799-Various-%E3%83%A
D%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E-%E3%82%A8%E3%
83%AD%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%94%98%E3%81%84%E5%9B%81%E3%81%8D-
%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%AA%E4%B8%8D%E8%B2%9E%E5%AF%9D%E3%81
%AE%E5%AD%90%E5%AE%88%E5%94%84


オークションとかにでているようですが、5,000円以上はするようです。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
9. 「おんな不貞寝の子守歌」  シネポ : 2023/04/23(Sun) 10:54 No.898 
右近様、詳しい情報をありがとうございました。

な〜るほど、カバーアルバムだったんですね。そしてラストを飾る曲だけがオリジナルで、全員が登場という。いや、いや、こういうのが出せる、そういう時代だったんですね。
しかし、ウォークマンもデジタルオーディオもなかった頃で、これを聴くには自宅のステレオしかなかった時代ですよね。妻や子のいる多くのお父さん方は、当然自宅でこれは聴けなかったでしょうし、そもそもこのLPは自宅に置いておけなかったでしょう(笑)。
そんなこんなで、このアルバムのセールス記録が気になるところです。

しかし、ひろみ麻耶さんが歌う「エマニエル夫人」、いかにもな、何のひねりもない選曲ですが、ちょっと聴いてみたい気がしますね(笑)。

ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc
10. [→896] Re: この音源って…  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2023/04/23(Sun) 11:00 No.899 
「おんな不貞寝の子守歌」
ヤフオクを覗いてみました。結構いい値がついていましたね。最高の出品価格は28,000円、さすがにこの値段での入札はありませんがレアものであることは間違いなさそうです。「なんでも鑑定団」級といったら言い過ぎでしょうか(笑)


ロマンポルノの中で使われている音楽の中で印象に残っているのが一つあります。1979年、水島美奈子さん主演の「レイプ・ショット 百恵の唇」という作品です。
この作品の中で水島美奈子さんはスター歌手という設定で「飛べない天使」という曲が大ヒット中というストーリーになっていました。
ところがこの「飛べない天使」という曲が高村ルナさん主演のロマンポルノ作品(題名は忘れました)にも使われていることを最近知りました。
どのようにしてこの曲が作られたのかは全く分かりませんが(ネット上では全くヒットしない)、「こういった音楽なども小道具みたいに使い回しされるんだ・・」と思った次第です。


片桐夕子さんの主演作「女高生レポート 夕子の白い胸」見てみました。
片桐さんは美人系・かわいい系というよりも童顔系という感じですね。当時まだ10代だったみたいですので当然といえば当然なんですが・・・。ただ、見る角度が変わると「??」という表情の時もありました。
エレベーターの中でのレイプシーンに注目していました。多分日活ロマンポルノのレイプシーン第1号だと思うのですが、表現はかなり抑え気味ですね。全裸のシーンが他にもいくつかあるのですが、いわゆるカラミのシーンはこれだけ。ロマンポルノ創生期の作品のせいか「エロをどこまで表現するか」ということに試行錯誤していたのではないかというような雰囲気が感じられました。(私の主観です)
[返信]
[修正]
ID:lSY04zoTb.
11. 「エロをどこまで表現するか」  シネポ : 2023/04/26(Wed) 17:52 No.902 
ぢーこ様、書き込みありがとうございます。

おっしゃる通りですね。ロマンポルノごくごく初期の作品は、エロ表現に試行錯誤、というか、昨日まで小林旭や渡哲也、高橋英樹らのアクション映画を撮っていた人々が、ほんまにエロなんか撮れんのか? 的な戸惑いどころは見られますよね。
あまりにも有名な1作目『団地妻 昼下りの情事』のラストシーンなんか、崖から車1台落として、回転落下させ、崖下で爆発炎上なんて、ポルノ映画の終わり方じゃないですよ。完璧に日活アクション映画の延長です。
そしてようやくエロ表現に慣れてきたころに猥褻摘発ですから、スタッフの皆さんのご苦労が分かるような気がします。

音楽に関しては、いわゆる著作権絡みで、各映画会社や製作プロダクションが、自分のところで曲を作って、それを使うというのはよくやられていたと思います。日活もそういうことをされていたのか、「飛べない天使」という曲がそうなのかは知らないですが、ピンクなんかでは例えば獅子プロさん製作の作品では、よく同じ曲が流れています。おっ、またこの曲かい、と思うことが多々ありますけどね(笑)。

それにしてもこのオムニバスアルバム、凄い値なんですね。ということは、発売時にあまり売れなかったから、世への流通数が少ないということでもあるんでしょうね。そりゃ、お父さん方は買って、家で聞けないですよ(笑)。

どうもありがとうございました。またよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:kSb5moLTg2
12. [→902] Re: 「エロをどこまで表現するか」  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2023/04/30(Sun) 21:46 No.904 
シネポ様


>アクション映画を撮っていた人々が、ほんまにエロなんか撮れんのか?

ですよね。
エロを撮れるのか?というニュアンスとはちょっと違うのですが、当時の日活では「どこまで表現したら映倫に引っかかるのか?」というノウハウがなかったそうです。そりゃ、それまで作ったことがないものを作るというのですから当然といえば当然なんですが・・・。
そこでも白川和子さんがピンク時代の経験を活かして「・・・・までは映倫に引っかからない」といったノウハウを監督らに伝授したそうです。
こういった面でも白川さんは日活の救世主だと思います。

>崖から車1台落として、回転落下させ、崖下で爆発炎上なんて、ポルノ映画の終わり方じゃないですよ。完璧に日活アクション映画の延長です。

このシーン、「〜昼下がりの情事」の為に撮影されたものではなく、過去のアクション映画のシーンをそのまま流用したそうです。たまたま同型同色の車があったので実現することができたのだとか・・・・。当時の日活が資金がなくて切羽詰まっていたことを伺わせるエピソードですよね。
以前に書いたことがある1977年公開の「横須賀男狩り 少女・悦楽」ではラストで車1台を燃やしています。この頃になると少し余裕ができたのかなという感じがします。

シネポ様が既にご存知の話かも知れませんが・・・・。
[返信]
[修正]
ID:lSY04zoTb.
13. 知らなかった〜  シネポ : 2023/05/02(Tue) 11:50 No.906 
ぢーこ様、続いての書き込みありがとうございます。

いや〜、『団地妻 昼下りの情事』のラストシーン、リユースだったというのは初めて知りました! 驚きです。
音楽の再利用だけでなく、映像にもそういうことがあったんですね…。
今のように、作品ごとに製作委員会を作って、責任制作プロダクションが撮影するという映画作りでは考えられないですよね。撮影所システムがあり、映画会社1社がすべてを仕上げて、その責任を持っていたからこそ出来た、スーパー裏技ですね(笑)。
いい時代だったんだな〜…。

片桐さんはそんな時代に、その真ん中におられてたんですよね。ちょっと昔の映画のことが大好きな人にとっては羨ましい限りです。
片桐さん、いろいろ持っていっちゃったお話もきっとあったんでしょうね。そこも残念な気がします。

ぢーこ様、ありがとうございました。続いてよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:lwPDcK6Gpc


| 1 | 2 | 3 |

NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]

ロマンポルノ情報交換掲示板 ポルノ映画情報交換掲示板

北海道・東北地方の映画館 関東地方の映画館 甲信越地方の映画館 東海地方の映画館 関西地方の映画館 中国・四国地方の映画館 九州・沖縄地方の映画館 映画館リンク

Twitterで表示
Copy Right K - Movie Co.,Ltd. Since 2011