全国各地にある大人のための映画館“ポルノ映画館”情報や懐かしの“ロマンポルノ”への思いを交換する掲示板サイトです。

ロマンポルノの思い出掲示板
 
ロマンポルノの思い出掲示板


お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



今年もよろしくお願いいたします  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/01(Fri) 19:43 No.633 
皆様
明けましておめでとうございます。

コロナ禍で今まで経験のない大変な年明けとなってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?
巣籠もりで何とか切り抜けるしかないと思う今日この頃です。



さて、年末に再び触れることになった折口亜矢ですが・・・。いし様・シネポ様、コメントありがとうございます。


いし様

>折口さんについてはズブの初心者でコメントするまでに至らず申し訳ありません。表情に悲壮感がある気がします。

いし様の得意分野でないところに巻き込んでしまい、申し訳ないです。
その「悲壮感」ある表情こそ、私が気にしている「本番中」のものではないかという疑問なのです。


>雪江に関しては少しですが資料も増え、改めてその美しさに興奮しております

まだ、集められる資料があったのですね。いし様の研究心、いつも感心させられます。


シネポ様

>ロマンポルノやピンク映画は基本的にはアフレコですので、スチールカメラのシャッター音がしようが、監督や俳優さんが承諾したなら本番中でも撮影は可能だったかもしれません。

そうですか、それだったら「本番中に撮られた」可能性が高いと私は感じました。この写真のアングルや表情などはどうしても「本番中」のものに見えてきます。特に公式のスチール写真
https://cinepo.com/html/9812.html
が明らかに本編と違った構図になっているのを見るにつけ、この2枚のリアル度を見ることができます。


それからシネポ様・・・・
ちょっと言いにくいのですが、「横須賀男狩り・少女悦楽」のスチールとポスターのページにある映画の紹介文なのですが、本編と違っております。
レイプされた妻(折口亜矢)の妹(大野かおり)がレイプ犯を探し出し復讐していくというのは合っているのですが、黒人兵と愛し合うのは妹の友人(中川ジュン)でして、しかも黒人兵は中川ジュンと関係を持った後に帰国してしまい、後半の部分には全く出てきません。レイプ犯を退治するのは妹とその友人になります。


>でも、改めて気にしてみると、ロマンポルノって1本とか数本とかで引退している女優さんがなんと多いことか。

そうなんですよね。上に挙げた中川ジュンもロマンポルノ出演は他に1本だけ、大野かおりもロマンポルノはこの作品だけです。「ロマンポルノに1本しか出演していない女優を挙げよう」なんてスレッドを作ったら沢山の書き込みがあるでしょうね。


>わたしが勤めていた頃、梅田日活劇場では、大晦日と元旦はむっちゃ暇でした。

一般の映画ならともかく成人映画となるとそうなるでしょうね。私も成人映画館に足繁く通った時期がありましたが、さすがに大晦日と元旦には行ってなかったと思います。
コロナ禍の中ではなおさら顕著になるでしょうね。逆にシネポ様の今のお仕事の方が今の時期に合っているような気がします。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw


新しいレスから表示

1. こちらこそ、よろしくお願いいたします  シネポ : 2021/01/03(Sun) 11:31 No.634 
明けましておめでとうございます。
2021年が、ぢーこ様始め、皆様にとって良き一年であることをお祈りいたします。
といっても、新年早々、緊急事態宣言なんていう物騒な言葉が世間を飛び交ってますが…。

ぢーこ様、ちょっとわたしの言葉足らずなところがあったかもしれません。
申し訳ありません。補填しておきます。

ご指摘のことに関してですが、カラースチールとモノクロスチールは明らかに撮影方法が違うと思います。
カラーはやはり光量を計らないと撮れないと思います。役者さんの顔の辺りにスタッフさんが機械を持っていって、何かを計っているという光景をご覧になったことがあると思います。あれが光量計ですね。カラーはあれをしないと顔に影が出来たりしてしまいます。当時は何しろネガフィルムですからね。今みたいにデジカメじゃないですから、その場で写りを即確認できない。現像に出して数日後。そのときに「ありゃ〜」と思っても、もう遅いという世界ですから。なので、カラースチールは本番中とか、本リハ中に撮るんではなく、スチール撮影タイムが別に設けられていたはずです。
その上、26.4cm×37cmのサイズに引き延ばすわけですから、フィルムも普通のネガフィルムではなく、おそらくリバーサルフィルムか何かを使用していたでしょうから、よけいに光量を計ったりする必要があったと思われます。
なので、カラースチールには超リアリティーはないかもしれませんね。特に引きの絵でないものは、本番に近いポーズを再現したものが中心になった、あくまでも宣伝用の、劇場のウィンドウに掲示してお客さんを呼び込むためのものだとお考えになった方がいいと思います。

一方モノクロスチールは、そういった制限はあまりないので、カメラマンさんが撮影隊の邪魔するぐらいウロウロしなかったら、本番中も撮れたかもしれないということです。
それでも、いくら「映画の友」誌だけに特別許可が出ていたとしても、外部のカメラマンさんに本番中の撮影を許可させるということはないと思われます。その現場に参加しているスタッフとして信頼できる人だけでしょうね、きっと。
ただこれも一般的な手順というか段取りの中での推測だけで、現場現場ではいろんなことが起こって、現場現場で日々その場対処がされていたでしょうから、『横須賀男狩り 少女・悦楽』ではどうだったのかは、もうその場にいらした方に聞くしか分からないでしょうね。

>「横須賀男狩り・少女悦楽」映画の紹介文なのですが、本編と違っております。
すいません、ご指摘ありがとうございます。
確認を取ってみます。
ありがとうございます。

ぢーこ様、今年もどうかよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:38jzTOUbgM
2. [→634] Re: こちらこそ、よろしくお願いい...  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/08(Fri) 20:32 No.635 
シネポ様


>ちょっとわたしの言葉足らずなところがあったかもしれません。申し訳ありません。
>なので、カラースチールには超リアリティーはないかもしれませんね。


いえいえ、こちらこそ失礼しました。
以前、スチール写真は本番中には撮らないということを教えていただき、私もちゃんと理解していたのですが、変な伝わり方になってしまいました。私の文章力が貧困だからですね。


>いくら「映画の友」誌だけに特別許可が出ていたとしても、外部のカメラマンさんに本番中の撮影を許可させるということはないと思われます。その現場に参加しているスタッフとして信頼できる人だけでしょうね、きっと。

そうでしょうね。しかも、「映画の友」じゃない一般の週刊誌に載っていた写真ですから日活のスタッフの方が本番中に撮ったものと考えるのが一番妥当なんでしょう。



コロナ渦が段々酷くなってきました。特に人口密度の高い地域ほど危なくなってきています。もう、「気をつける」だけではどうにもならないレベルです。皆様に病魔が降りかからないよう祈るばかりです。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
3. ほんとに心配です  シネポ : 2021/01/08(Fri) 21:36 No.636 
ぢーこ様、おっしゃる通り、コロナ禍が大変なことになってきました。もう、ほんとのほんとに心配です。
ぢーこ様、そして皆様、どうかどうか、より一層のご留意を!
あえてここで、今の心境をわたしの母語で記します。
ほんまに、勘弁してぇな。もう、どないせぇちゅうねん!

ぢーこ様、すいません。ちょっとコロナ禍での各映画館での営業時間変更などがありまして、今週はずっとバタバタしてました。なので『横須賀男狩り・少女悦楽』の確認を取るのを失念してました。m(__)m
いかん、いかん…。
近いうちにやりますので。

書き込みありがとうございました。
コロナ+この寒さにも、どうかお気を付けください。
[返信]
[修正]
ID:38jzTOUbgM
4. 『横須賀男狩り・少女悦楽』  シネポ : 2021/01/12(Tue) 17:54 No.637 
ぢーこ様、ありがとうございました!

『横須賀男狩り・少女悦楽』のプレスシートを確認しましたら、ぢーこ様が指摘された通りでした。
よって、【CINEPO.com】の『横須賀男狩り・少女悦楽』各ページを訂正いたしました。
感謝申し上げます。

もしこれからも、お気付きのところがありましたらお知らせくださいね。
と、他力本願ではダメなんですが…(笑)

とにかく、ありがとうございました!
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
5. [→633] Re: 今年もよろしくお願いいたします  いし : 2021/01/14(Thu) 11:14 No.638 
皆さま今年もよろしくお願い申し上げます。

折口さんなどまだまだ知らない女優さんや作品に出会えることも、この掲示板の魅力です。
有難うございます。

ああ、考えてみれば波乃ひろみも1本だけですか。
確かに演技力はちょっとなあ、と素人ながらに思います。緊縛されて弄ばれても切羽つぱった感じが薄い気がしました。美人で美乳なので興奮度は高いのですが。

そういえば、映画の城だかに雪江が新人コンテストに優勝したときの紹介記事で「剣道が得意」と書いてありましたが、これは初耳でした。スケートとテニスは色々なところで紹介されていますが、何かの間違いか・・・
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
6. [→638] Re: 今年もよろしくお願いいたします  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/14(Thu) 16:28 No.639 
いし様

お久しぶりです。今年もよろしくお願いいたします。


>ああ、考えてみれば波乃ひろみも1本だけですか。

他の部門で有名になり、ロマンポルノに1本だけ出演して、また元のジャンルに戻っていく人は結構いますが。いきなりロマンポルノに出演してそのまま1本だけで女優業が終わってしまった人というのは案外探しにくいものです。有名にならなかったからネットで検索しても出てこないから作品ごとに出演者を見てそこから探さなければなりませんから・・・。


>確かに演技力はちょっとなあ、と素人ながらに思います。緊縛されて弄ばれても切羽つぱった感じが薄い気がしました。美人で美乳なので興奮度は高いのですが。

そうですね。切羽詰まった感じが薄いというか全く感じられなかったです。そういうのがないとレイプシーンの迫力が半減してしまいますからつまらないです。
美乳というより巨乳の部類に入ると思いますが、ちょっと○れ気味で私はあまり好きになれなかったです。


>そういえば、映画の城だかに雪江が新人コンテストに優勝したときの紹介記事で「剣道が得意」と書いてありましたが、これは初耳でした。

どうなんでしょうね。こういう時の本・雑誌などは何でもかんでも取り上げてしまうという傾向があるので鵜呑みにできないと思います。「体育の授業で剣道をやってみたら面白かった」という話が拡大されていつの間にか「得意なもの」になってしまったというのはよくある事だと思います。



シネポ様

>『横須賀男狩り・少女悦楽』のプレスシートを確認しましたら、ぢーこ様が指摘された通りでした。

プレスシートは映画が完成してから作られるものなのでしょうか?

試写を見てから作られたものなら紹介されるストーリーは間違いがないでしょう。
ところが、よくネット上などにある映画の紹介文などに映画の本編と違うことが書いてあるのをよく見かけます。いし様がよく指摘されている「レイプハリケーン 裂く」の石井雪江レイプシーンなどもそうですね。映画の友に書いてあるのとは結構違っているようです。
多分、脚本(決定稿)の段階でそのように書いてあっても、いざ撮影となったら設定が変更される事があるのではないかと思うのですが・・・。シネポ様どうでしょうか?
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
7. またまた・・・  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/20(Wed) 17:26 No.640 
拡大 折口14.JPG
連続投稿になってしまいます、ごめんなさい。


「映画の友」で「横須賀男狩り・少女悦楽」の記事を見たいと思いヤフオクを色々漁っていたのですが、70年代の「映画の友」は80年以降のものと比べて割高で中々手が出せないのです。元々の発行部数が少なかったせいだと思います。
そんな中でヤフオクだけでなく古本屋のサイトを探していたら有りました。1977年5月号と1977年3月臨時増刊号の2冊です。値段も手頃だったので即座に購入しました、探せばあるものですね。
ただ、3月臨時増刊号には大野かおり・中川ジュンの名前があったので「横須賀男狩り〜」の記事も当然載っていると思ったのですが、残念ながら載っていたのはこの2人のインタビューだけ、中々思うようにはいかないです。

それでも5月号にはちゃんと折口亜矢のグラビアがありました、UPします。これを見て「あれ?」と思ったのですが・・・・。普通「映画の友」のグラビアは映画のシーンに沿った写真(もちろん脱いでいるもの)、もしくは女優さんのヌードが載っているのが普通です。
ところがこの写真は映画とは全く関係のない、いわばプライベート写真みたいなものです。「映画の友」のグラビアページで服を着て載っている写真は見たことがありません。1ページ前のグラビアも中川ジュンのプライベート写真でした。また、記事の中にはインタビューの内容も含まれており、初期の頃の「映画の友」は後年のものとちょっと趣が違っているようです。

それにしても折口亜矢、こうやって見るとやはり美人ですねぇ〜。映画の友の記事によると早稲田の教育学部卒だそうで、映画の撮影は「日曜天国」と平行していたみたいです。ロマンポルノ出演の決め手は藤田敏八監督だったそうで、共演の大野かおり・中川ジュンもインタビューの中で藤田監督が出演のきっかけだったことを語っており、藤田監督の影響力の大きさがわかります。



いし様が石井雪江嬢にのめり込んでいるように、私もすっかり折口亜矢に魅せられてしまいました。この2人には共通点もあります。フツーの人がある日突然脱いで映画出演、さらには出演作でいきなりのレイプシーンが見られます。特に折口亜矢の方は映画が始まって5分も経たないうちにレイプされてしまいます。もっとも折口亜矢の方は卒業後にとある演技研究所に通っていたこともありNHKのドラマにも出ていたみたいなので「フツーの人がいきなり・・・」というのには当てはまらないかも知れませんが・・・。

すいません、何だか最近は折口亜矢の話ばかりしていますね。いし様やY様が書き込みにくい環境になっているかも知れません。「横須賀男狩り・少女悦楽」のレビューを書いたら一段落させたいと思います。

[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
8. Re: 今年もよろしくお願いいたします  いし : 2021/01/21(Thu) 16:46 No.641 
ぢーこ様
 いやいやお気遣いなくお願い致します。
折口さんという未知の女優さんについて勉強させていただき、有難いかぎりですので。

確かに雪江と共通点がある気がします。ある日突然、レイプシーンという形で。
折口さん、脚が細いですねえ。シネマロードという雑誌にに雪江のデビュー当時の私服の写真が載っていたのですが、脚の雰囲気も似ている気がします。その時には記者が雪江の脚のアザに気づき、雪江が「レイプシーンの撮影で暴れていて」とコメントしていたのが印象的でした。襲う方もそれだけ興奮したってことでしょうね。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
9. プレスについて  シネポ : 2021/01/21(Thu) 18:12 No.642 
ぢーこ様、いし様、書き込みありがとうございます。

いや〜、なんかいいですね〜、こういう広がりは。
折口亜矢さん、魅力的です。彼女も今はどうされているのか分からないんでしたっけ?

ぢーこ様、遅くなりましたが、プレスシートについてです。
日活ロマンポルノ時代に関しましては、わたしは日活の方にも聞いたことがありませんので、はっきりしたことは分りません。でもピンクに関しては、直接映画会社の方に聞いたことがあります。
当時の梅田日活劇場では公開予定作品の一覧とか、紹介などをチラシにしてお客様に配ったり、壁新聞の様にして場内に掲示したりしてました。後にはそれにネットでのホームページも加わりました。
当然それらには内容紹介などを書いていたのですが、それらのニュースソースにしていたのはすべて映画会社からいただくプレスシートからでした。
あるとき、それが実際の上映内容と明らかに違っていたことに気が付き、映画会社にお聞きしたことがあります。するとそのお答えは、監督やプロデューサーから提出される企画書を基に作っているので、脚本にする段階で、あるいは撮影の段階で、少々変わってしまうことがあるかもということでした。

劇場側は宣伝のため、作品資料は出来るだけ早く欲しい。でもピンク各社は結構タイトなスケジュールで製作しているので、撮影現場はかなり公開間際なんてこともある。なので、前宣伝に使うプレスシートは会社に提出された企画書を基に作る。そういう感じらしいです。
もちろん企画書を基に映画会社は製作にGOサインを出すわけですから、それを大幅に変えてしまわれるということはありえませんが、やはり多少の変更というのはあるようです。
なのでプレスの内容と、完成作品が必ずしも一致するとは限らないようですね。
ただこれは予算や製作体制が厳しいピンクの場合であって、日活の場合は時間的にも予算的にももっと余裕があったでしょうから、撮影、完成、即公開、というようなことは少なかったんじゃないかなと。ならばプレスももっと余裕をもって作れて、少なくとも脚本の決定稿を読んでからということじゃなかったんじゃないかと…。
ま、これも推測で、ひょっとすると、ロマンポルノも結構タイトなスケジュールでやってたのかもしれませんね。それならプレスは企画書を基に、ということかもしれません。

こういうことも、日活OBの方に聞いておけば良かったな〜。
今となったらちょっと悔しいです。

どうでしょうか、お分かりいただけましたでしょうか?
上手い説明じゃないので、分かりづらかったら、またおっしゃってください。

どうもありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
10. [→641] Re: 今年もよろしくお願いいたします  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/23(Sat) 17:35 No.643 
いし様 シネポ様 返信ありがとうございます。


いし様

>折口さん、脚が細いですねえ。

あ、確かに・・・。

「映画の友」の中の話だと、彼女は自分が痩せているのが気になってロマンポルノ出演をためらっていたみたいなのですが、藤田監督がOKを出したので喜んで出演したとか・・・。

レイプシーンでは腰のあたりから下、足先までしっかり見せてもらえます(当たり前だけど)。太股は普通か、ちょっと細めの感じ。膝から下は結構細いですね、改めて見ると・・・。
でもいし様にそう言われるまでは全然気が付きませんでした。私は脚フェチじゃないってことですね(笑)。



シネポ様

>折口亜矢さん、魅力的です。彼女も今はどうされているのか分からないんでしたっけ?

折口亜矢でググってみると「横須賀男狩り〜」よりも「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」の方がレビューが多いのですが、どこかのレビューの中に「数年前、イベントでお会いした際、『女獄門帖〜』の時のことを尋ねたら『恐ろしい映画でした』と仰ってました」という文を見たことがあります。
−女優業はもうやっていないけどイベントがあったら呼ばれることがある− みたいな感じでしょうか。昭和27年生まれですから今68歳ですね。


>ロマンポルノも結構タイトなスケジュールでやってたのかもしれませんね。それならプレスは企画書を基に、ということかもしれません。

企画書というのもそうですが、本番の現場で脚本の内容が変えられてしまうということは考えられますかね?

例えば1979年製作、宮井えりな主演の「団地妻 狙われた寝室」という作品があります。ネット上には映画を紹介する色々なサイトがあるのですが、どのサイトが紹介するストーリーを見てもラストで「借金取りの男が宮井えりなに『ムショから出たらまた逢おう』と耳打ちをする」と書いてあるのですが、実際の映画の中ではこの男はラストの少し前で死んでしまいます。
明らかに違っているのですが、どのサイトを見てもそう書いてあるのでおそらくプレスシートにはそう書いてあるのでしょう。

企画書が違っていたのか、脚本の内容が変えられてしまったのかは分かりませんが、少なくとも試写を見る前にプレスが書かれたのは間違いないですね。一度、この作品の台本(決定稿)を見てみたいものです。

ちなみに「団地妻 狙われた寝室」は私が映画館で最も多く見た作品です。多分映画館で3〜4回は見ていると思います。機会があれば紹介したいと思ってます。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
11. 『団地妻 狙われた寝室』プレス  シネポ : 2021/01/27(Wed) 16:07 No.644 
ぢーこ様、書き込みありがとうございます。

『団地妻 狙われた寝室』のプレスシート、確認しました。おっしゃる通りです。
引用してみます。

「かおりが家へ戻った頃は、警察が現場検証をしている時だった。沼尾は連行される直前、かおりに耳打ちした。「ムショから出たらまた逢おう」と、不敵な笑いを浮かべながら。
すべてが終わり、すべて忌わしい事は凄惨な結末を残しながらも片付いた。団地は何事もなかったように寂まりかえっていた。」

上映本編のラストがこうでないのなら、明らかにプレスシートは日活宣伝部が企画書段階で作り上げたんでしょうね。そして脚本家と監督がどこかの段階でこの終わり方に納得がいかず、変更したということなんでしょうね。
変更が会社に知らされていたか、知らされていなかったかは分かりませんが。

そもそもプレスシートとはその名前の如く、映画公開前の宣伝資料として、プレス(報道・関係者)向けに配布されたり、劇場などに配られるものですから、やはりかなり前もって用意しなければならないわけで、そうなると企画書がベースにならざるを得なかったということかもしれません。
そして今(!)気が付いたのですが、当時の出版メディアには「月刊誌」という媒体が結構多く、「月刊誌」の場合は記事の入稿締め切りが発売日の1か月以上前というのが当たり前でしたね。
ということは、12月28日公開の正月映画の宣伝記事なら、12月10日ぐらい発売の雑誌に掲載してもらうのがベストで、するとその記事は11月の上旬までには編集部入稿になり、記者に取材をしてもらうギリギリは10月中旬となり、その記者に資料を渡して取材してくれとお願いするのは10月の頭で、となると9月の末にはプレスが出来上がっていないと、というスケジュールになっちゃいますね。
ま、あくまでも推測の範疇ではあるんですが…。

当時の日活宣伝部にいらした方で、どなたかプレス作りに関わった方いらっしゃいませんかね?
石井雪江さん引退のこととか、折口亜矢さんのこととか、この掲示板から謎が一杯生まれてきてます…(笑)。

>本番の現場で脚本の内容が変えられてしまうということは考えられますかね?
これはあると思います。ロケ先の協力が思っていたより得られなかったとか、天気とか…。
実際にある監督から直接お聞きした話なんですが、俳優が撮影中に現場から失踪してしまい…というのもあります。これなんか変えざるを得ないですよね(笑)。脚本家を現場に読んで、書いては撮って、書いては撮ってということをしたと。このことは、具体的に書いてもいいんですけど、どうなのかな…。ちょっと考えてみます(笑)。

どうもありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
12. [→644] Re: 『団地妻 狙われた寝室』プレス  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/28(Thu) 15:47 No.645 
シネポ様

>『団地妻 狙われた寝室』のプレスシート、確認しました。おっしゃる通りです。

やはりそうでしたか。


>ということは、12月28日公開の正月映画の宣伝記事なら、・・・・となると9月の末にはプレスが出来上がっていないと、というスケジュールになっちゃいますね。ま、あくまでも推測の範疇ではあるんですが…。

いずれにせよ、映画の試写の前にはプレスシートは出来上がっているみたいですね。


>そして脚本家と監督がどこかの段階でこの終わり方に納得がいかず、変更したということなんでしょうね。

結局は監督の意向によるのだと思います。



>俳優が撮影中に現場から失踪してしまい…というのもあります。これなんか変えざるを得ないですよね(笑)

「ピンク映画の新人女優さんがドタキャンしてしまった」というのは私もよく聞きました。さすがに「脱ぐ」という要素がある以上、怖じ気付いてしまうのでしょう。そこで、仕方なくそこらにいる女の子を捕まえて出演交渉したとか・・・。


>このことは、具体的に書いてもいいんですけど、どうなのかな…。ちょっと考えてみます(笑)。

これは書かない方がいいでしょう。さすがに秘密にしておきたいこともあるでしょうから、掲示板の性格上まずいような気がします。
私個人としては是非とも聞きたいのですが(笑)



「団地妻 狙われた寝室」についてラストの15分くらいを細かく説明したいと思います。

夫婦が沼尾を殺そうと画策するところまではいろいろ書いてある通りです。

かおり(宮井えりな)が自ら客をとりたいと沼尾に連絡を入れる。そして二人は車で客のところに向かう。実はこの車のトランクには夫が隠れている。車はとある建物の工事現場に乗り入れた、客は工事現場の男たちのようだ。

かおりが工事現場の中に入っていく、沼尾はいつも通り外で待っている。夫はこっそりとトランクを抜け出し背後から沼尾に近づくとスパナで殴りつける。夫の一撃で倒れた沼尾、さらに夫は馬乗りになり何度も沼尾を殴りつけた。こうして沼尾は死んだ(ように見えた)。
ところがこの夫、どうやら罪をかおりに全てなすりつけるつもりようだ。沼尾の身体を車の下運び(そのまま発進すると頭を轢くことになる)、かおりのハンドバッグの中身をその周りにぶちまける。そして車に何か細工しようとした。

ところがその時かおりが突然戻ってきた。想定外の事態に夫は身を隠す。かおりは客をとるつもりで中に入っていったのだが、男たち(3人)のあまりの下劣さに気味が悪くなり、適当な事を言って逃げ出してきたのだ。しかも沼尾は殺すことになっているのだから、もう言われた通りに身体を売る必要は全くないのだ。
かおりは倒れている沼尾を見て驚くが、それは想定内。ハンドバッグの中身が散らばっているのを見て慌てて拾い集め、沼尾の身体を車から引き離すと慌ただしく車を走らせた。

呆然と妻の車を見送ることとなった夫、何を思ったか沼尾に近づいていった。ところが沼尾は息を吹き返した。そして夫を見るや襲いかかった。ヤクザのような沼尾と単なるサラリーマンの夫、体力差は明らかで今度は沼尾が馬乗りになる。夫はもはや命乞いをするしかない、「家に会社の株券が1000万くらいある、それをやるから許してくれ」と懇願した。沼尾もそれを承知し二人は歩いて家に向かった。

一方のかおりは道の途中で車を止め、どうする当てもなく呆然としていたが、たまたま警ら中の警察官を見かけた。慌てて免許証を探すがハンドバッグの中にない。さっき夫がぶちまけたのだが、免許証だけは拾いきれていなかったのだ。仕方なく工事現場に引き返すかおり、ところがさっきまで横たわっていた沼尾がいない。驚きながらも免許証を探す。すぐに免許証は見つかったがそれと同時にさっきの男たちに見つかってしまった。そして工事現場の事務所らしき所に連れ込まれ3人に代わる代わるレイプされる。レイプといっても元々男たちは女を買うつもりで話をつけていたのだから当然といえば当然の行為なのだが・・・・。

家に戻った夫は株券を沼尾に渡す。沼尾は「イカサマじゃないだろうな・・」と株券を眺める。その隙を見て夫が隠していたナイフで沼尾を刺した。激高する沼尾、すぐに夫に馬乗りになり首を絞め殺害した。しかし沼尾の刺し傷は深かった、大量の出血だ。必死になって散らかった株券をかき集めようとしたがそこで力尽き、死んだ。

次の場面では警察が現場検証をしている、そしてかおりは事情聴取されている。
さらに次の場面では事情聴取を終えたかおりが警察署から出てくる。そこには妹(川島めぐ)が待っていた。妹は抱いていた赤ん坊(6ヶ月〜1歳くらい、ちなみに前妻の子)をかおりに渡す。かおりが赤ん坊を抱きながら団地内を歩いているところでエンドとなる。



実はこの作品、いくつか辻褄の合わない所があるのです。

高校生の妹が学校から出てくる、それを後ろから沼尾が眺めてる、というシーンがあるのですが。こういうシーンはその後で沼尾が妹に襲いかかったりとか脅したりとか話を聞いたりとか・・・、そういったシーンの伏線になるものなんですが、そのような気配が全くない。全くないどころか顔を合わせることも全くないのです。そうなると、後ろから眺めるシーンの意味が全くなくなってしまいます。

夫が妹をレイプするシーンがあります。妻が売春していることを知り、その怒りを妹にぶつけてしまうのですが、夫はレイプしながら「女はみんな淫売だ」と叫びます。その後、妹はかおりにレイプされたことを告げるのですが、「お前たちきょうだいは淫売だ」と言われたと言うのです。言葉に食い違いがあります。

あと、家の中で現場検証をしている場面。警察官の質問に答えてかおりが「後はお話したとおりです、何しろ一瞬のことでしたから・・・」と言うのです、何だか殺人現場を見ていたような言い方なのです。ところが、夫が殺されるシーンにはかおりは出ていません。現場検証の前にかおりが出ていたのはレイプシーンです。いつ、家に戻ってきたのかは明らかではないのですが、殺人現場を見ていたとするならば家に戻ってきたシーンが必要です。このあたりがどうも腑に落ちません。


それからCINEPO.comでの「〜狙われた寝室」の説明にも微妙な相違点があります。借用書に関するくだりです。

説明では「その借用書には母の字で、もしものときは娘が返済すると書かれてある」となっています。

確かに、本編では沼尾がかおりに借用書を見せる場面があるのですが、借用書は一瞬映されるだけで、母の筆跡を確認するとか、「娘が返済する」という文字を写すこともしていないのです。
私は初め、この借用書は沼尾が偽造したのではないかと疑っていました。それほど本編での扱いは雑になっています。(疑っているだけで偽造であることの状況が作品の中に出てくることはありません)


こうやって見てみるとこの作品、撮影が進むに従って段々設定が変わっていったのではないかという気がします。
それが為にプレスシートと内容が違っていたり辻褄の合わないことが起きたり・・・・。

考えすぎでしょうか?


何だかプレスシートの話から「団地妻 狙われた寝室」の紹介のようになってしまいましたね。





ここまで書いてきてふと思ったのですが、私は何だか「相違点」に固執しすぎているのではないかと思ってしまいます。

映画製作の現場は現場なりに最高の作品を作ろうと努力しているわけで、その場その場で最善の選択をしているはずです。それ故に当初の計画から変更すべき点も出てくるでしょう。そうなってくるとプレスシートが早い段階で作られる以上、「相違点」が出てくるのはある意味当然のことかも知れません。たまたま「〜狙われた寝室」は「変更点が大きくなってしまった」ということだけなのではないのかと思ってしまいます。それを「揚げ足を取る」ような捉え方をするのは果たしてどうなのか・・・?

逆に言うと、こういう事は「書き込みしやすい」ネタなんですけどね。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
13. [→645] Re: 『団地妻 狙われた寝室』プレス  いし : 2021/01/31(Sun) 09:13 No.647 
宮井えりなさんって様々な作品で様々な役を演じていらっしゃるのがわかります。ぢーこ様の書き込みを拝見し、改めてにっかつには実力ある女優さんがいたのだなと思っています。

相違点のお話ですが、それだけ細かくご覧になられているということですよね。まさに「プロの視点」です!ぢーこ様のおかげで、新たな見方が生まれ、シネポ様のおかげで新たな当時の実情に触れることができ、感謝しております。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
14. [→647] Re: 『団地妻 狙われた寝室』プレス  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/01/31(Sun) 20:30 No.648 
いし様

>宮井えりなさんって様々な作品で様々な役を演じていらっしゃるのがわかります。

そうですね。いし様もそうでしょうけど、私がロマンポルノを見るようになった昭和54年頃が彼女のピークですね。
他にも見ているものを探したら「暴行!」「性と愛のコリーダ」「襲られる」「女教師」「透明人間 犯せ!」「女教師 汚れた噂」「宇能鴻一郎の女体育教師」「ホールインラブ 草むらの欲情」「ズームイン 暴行団地」・・。こんなに沢山ありました。作品の中身を覚えていないものもありますが(笑)
確か、昭和54年か55年の日活カレンダーは彼女が1月に掲載されています。1月ということはエース格であることを示しています。初期の頃は女子高生の役もあったみたいですから、幅広い役をこなしていたことが分かります。


>相違点のお話ですが、それだけ細かくご覧になられているということですよね。

上にも書きましたが、「団地妻 狙われた寝室」は映画館で3〜4回は見ています。それに現在ではこの作品、いつでも見ることができる状態にあります。繰り返し何回でも見れば細かいところは目につきます。



「性狩人」「快楽学園 禁じられた遊び」見てみます。二つとも見たことあるような気がするのですが、あまり記憶にありません。じっくり見れば新しい発見があるかも知れませんね。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
15. もっと映画を楽しまなくっちゃ  シネポ : 2021/02/01(Mon) 18:27 No.649 
ぢーこ様、いし様、書き込みありがとうございます。

緊急事態宣言が延長ということになるようで…。
今も頑張っていらっしゃる成人映画館で、休館とかの状況が出てきているみたいで、いやいや厳しいです…。

ぢーこ様、そうですね。映画は完成して、スクリーンに映されたものがすべてで、台本だとか、プレスだとか、本来はそんなもの何の意味もないものなんですよね。完成した作品だけで、良かった、悪かった、と言えばいいんですよね。
ただ、わたしもつい、そういうところに目が行ってしまいます。
おそらく当時の日活社内でも、監督やスタッフと社員さんの間には「なんだよ、企画書のときの方が面白かったじゃないかよ」とか、「あの脚本でここまで仕上げてくるなんて、素晴らしいな」なんて言葉が飛び交ってたんでしょうね、きっと。

女優さんにしても、そうなんだと思います。
期待してスカウトしたり、育てたりしたのに、スクリーンでは大したことなかったなんてことが日常茶飯事だったんでしょうね。たった1本や数本で引退という方が多いのも、そういうことが絡んでるんでしょうね。
ロマンポルノに限らず、一般映画を見てても、すぐにこのカット凄いなとか、おぉ長廻しとか、セットいくら金掛かってるんだろうとか、そんなことをすぐにわたしも思ってしまいます。
駄目ですね、もっと純粋に映画を楽しまなければ(笑)。

そうそう、ぢーこ様が折口亜矢さんの経歴から、彼女の絡みに夢中になったというので思い出したんですが、ロマンポルノには異色なというか、結構びっくりするような経歴の方いましたよね。
有名どころでは、渡辺とく子さんは文学座所属の新劇女優。朝比奈順子さんは、宝塚歌劇団出身。浅見美那さんは、NHK教育テレビの歌のお姉さん、などなど。
当時のお客様の興奮はいかほどだったんでしょう(笑)。

どうもありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
16. [→649] Re: もっと映画を楽しまなくっちゃ  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/02/01(Mon) 21:33 No.650 
シネポ様

>ロマンポルノに限らず、一般映画を見てても、すぐにこのカット凄いなとか、おぉ長廻しとか、セットいくら金掛かってるんだろうとか、そんなことをすぐにわたしも思ってしまいます。

いやいや、シネポ様も映画会社の内幕を一部でもご存じなのですから、それはそれで一般の方とは違った見方ができるのですからそれでいいと思います。一般の人と同じ目線じゃ勿体ないですよ。

私は私であまり揚げ足を取らないように注意したいと思います。



>有名どころでは、渡辺とく子さんは文学座所属の新劇女優。朝比奈順子さんは、宝塚歌劇団出身。浅見美那さんは、NHK教育テレビの歌のお姉さん、などなど。

朝比奈順子が宝塚出身だというのは知っていましたが、渡辺とく子の文学座所属は知りませんでした。実は劇団というものにはあまり興味がないものですから・・・・。

浅見美那がNHK教育に出ていたというのは最近になって取り寄せた「映画の友」で知りました。ロマンポルノ初出演が1983年ですから、私が色々忙しくなって段々ロマンポルノから離れていった時期ですので浅見美那は当時殆ど記憶にないのです。

でも、浅見美那について調べてみると面白いです。1980年から1982年までNHK教育で小学校低・中学年向きの安全教育番組に「お姉さん役」で出ていて、その1年後にロマンポルノ出演しているのですから皆ビックリでしょうね。この教育番組を見ていた子供たちが大人になって「あのお姉さんがロマンポルノに出てた・・」と、レンタルビデオ屋に駆け込んだのではないかと想像すると何だか面白くなってきます。



異色の経歴を持ちながらロマンポルノに出演した女優の中で私が一番ビックリしたのは畑中葉子でした。何せ「カナダからの手紙」が凄いヒットで、その歌もさることながら「純情そう」なイメージでしたからその落差に驚きました。もっとも、出演するまでに結婚・離婚をしているのでその分アイドル性は差し引かれますけど・・・。
デビュー作の「愛の白日夢」ではベッドシーンの直後に血が・・・・。「何で畑中葉子がバージン役なんだよ・・・」という批判も結構多かったみたいですけど、当時の私としては何だか妙に納得。畑中葉子=アイドルという構図が頭から抜けていなかったのでしょう(笑)。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw
17. 異色の経歴とは  シネポ : 2021/02/03(Wed) 15:48 No.651 
ぢーこ様、書き込みありがとうございます。

いやいや、ぢーこ様、畑中葉子さんは異色の経歴の方ではないでしょう(笑)。
アイドルの方がちょっと落ち目になって、起死回生に文字通り裸一貫で勝負を賭けるって、ロマンポルノではけっこう初期から多かったですからね。
他にも、高村ルナさん、小森みちこさん、伊藤咲子さん、五十嵐夕紀さん、早乙女愛さん、そして究極だったのが、天地真理さんに今陽子さん、などなど。
異色の経歴からの転生というインパクトは少なく、元アイドルがそこまで…凄いなぁ〜的な感覚でしょうかね。
その点、宝塚歌劇だとか、NHK教育テレビの歌のお姉さんというのは、異色のインパクトは大だったんでしょう。

で、思い出しました。もう一人、異色の経歴の方を。
西脇美智子さん。1980年、82年と全日本ミスボディビル・コンテストの優勝者の方でした。

どうもありがとうございました。
引き続きよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
18. Re: 今年もよろしくお願いいたします  匿名希望Y : 2021/02/03(Wed) 20:32 No.652 
ぢーこ様 いし様 シネポ様
大変遅くなりましたが、本年も宜しくお願い致します。
暫くご無沙汰していました。忙しかった+このスレでの話題が知らない女優さんで盛り上がってついていけなかったのが理由です。
「宮井えりな」 やっと知ってる女優さんの話題に成りました。
昭和52年当時、当然映画館に入場できる年齢では有りませんでしたので情報源は雑誌「映画の友」「映画の城」位でした。初めて彼女を見たのは「映画の城・創刊号」の表紙でした。笑顔が素敵な女性でロマポ女優さんとリンクするにはチョット無理がある笑顔でした。その雑誌の中にはモノクロ写真が一枚掲載されているだけでした。そんな中、翌年の昭和53年3月増刊号に、写真特集で「えりな魅力のグラフ特集」なる企画特集が有りました。
デビュー作から最新作新迄全て紹介されていました。
カラーで紹介されていた「襲られる」「のけぞる」モノクロ写真の「暴行」など刺激の強すぎるモノばかりでした。
「襲られる」は浜辺のボートの上でビキニを剥ぎ取られるシーンが生々しい(バックの浜辺が平和な海水浴客でごった返していたのが余計に生々しく見えた)、草むらで上着剥ぎ取られ男たちに囲まれてるシーンと併せて刺激が強かった。足から脱げたハイヒールが事の状況を良く表している図でした。解説では「撮影は千葉の海岸で何の予告も無しにカメラを回したので居合わせた海水浴客は全裸のえりなを見て唖然とした様子だった」との事。(羨ましい海水浴客)
「のけぞる」は妖艶な大人の女性の匂いまで醸し出るようなカラー写真で見てると化粧の匂いまで漂いそうな写真でした。
「暴行」(詳しくは不明ですが女子高校生の役?)転がった自転車の横 刃物で脅かされ上着剥がされるシーンが何とも圧巻かな。
まあ、外にもありましたが上記3作品、刺激が強くどのグラビアもえりなの悲鳴が聞こえて来そうなそんなグラビアでした。
以上、兄の机の中に隠して有った雑誌の盗み見での彼女の姿ですが、当時の自分には少し(相当)刺激は強かったです。勿論、当時鋼鉄の様に立ちはだかった「18禁」の為これらの作品は観れません。その後ビデオ化もされて居ませんので未見の作品です。
最近オンデマンドでのDVD化も商品として販売されている様ですが、ロマポ50周年記念としてこれらの作品もオンデマンドDVD化出来ないものでしょうかねえ。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
19. [→651] Re: 異色の経歴とは  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2021/02/06(Sat) 21:31 No.653 
シネポ様

>他にも、高村ルナさん、小森みちこさん、伊藤咲子さん、五十嵐夕紀さん、早乙女愛さん、そして究極だったのが、天地真理さんに今陽子さん、などなど。

なるほど、「異色の経歴」ということでは畑中葉子は確かに異色ではないですね。
ただ、私的には畑中葉子のロマンポルノデビューは「ロマンポルノ女優として一番の衝撃」というのは間違いないです。何せアイドル時代の余韻がまだ残っているうちに出てきましたし、過去をよく知っているというのもあります。また、ロマンポルノを一番見ていたという時期にも当たります。
同じ時期に小森みちこや朝比奈順子も見ましたが、朝比奈順子が宝塚出身だと知ったのはごく最近でしたし、小森みちこに至ってはトライアングルの存在すら知りませんでしたから。
ただ、後になって畑中葉子の裏話などを聞くと「な〜んだ」という感じでがっかりした思いもあります。

畑中葉子についてはこんなことも覚えています。
TBSの「ザ・ベストテン」という歌謡番組はシネポ様も当然ご存じだと思います。彼女はその初期の頃によく出演していました。
彼女がロマンポルノに出演した1年後くらいだと思います。その「ザ・ベストテン」で過去の出演者を全て召喚したいわゆるスペシャル番組があったのですが、彼女も出演していました。
前半は過去のビデオを見ながら司会者が出演者にインタビューするという内容で進んでいきました。当然、畑中葉子にもマイクが向けられたのですが、黒柳徹子との会話が何となく噛み合いません。その際、黒柳徹子がこんなこと口走ったのです。
「今日はお洋服着ていらっしゃる・・・」
畑中葉子は「アァーー」と大きな声を出すし、周りの出演者には大受けするし・・・。何とも面白い場面でした。



>その点、宝塚歌劇だとか、NHK教育テレビの歌のお姉さんというのは、異色のインパクトは大だったんでしょう。

浅見美那が出演していたのは『ぴょん太のあんぜんにっき』という「子供たちの生活全般に関わる安全問題を総合的に取り上げていた番組」だったそうです。家庭で見るというよりは学校で先生と一緒に見るという性格の番組だと思います。
一つ前の書き込みでは「子供たちが大人になって・・・」と書いたのですが。それよりも、一緒に見ていた若い男先生たちが彼女の出演作を見ていたのでは・・・、と想像する方が現実的かなとも思いました。



Y様

>カラーで紹介されていた「襲られる」「のけぞる」モノクロ写真の「暴行」など刺激の強すぎるモノばかりでした。

以前、Y様からはその「襲られる」の写真をいただきましたね、今でもちゃんと保管してありますよ。映画の友昭和53年3月増刊号の中にあったものなんですが、私もその増刊号は持っておりました。ほぼ全裸状態で海からボートへ引き上げられる写真は当時高校生の私にとっても「超刺激」でした。
「襲られる」は幸いにも後年になって1回だけですが見ることができたのでラッキーでした。もう1回見たいですねぇ。

「暴行!」ですが、これはFANZAで見ることができます。ただ、あまり期待しない方がいいです。
というのは、かなり以前にレンタルビデオで見たことがあるのです。ところが、あのスチール写真にあるような転がった自転車の前での場面はありません。ラスト付近でレイプされるシーンがあるにはあるのですが、ちょっと悲壮感がなくてがっかりした思い出があります。あまりにも期待が大きすぎたので・・・・。
[返信]
[修正]
ID:P5qbDV.OXw




折口亜矢 その2  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/12/05(Sat) 17:10 No.629 
拡大 折口7.JPG
拡大 折口13.JPG
拡大 折口12.jpg
4月1日に折口亜矢について色々書いたのですが、新しい資料が手に入ったので改めて書きたいと思います。

高校生の時にとある週刊誌を見てから折口亜矢に注目するようになった事は前回書いたのですが、その週刊誌をもう一度見たいと思いヤフオクなどで探していました。そして先日、ヤフオクで「週刊アサヒ芸能」に折口亜矢の記事が載っているのを見つけ、早速取り寄せました。(ちょっと高かった)

結果としては「アサヒ芸能」の記事は私が高校生の時に見たものではなく、記事の内容も僅かだったのでちょっとガッカリでした。それでも多少の情報はあったので紹介したいと思います。


書いてある文は以下の通りの僅かなものでした。

*******************************************************************
芸に目覚めた 折口亜矢

五月公開の日活「横須賀男狩り 少女・悦楽」で、夫の目の前で暴漢に犯される人妻を演じている。
が、この人、NET「日曜天国」で司会の将棋八段・芹沢博文氏のアシスタントをしている黒田節子クンと同一人物なのだ。
すなわち”ポルノネーム”が折口亜矢というわけで「芸に目覚めすぎたのか、ロマンポルノで脱いじゃった」と、芹沢八段は複雑に嘆く。
*******************************************************************
※NET=現在のテレビ朝日


写真の1枚目は記事の様子、僅か2ページのみ。
2枚目と3枚目はちょっと編集してみました。

2枚目の左が1回目のレイプシーン、右が2回目のレイプシーンです。
でもこの写真、誰がどのタイミングで撮ったのか?色々と疑問が湧いてきます。

ここまでの掲示板上の話で、撮影現場には日活以外では近代映画社のカメラマンしか入ることができなかったみたいですし
https://www.news-postseven.com/archives/20180309_656843.html   (右近氏提供)
また、本番中は映像に映っていけないからカメラマンは撮影できない (3月27日 シネポ様 続続・石井雪江嬢のこと→現場スチールのこと)

でもこの2枚、本番中に撮影されたような気がしてならないのです。
と言うのも2枚とも映画の本編のフィルムを使ったのかと思うほどリアリティがあり、映画本編と殆ど違いが見られないのです。

本番中でも後ろの方からカメラを構えることがあるのでしょうか?

シネポ様はどう思われますか?



3枚目の右側は夫婦のカラミのシーン、相手役は若き日の矢崎滋。
この場面は1回目のレイプの後、夫が洋ピン映画を見て興奮し、帰るや否や妻の服を脱がせ無理矢理するというもの。妻の方はレイプのショックが癒えておらずそれどころではなく、愛撫されようが挿入されようが全く反応しないという場面。
矢崎滋が乳首を愛撫する際に目玉をひん剥いてしゃぶりついているのが何とも滑稽だった。



3枚目の左側は「日曜天国」の一コマか、あるいはそれについてのインタビューの時のものか?左側に座っているのは司会の芹沢博文氏。

こんな普通のシーンでも、その直後にロマンポルノに出演し、レイプシーンまで演じていると知っているとエロく見えるのだから不思議です。

有名人がロマンポルノに出演して話題を呼ぶなんてのは畑中葉子・天地真理・今陽子・伊藤咲子などいくらでも例があるのですが、前記の方たちは「テレビであまり見かけなくなってから」の出演だったのですが、彼女の場合は放送終了後わずか2ヶ月で映画が公開されるのですから、「フツーのテレビ出演者がいきなり脱いだ」ということで、かなりの衝撃です。

もっとも彼女の場合、元々女優志願(しかも脱ぐことを厭わない)で、テレビ出演は「そのついで」だったのかも知れませんが・・・。
この記事で少なくとも折口亜矢の記事を取り上げた週刊誌は3誌になります。


それからFANZAのユーザーレビューでこんなのがありました。
「まだ子どもだった頃、折口亜矢のロマンポルノ出演のニュースが週刊誌に載っているのを見て、ずっと見たいと思っていた。・・・・」
https://www.dmm.co.jp/digital/nikkatsu/-/detail/=/cid=141nkt
00656/?i3_ref=favorite_list

「私と同じことを思っていた人か他にいるのだな」と、思わず唸ってしまいました。



全くの余談ですが、将棋の芹沢博文氏について私が知ったのは大学の1〜2年くらい。フジテレビの「アイ・アイゲーム」に出演しているのをよく見ていました。「棋士なのに面白いことを言う人だな」という印象でした。

[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU


新しいレスから表示

1. [→629] Re: 折口亜矢 その2  いし : 2020/12/31(Thu) 16:24 No.630 
ぢーこ様 皆様
 お久ぶりでございます。ご無沙汰をしました。
世の中落ち着かず、来年こそは良い年にと願う年末です。

折口さんについてはズブの初心者でコメントするまでに至らず申し訳ありません。表情に悲壮感がある気がします。

雪江に関しては少しですが資料も増え、改めてその美しさに興奮しております(笑)何とか引退の真相に迫りたいものです。

ぢーこ様が以前厳しい評価をされていましたが波乃ひろみ。彼女に関しては結構雪江同様にコアなファンが未だにいるようですね。確かに改めて見ると美人ですし、美乳です。映画では痛めつけられて乳首がこれ以上ないくらいに勃起しているシーンもあり、演技力はともかくとして、豊満な肉体にしばし興奮してしまいました。

石井雪江、太田あや子、波乃ひろみ。年末年始はこの三人の研究に時間をとりたいと思います。

皆さまどうぞ明るいよいお年をお迎えください。
今年1年ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
2. 現場スチールについて  シネポ : 2020/12/31(Thu) 16:35 No.631 
ぢーこ様、書き込みありがとうございます。
そして年末の忙しさに振り回されているうちに、返信を書くことをすっかり忘れてしまっていました。
ほんとうに、申し訳ありませんでした。
ごめんなさい。

さて、現場スチールについてですが、もちろんわたしが知っていることとは、日活の何人かの先輩方に聞いたことですので、それがすべての現場スチールに当てはまるのかどうかはわかりません。
ロマンポルノやピンク映画は基本的にはアフレコですので、スチールカメラのシャッター音がしようが、監督や俳優さんが承諾したなら本番中でも撮影は可能だったかもしれません。
それでも下手に動き回ったりすると、カメラマンさんの体に遮られて照明の当たり具合を切られてしまうといったことが起こりかねないわけで、やはり本番中は遠慮しておこうというのがルールのような気がします。
前回も書いたと思うのですが、本番直前の「本リハ」というのは、映画の撮影フィルムを極力無駄にしないために、ほぼ本番と同じ動きを俳優さんもスタッフさんもするというもので、そこでならスチールカメラさんも、映画の撮影カメラの前に飛び出るとかというようなことをしない限り、ある程度自由に動けたんではないかと…。
それなら、ぢーこ様のおっしゃる本編のようなスチールが存在しても不思議でない気がするのですが。

あと可能性としてですが、映画本編で使わなかった、つまり編集時にカットされた35ミリの撮影フィルムをコマ焼きしたものとか…。
特に絡みのシーンとかで、途中で前張りなどがもろバレした場合など、撮り直しとか、その前後でカットを割って別カットを撮って繋げ直すとか、そういうことが行われていたはずですので、その場合、廃棄される35ミリのフィルムネガが多く出るわけで、それをスチール写真としてリユースするという奥の手もあったようですが…。

どちらにしても、折口亜矢さんのこのスチールについては、その現場にいらした方でないともう分らないんでしょうね。

実は珍品スチールがあります。
https://cinepo.com/html/9655.html
これは先に書いた、編集落ちの撮影フィルムをコマ焼きしてスチールにしちゃったというものです。
ま、ミリオン映画さんの作品ですのでこういうことが起こっちゃったわけで、さすが日活の現場ではありえないと思いますが(笑)。

さてさて、新型コロナがまたまた大変なことになってきました。
ぢーこ様もくれぐれもお気を付けください。
そしてコロナ禍が収まり、少しでもいい2021年になりますように。

今年もお世話になりました。ありがとうございました。
来年も全国の成人映画館、成人映画、そしてこのホームページを、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
[返信]
[修正]
ID:38jzTOUbgM
3. タッチの差でした  シネポ : 2020/12/31(Thu) 17:00 No.632 
おっと、わたしが書き込みをしている間に、一瞬早く、いし様の書き込みが入っちゃいました。
なんか、悔しいそ〜(笑)。

いし様、書き込みありがとうございました。

着々と研究が進んでいるようで、安心とともに、期待感が高まります。
でも、改めて気にしてみると、ロマンポルノって1本とか数本とかで引退している女優さんがなんと多いことか。
石井さんをはじめとして、そういった経歴の彼女たちのその後を探し出し、なぜそういう決断に至ったのかという様々な経緯をまとめることが出来たなら、きっと優秀な日本映画ルポルタージュ本になるような気がしてきました。
いし様、いかがでしょうか?

わたしが勤めていた頃、梅田日活劇場では、大晦日と元旦はむっちゃ暇でした。そりゃそうですよね、お父様方も年末年始の諸行事で家を空けることは難しかったんでしょう。そして正月2日ぐらいからぼちぼちお客様が増えだし、3日、4日がピークという感じでしたね。入社初期の頃は立ち見でも構いませんかと、お客様に断ってから入場してもらってたのを思い出しました。
いい時代だったな…(笑)

いし様、今年もお世話になりました。ありがとうございました。
このコロナ禍の中ですが、どうかご健康にはお気を付けて、素晴らしき2021年になさってください。
そして、来年も全国の成人映画館、成人映画、そしてこのホームページを、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
[返信]
[修正]
ID:38jzTOUbgM




思い出のカレンダー、ポスター  匿名希望Y : 2020/11/17(Tue) 19:28 No.621 
拡大 1975 suzuki calender 910_ gousei001-1.jpg
昔話 ぢーこさん いしさん お久しぶりです。皆様の様な高度に学術的な事は書けませんが今年はとても嬉しい出来事が有りました。永年探していた探求品のカレンダーが入手できたので。時計の針を昭和の時代のマセガキ時代に戻します。当時近所の(そんなに近所でも無かったかな)駄菓子屋さんの壁に何とNUDEカレンダーが飾ってあった事が有りました。お店の奥にさり気なく。まだ女性のNUDE願望する年頃でも有りませんでしたが、チラチラ観ては只事では無い胸の高鳴りを感じる様になりました。全然興味も無いふりしてチラ見して記憶しては忘れないうちに家に持ち帰る日々でした。モデルが誰かは分かりませんが3人ほどの姿はトラウマになる位鮮明に記憶しています。当時日活のカレンダーかと思いましたが外国人のモデルも居ましたので違っていました。
そんなカレンダーを先日ネットで偶然見つけました。実に40年ぶりの事で感動モノです。
モデル名は記載なしですが良く見ると1人の女性は当時の女優「山科ゆり」さんではないかと思いますが、皆さん鑑定して頂けませんでしょうか?

[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. [→621] Re: 思い出のカレンダー、ポスター  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/11/17(Tue) 21:22 No.622 
Y様

どうも、お久しぶりです。しばらく書き込みがなかったので、お身体の具合でも悪くされたのかと心配しておりました。


>モデル名は記載なしですが良く見ると1人の女性は当時の女優「山科ゆり」さんではないかと思いますが、

そうですね、多分山科ゆりさんでしょう。
彼女の出演作はあまり見たことがないのですが、ネット上の写真と見比べても間違いないと思います。
調べてみましたが、彼女は1972年から1983年までロマンポルノに出演していますね。ロマンポルノの女優としてはかなり息の長い女優さんですね。

「レイプハリケーン 裂く!!」にも出演していますから、いし様の方がよくご存じかも知れません。いや、石井雪江嬢ばかりに目が行って他の女優さんは目にはいらなかったりして・・・・。どっちですかね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
2. [→622] Re: 思い出のカレンダー、ポスター  匿名希望Y : 2020/11/18(Wed) 09:32 No.623 
> Y様
>
> どうも、お久しぶりです。しばらく書き込みがなかったので、お身体の具合でも悪くされたのかと心配しておりました。

ぢーこさん 早速のレス有難うございます。体の調子は問題ないです。単に忙しかっただけで「月月火水木金金」状態でした。>
>

> そうですね、多分山科ゆりさんでしょう。
> 彼女の出演作はあまり見たことがないのですが、ネット上の写真と見比べても間違いないと思います。
> 調べてみましたが、彼女は1972年から1983年までロマンポルノに出演していますね。ロマンポルノの女優としてはかなり息の長い女優さんですね。


件のカレンダー写真ですがやはり「山科ゆり」さんでしたか。カレンダーから75年9月10月でした。(なので撮影時期は前年の夏頃と思われます)当時お店の奥にあるカレンダー写真をチラチラ見て記憶する毎日でした。多感な頃であのポスター写真は刺激が強くモデル名も解らない謎の女性でした。当時の私の頭の中では「ハンモックのお姉様」として深く記憶しています。
山科ゆりさんはその後「映画の城」創刊号(77年8月創刊号)での記事にはまった事を記憶しています。「犯され役の楽しい休日」と称して彼女の部屋らしき場所でプライベートヌード写真4ページ程のモノクロ記事でした。これも兄の机の中に隠して有った雑誌をこっそり見たものです。まあ2年前のハンモック女性と同一人物とは知りませんでした。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. [→621] Re: 思い出のカレンダー、ポスター  いし : 2020/11/18(Wed) 10:54 No.624 
匿名希望Y様

 お元気でよかったです。私も「最近ご無沙汰だな」と思っておりましたので嬉しいです。

ぢーこ様もおっしゃるように、これは山科さんでしょうね。「レイプハリケーン裂く!!」では豆千代という芸者役で出ていまして、エロ芸を雪江を犯した男性たちの前で披露しています。
この瞳の麗しさ、口元の卑猥さ(笑)、女性らしいボディ、山科さんで決定でしょう。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
4. 山科ゆりさんベストポスター  シネポ : 2020/11/18(Wed) 16:22 No.625 
匿名希望Y様、ぢーこ様、いし様、書き込みありがとうございます。

いやはや、新型コロナウィルスが、またもや猛威を振るい始めました。お三人方は幸いにもお元気そうでなりよりですが、どうか今後もくれぐれもお気を付けください。わたしもここ数週間は週末は映画館へ行ってたんですが、それもまた控えた方がいいのかなと…。
悔しいです。

この女性ですが、わたしもぢーこ様やいし様の鑑定同様、山科ゆりさんではないかなと思います。
カメラ目線じゃないので、断言はできないんですが、雰囲気としては間違いないかと…。

山科さんはお綺麗な方でしたよね。
ぢーこ様の文によると、83年まで出演されてたんですね。これはちょっと意外でした。容姿、演技力、ともに日活の信頼が厚かったのでしょう。
もちろん年齢的なこともあるんでしょうが、彼女的には、同じような微乳のスリムなスタイルで美形という風祭ゆきさんがロマンポルノを背負うスターになってきたことで、安心してロマンポルノから離れることが出来たんではないかと、勝手に想像してしまいました。
今もお元気なら嬉しいですね。

さて、その山科ゆりさんの数ある出演作ポスターの中から、わたし個人的にこれぞベストというのをご紹介したいと思います。
それは、1973年製作、小沼勝監督作品『昼下りの情事 古都曼陀羅』です。
【CINEPO.com】より
https://cinepo.com/html/9200.html
https://cinepo.com/html/7023.html
わたし、これ、ロマンポルノの全ポスターの中でも、ベスト10に入るんじゃないかと感じるぐらい出色の出来だと思っています。
わたしにとって山科さんといえば、匿名希望Y様の今回のカレンダー写真同様に、これです!(笑)。

では、繰り返しになりますが、ご健康、感染にご留意の上、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
5. [→625] Re: 山科ゆりさんベストポスター  匿名希望Y : 2020/11/18(Wed) 18:15 No.626 
> 匿名希望Y様、ぢーこ様、いし様、書き込みありがとうございます。
山科ゆりさんで間違いなさそうですねぇ!皆さん鑑定本当に有難う御座いました。
私にとっては「ハンモックのお姉様」として思い出深いカレンダー写真です。
他のお姉様のカレンダー写真も有りますが多分日活女優さんではないと思います・・
マイナーなカレンダーで随分前からネットで探していましたがネット検索ほぼ20年ぶり(初見から40年以上)に発見した逸品です。まあ他の人にはガラクタでしょうけど。
初見当時は本当に意味も解らずチラ見しては胸が躍ったモノでした。
その後映画の城で見たプライベート記事写真と同一人物とは何とも奇遇ですが。
写真より書いてあるサラッと書いてあったHな文章が記憶に深く残っています。


> 山科さんはお綺麗な方でしたよね。
> ぢーこ様の文によると、83年まで出演されてたんですね。これはちょっと意外でした。容姿、演技力、ともに日活の信頼が厚かったのでしょう。


> さて、その山科ゆりさんの数ある出演作ポスターの中から、わたし個人的にこれぞベストというのをご紹介したいと思います。
> それは、1973年製作、小沼勝監督作品『昼下りの情事 古都曼陀羅』です。

私も見た事が有ります。これは流石に公開後ずっと後に成ってビデオで見ました。
古都京都を舞台にした何とも耽美的な映像と物語の進行、何より
山科ゆりさんの体が綺麗だった事を覚えています。脚本とか映像美とか考えたらロマポの中でも1,2を争う優秀作品だと思います。もう一回見たくなりました。ブルーレイで販売していませんでしたか?
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
6. 昼下りの情事 古都曼陀羅  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/11/20(Fri) 21:17 No.627 
公開年が1973年ですからロマンポルノ初期の作品ですね。私はまだ12歳でした。

テレビの11PMで紹介されたことがあるのを覚えています。風間杜夫が出演していたので11PMの出演者が驚いていた記憶が・・・・

Y様
>もう一回見たくなりました。ブルーレイで販売していませんでしたか?

日活のHPを見てみたらブルーレイの販売もありますし、FANZA(DMM)でも配信しているみたいですね。

私もちょっと見てみたくなりました。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
7. [→627] Re: 昼下りの情事 古都曼陀羅  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/11/29(Sun) 17:00 No.628 
Y様 シネポ様

「昼下りの情事 古都曼陀羅」見ました。

山科ゆりの「美しさ」が映えた作品だと思います。美人タイプでもないし可愛いタイプでもない。でも作品のありこちに彼女の美しさが生み出すエロみたいなものを感じます。

京都の美しさも取り込んだちょっとした「文学作品」みたいなものですね。「撮影許可下りてるの?」と思うくらい野外でのカラミが幻想的です。

ただ、ストーリー的には「?」です。
結局はパトロンと見合い相手とでの「愛情の葛藤」に過ぎないし、ラスト前の竹藪でのカラミも幻想なのか現実なのかイマイチはっきりしない。
新幹線のトイレの中での苦悶の表情の意味が分からないし、ラストシーンもどこにいるのか分からない。
ラストに何かオチがあるのか期待してたけど・・・・。


風間杜夫が若いですね。クレジットがなければ誰だか分からないです。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU




麻吹淳子情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/01(Thu) 12:25 No.604 
スレッドが大きくなってしまったので新しくします、話題も麻吹淳子に移ってきていますので。


いし様の仰るとおり、石井雪江がオーディションで優勝した時の3位が麻吹淳子でした。まだ榊淳という名前でした。

榊淳は元々東映の作品に何本か出演していました(日本映画情報システム調べだと3本)。だだ、チョイ役だったらしく「日本映画データベース」では1本しか記録がありません。おそらくもっと出演機会を増やしたい、良い役をやりたいということでオーディションに応募したのでしょう。

日活でのデビュー作は「宇能鴻一郎のあつく湿って」(昭和54年11月10日公開)です。この時は「榊淳」の名前で出演しています。ただ、これも出演者の順列が後ろの方で「日本映画データベース」には名前が載っていません。
その次の出演作が12月8日公開の「快楽昇天風呂」になります。ここで初めて「麻吹淳子」という名前が出てきます。

この2作品については映画の友昭和54年12月号に載っています。ただ、グラビアについては2本とも「榊淳」で紹介しています。おそらく「映画の友」編集部が榊淳→麻吹淳子の改名について情報を共有しきれていなかったものと思われます。「快楽昇天風呂」のグラビアでな榊淳と表示してあるのに、シナリオ紹介では麻吹淳子になっています、映画の友が混乱していたのでしょうね。

この後、麻吹淳子は「昭和エロチカ 薔薇の貴婦人」「宇能鴻一郎のホテルメイド日記」に出演、そうして満を持して(かな?)初の主演作「団鬼六 白衣縄地獄」に出演することになります。「〜白衣縄地獄」の公開は年が明けて昭和55年5月7日です。Y様が麻吹淳子のデビューがオーディション翌年?と思われていたのは「〜白衣縄地獄」を鑑みてのことかも知れませんね。まあ、これがSM女王麻吹淳子のSMデビュー作ですから。

その後、皆さんご存じの通り彼女はSMの女王として日活を支えることになります。オーディション3位からの大出世になりました。
でも何故3位だったのでしょうか?その後の活躍を見れば1位でもよかったのに・・・・。

まあ、選ぶ側の日活としては女優経験者を1位にするよりも素人を1位にした方がオーディションが華やかになると考えたのでしょうね。当時、石井雪江は19歳、麻吹淳子は25歳でしたから・・・。

こう考えるとこのオーディション、プロ野球のドラフトに通ずるものがあるように思われます。ドラフトにもいろいろ有りますが、例えば1・2位は将来の4番候補・エース候補として高校生を指名し、3位以下は即戦力となる社会人を指名するといった感じです。

これをこのオーディションを当てはめると1・2位は演技経験はないが将来はロマンポルノを背負ってたつエース候補として石井雪江・横山友里子を1・2位にし、即戦力として既に女優経験者の麻吹淳子を3位にしたということなのでしょう。


そしてその後は、石井雪江嬢が5本の出演で主演が1本だけに対し、麻吹淳子は即戦力どころか日活の大エースになったという面白い結果になりました。

まあ、プロ野球でも必ずしもドラフト上位の選手か全て活躍できるわけではなく、下位氏名の選手でも大エースや絶対的4番になるのは頻繁にあることなので驚くようなことではありませんけどね。

ただ、残念なことに私は麻吹淳子の出演作は「女教師縄地獄」しか見ておりません。彼女のことはグラビアでしか評価できないのがちょっと残念です。



追伸)Y様 手紙は届いたでしょうか?まだ届いてないとすれば手紙はどこかで迷子になっています。その場合は次の手を考えたいと思います。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU


新しいレスから表示

1. [→604] Re: 麻吹淳子情報  いし : 2020/10/01(Thu) 17:00 No.605 
ぢーこ様
 早速の詳細メモリアル恐れ入ります。ぢーこ様は、まさに「生き字引」です。
SMがさほど縁がなかったため、麻吹さんの作品は見たことがなく、情報も「グラマーなSM女優」くらいでした。

またオーディションをドラフト会議になぞられてのご考察、さすが!!思いもしませんでしたが、なるほどと同感しています。石井雪江は高卒で将来への投資的な優勝、麻吹さんは即戦力ですか。そしてそのとおりになっているのが、面白いですね。それにしても19歳、、、若いです!!
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
2. [→604] Re: 麻吹淳子情報  匿名希望Y : 2020/10/04(Sun) 23:59 No.606 
ぢーこ様 ご丁寧なスレ書き込み有難うございます。まあ私には難しい事は良く分かりませんが麻吹淳子さんデビュー時の逸話は当事者のみ知る事情が有ったんでしょうかねえ!
件の第1回女優オーデションでは優勝の石井雪江さんと準優勝の上野友里さんばかりマスコミの目が向いたと思いますが、最終選考に残った5人の内真ん中の女性は本当に麻吹淳子さんで間違い無さそうですねえ。残念ながら当時麻吹さん主演映画はリアルタイムでは観れませんでした。雑誌のモノクロ記事が無限の妄想を掻き立てた?状態でしたから。日活側としては優勝者には「二十歳そこそこの娘さんの方が話題に事欠かない」との思惑も働いたかも知れません。当然最終選考に残りあの姿を報道陣に公開してくれた5人の応募者には出演オファーが有ったと思います。(あくまでも私感ですが) 当時の事を思い出せば石井さんより上野さんに多くの日活映画に出演して欲しかった思いが有りました。
なぜ彼女が1本の映画にも出演する事無く業界を去ったのかは今となっては神のみぞ知り得る事でしょうか?以前ぢーこ様が投稿された様に「親の激しい叱責にあった」「彼氏の猛反対にあった」「待遇面で折り合いが付かなかった」etc 憶測は尽きません。
いずれにしても当時の私にはチョットどころか相当刺激が強い雑誌記事でいまでもトラウマ状態です。

> 追伸)Y様 手紙は届いたでしょうか?まだ届いてないとすれば手紙はどこかで迷子になっています。その場合は次の手を考えたいと思います。
ぢーこ様 手紙まだ着きません。以前のファイルに貴殿の住所が残ってましたのでアドレス変更のハガキを送りました。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. Re: 麻吹淳子情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/06(Tue) 23:52 No.607 
いし様

>ぢーこ様は、まさに「生き字引」です。

いやいや。ネット上の情報と映画の友の記事を利用しているだけです。私が記憶しているのはほんの僅かですよ。


>SMがさほど縁がなかったため、麻吹さんの作品は見たことがなく、情報も「グラマーなSM女優」くらいでした。

私もSMは苦手でしたから麻吹淳子の出演作はほとんど見ていません。それに「好きな女優」でもなかったです。彼女は確かに巨乳でしたが、「美乳」ではなかったですから。そして実際の歳よりも更けて見えたのもその一員だったと思います。


Y様

>以前のファイルに貴殿の住所が残ってましたのでアドレス変更のハガキを送りました。

すいません、お手数をおかけします。私は自宅に帰るのが1週間に1日の生活をしておりますのでメールを送れるのは日曜日くらいになると思います。

私の送った手紙ですが、「あて所に尋ねあたりません」として戻ってきてしまいました。よく見ると住所の町名までは合っていたのですが、番地が全然違っておりました、住所録の違う段の番地を書いてしまったようです。全くの不注意ですね、トホホです。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
4. [→607] Re: 麻吹淳子情報  いし : 2020/10/11(Sun) 21:30 No.608 
ぢーこ様
 いやいやいや、すごい緻密な情報収集と記憶力に敬服の一語です。麻吹淳子評、私も同感です。もっと年上に見えましたね。私の中での歴代女優総合ランクは、@石井雪江 A太田あや子 B寺島まゆみといったところです。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
5. [→608] Re: 麻吹淳子情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/15(Thu) 11:10 No.609 
いし様

>私の中での歴代女優総合ランクは、@石井雪江 A太田あや子 B寺島まゆみといったところです。

なるほど。若い人が並びましたね。

私の場合は沢山見過ぎてなかなかランク付けが難しいです。その中で挙げるとすると・・・・。

まず、「可愛いさ」から言うと原悦子ですね。あまり本数は観ていませんが当時は憧れの存在でした、とにかく可愛いかった。今改めて見るとそれ程でもないんですけどね。

見た本数から言うと宮井えりなでしょうか。「団地妻 狙われた寝室」は劇場で4回くらい見たような気がします。

エロさ、で言うと三条まゆみですね、日活じゃないですけど。この人も好きでした。ちょっとポッチャリですが、巨乳でなおかつ美乳。美女タイプでもなく可愛いタイプでもないのですが、その顔つきはエロスを感じさせます。そして女子高生から人妻まで、純情な少女から男を食い物にする悪女まで演じてしまうその演技の幅の広さ。近くにピンクの上映館がなかったのであまり本数を見ることができませんでしたが、よく帰省の途中に近畿地区で途中下車して見に行ったものです。


逆にあまり好きでない・がっかりな女優となると、八城夏子・風祭ゆき・麻吹淳子・風間舞子が挙げられます。

八城夏子は「レイプの女王」と言われてましたが、主演の「犯す」を見てがっかりでした。エレベーターの中で蟹江敬三にレイプされてしまうのですが、顔にガムテープを貼り付けられたせいもあって犯される表情になっていません。

風祭ゆきも八城夏子の後の「レイプの女王」でしたが、「赤い通り雨」「美姉妹 犯す」はよかったものの、その他の作品では悲壮感が全然感じられない。

麻吹淳子については上記に書いた通りです。

風間舞子は当時は「年増のおばちゃん」に見えてしまい、全く見る気がしませんでした。それでも最近「あそばれる女」を見たのですが、これが意外にいい。渓流の中でレイプされてしまうのですが(もちろん全裸)、これがエロい。良い表情してました。
年を取ると女優さんの好みも変わってくるものですね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
6. [→609] Re: 麻吹淳子情報  いし : 2020/10/15(Thu) 19:59 No.610 
ぢーこ様

あ!若い子好きなのは今も昔も変わってないことに改めて気が付きました(笑)

原悦子は当時大人気でした。学園祭にも掛け持ち出演していた記憶があります。私はどうもあんまり(笑)

三条まゆみは見た記憶がないんです。演技派なんですね。

風間舞子ですか、、、確かに「おばちゃん」という印象かも??

衝撃的だったのは、アイドルだった小森みちこです。アイドル時代から美脚に目が釘付けでしたが、まさか脱ぐとは、、、!
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
7. [→610] Re: 麻吹淳子情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/16(Fri) 21:22 No.611 
いし様


>三条まゆみは見た記憶がないんです。演技派なんですね。

そうでしたか。演技についてはウィキペディアなどではあまり褒められていないみたいです。演技よりもエロの方が目立っていた感じです。


>衝撃的だったのは、アイドルだった小森みちこです。アイドル時代から美脚に目が釘付けでしたが、まさか脱ぐとは、、、!

「あんねの子守唄」でしたよね。見た覚えはありますが内容は全く覚えていません。小森みちこ、可愛かったのはよく覚えています。ただ、アイドルの時代は全く知らないので、衝撃はそれ程なかったです。

元アイドルといえば畑中葉子でしょうか。彼女、歌手時代に「映画の友」の表紙を飾ったことがあるのですが、それが本文の方に載ることになるとは・・・・です。

あと、天地真理と今陽子ですね。お二人とも私が小学生の頃に大ブレイクしていたのに・・・・、まさかまさかのロマンポルノ出演となりました。ただ、「魔性の香り」「蕾の眺め」は見ていません。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
8. [→611] Re: 麻吹淳子情報  いし : 2020/10/17(Sat) 10:19 No.612 
ぢーこ様

>演技よりもエロの方が目立っていた感じ
それは貴重な女優さんです。港まゆみはエロいなあと思いましたが、そういえば寺島まゆみも、、、「まゆみ」にはエロい女優さんが多いってことですね(笑)

>アイドルの時代は全く知らない
キャンディーズの妹分的存在としてトライアングルという三人組のグループで活動していました。3人の中では際立って美形でしたよ。しかもこのグループ、今ではありえないくらいの超スーパーミニスカで、たっぷりと目の保養をさせてくれましたが、当時はまだマイクのコードがあった時代ですので、歌の途中でマイクコードが小森みちこのミニスカにひっかかって、スカートがめくれ上がったことがありました。慌ててスカートを押さえてコードを直す小森みちこ。当時10代だった私はその姿に大興奮!! その後、歌もそぞろでトライアングルの出番が終わったあと、夢の世界へ誘われたことをよく覚えています(笑)トライアングルはYouTubeで見ることができますので、未だに時々ひとり楽しんでおります(笑)
思えば「白く濡れた夏」の2度目のレイプシーンで雪江が緊縛されてスカートを高々とめくりあげられ悲鳴をあげるシーンに大興奮したのも、私の趣味を物語ります(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
9. [→611] Re: 麻吹淳子情報  いし : 2020/10/17(Sat) 11:08 No.613 
追伸です

 畑中・天地・今、、、懐かしいメンバーです。ただ、私も見てないです。若い子が好きなんだな、と改めて思った次第です(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
10. 麻吹淳子さんと・・・  シネポ : 2020/10/17(Sat) 11:14 No.614 
ぢーこ様、いし様、匿名希望Y様、いつもありがとうございます。
なかなか、わたしが参加できなくって申し訳なく思っているのですが、つい日常業務を優先してしまい、お三人様にここはお任せしちゃえ、いう感じになってしまっています。すいません。
ただ、この掲示板が凄く充実してきているなというのは実感しています。感謝申し上げます。

以前、関西地域では他地域よりもSMものが良く入ったというのは書きました。
全盛期には、ほんとに毎週のように大阪市内にあった日活系の映画館では、どこかで必ずSM特集3本立てがやられてるというような状況でした。それでもお客様は入ったんですよ。お客様は飽きないのか? と疑問に感じるほどでした(笑)。
これも前に書きましたが、わたしが勤めておりました梅田日活劇場でも、よくやりました。ただ目先は変えようと、主演女優で括ったり、花と蛇シリーズで括ったり、監督で、あるいは若手監督VSベテラン監督といった感じにしたり、工夫はしましたが、やっぱり一番よく入ったのは女優さん特集でしたね。監督括りというのはいまいちでした。そりゃそうですよね、西村昭五郎と片岡修二の美学の違いなんて、お客様にとってどうでもいいことで、完全な自己満足でしかありえません(笑)。今は反省してます。
そして詳しい数字などからの根拠ではないんですが、実感として、女優さん括りで一番お客様からの評判、入りが良かったのは、やはり谷ナオミさんでした。
で、2番目が、麻吹淳子さん、だと思います。
そして3番目というか、麻吹さんと同等ぐらいかなというイメージなのが、高倉美貴さんでした。
高倉さん、今までここではお名前が出てきてませんが、梅田日活劇場では人気が高かったですね。
そんなことを思い出しました…。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:/XTP5GkasE
11. [→614] Re: 麻吹淳子さんと・・・  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/17(Sat) 22:16 No.615 
いし様

>キャンディーズの妹分的存在としてトライアングルという三人組のグループで活動していました。

ウィキペディアなどで調べてみましたが、トライアングルというのはやはり記憶にないです。でも「キャンディーズの妹分的存在」ということはかなり活躍していたのでしょうね。ただ、あれだけ可愛くてもアイドルとしては「普通」でしょうからトップアイドルにはなれなかったみたいですね。
本名が「森光子」、当時「映画の友」か何かに書いてあったのを思い出しました。


シネポ様

>つい日常業務を優先してしまい、お三人様にここはお任せしちゃえ、いう感じになってしまっています。すいません。

いえいえ、日常業務を優先させて下さい。日常業務が忙しいというのは結構なことです。


>監督括りというのはいまいちでした。そりゃそうですよね、西村昭五郎と片岡修二の美学の違いなんて、お客様にとってどうでもいいことで

確かに・・・。私もロマンポルノを見ていた頃は監督なんて全く無視しておりました。監督による作風の違いなんてどうでもよかったです。ただ、「エロければそれでいい」という感覚でしたね。未だにどの作品がどの監督の作品かなんて結びつけることができないです。

まあ、40歳くらいからピンクを見るようになってからはかなり「監督」というものを意識するようになりましたけど・・。


>高倉さん、今までここではお名前が出てきてませんが、梅田日活劇場では人気が高かったですね。

麻吹淳子の後釜が高倉美貴でしたよね。出演作を見たことはありませんが、この人も巨乳だったような・・・・。それにしても関西はSM好きな人が多いのだと関心させられます。関西人気質とどういう関係があるのでしょう?
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
12. [→615] Re: 麻吹淳子さんと・・・  いし : 2020/10/24(Sat) 09:05 No.616 
シネポ様
 ぢーこ様のおっしゃるとおり、業務優先でお願いします。年末に向けてコロナも重なりお忙しい時期だと思いますので。

ぢーこ様
 たしか「ミッチ」が愛称でした。撮影の際には胸を揉まれた後で泣いたそうです。他にもそういう女優さんはいたようですが、これは本当でしょうか。それとも純情を謳うための「エピソード」ですかね。ちなみに雪江はそういう話がありません。「レイプハリケーン」のレイプの後でひとり雨にずぶ濡れになりながら引き裂かれた衣服を手に呆然と立ち尽くし泣きじゃくるシーンがあります。「白く濡れた夏」も2度目のレイプのあと、泣きながら池波さんに謝るシーンがありましたが、どちらも上手くなかったです。このあたりのリアリティが雪江に欲しかったのですが、、、。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
13. [→616] Re: 麻吹淳子さんと・・・  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/27(Tue) 11:57 No.617 
いし様

>これは本当でしょうか。それとも純情を謳うための「エピソード」ですかね。

「映画に出演するまではバージンだった」ということも言ってたみたいですね。元々アイドルの扱いだったのですから、その路線を踏襲しているような気がします。男性経験があったと言ってしまえばアイドルとしては価値が下がってしまいますからね。
「胸を揉まれた後で泣いた」というのも、実際にあったかも知れませんが何だか強調されているような気がします。


>どちらも上手くなかったです。このあたりのリアリティが雪江に欲しかったのですが、、、

私は俳優(女優)さんの上手下手はセリフ回しで分かると思っています。彼女はそれまで演技の勉強をしていなかったのですからすぐにセリフ回しが上手くなるとは思えません(天才的に教わらなくても出来る人もいますが)。もっと多くの作品に出演していったら上手くなっていったと思うのですが、僅かの出演だけで辞めてしまったのは残念です。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
14. [→617] Re: 麻吹淳子さんと・・・  いし : 2020/10/29(Thu) 13:31 No.618 
ぢーこ様

 なるほど、確かに!と小森みちこに関するご見解を読んで納得しました。元アイドルとしてはそういうことにしておいた方が、よりリアルですものね。

 雪江についても多くの場数を踏めば更に、、、ということですね。これもまた納得です!もったいなかったです、、、。今ヤフオクで「石井雪江●切り抜き●女優 グラビア 昭和レトロ●お宝」として出品されていますが、これとGOROのTバックのグラビアが一番美人に写っていると感じますがいかがでしょうか。特にのけぞるカットは首筋から背中、そしてヒップから脚線美までと、実に「美しい!セクシー!!」の一言です。正座している雪江も美女度が高い表情です。私はグラビアの中ではこの2枚が一番興奮度が高く、「一生もの」です(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
15. [→618] Re: 麻吹淳子さんと・・・  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/10/31(Sat) 23:30 No.619 
いし様

>今ヤフオクで「石井雪江●切り抜き●女優 グラビア 昭和レトロ●お宝」として出品されていますが・・・・

うん、確かに美しい!!当時19〜20歳ですからね。
上を見ている写真、ヒップラインも美しいのですが、写している角度のせいか脚が無茶苦茶長く見えますね。躰の1.5倍くらいに見えてしまいます。

GOROにプレイボーイ、当時は引っ張りだこだったみたいですね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
16. [→619] Re: 麻吹淳子さんと・・・  いし : 2020/11/08(Sun) 13:21 No.620 
ぢーこ様

 遅くなりました。
美しいですね。10代の女性特有のエロスがたまりません(笑)
おっしゃるように、雪江は撮り方もあるのですが、非常に脚が長く美脚です。「映画の友」にも「自慢の長い脚を抱え込まれて激しく繰り広げられるレイプシーンは圧巻!」と紹介されているほどです。
今でも十二分に通用するルックスとスタイルに改めて私の目は釘付けです。石井雪江、一体どれほど多くの男性の股間を熱くしてきたことでしょうね(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg




石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/16(Wed) 11:37 No.576 
実は私、現在「映画の友」を30冊程持ってます。ある目的の為に集めました。
その中に昭和54年12月号があります。ここに石井雪江嬢の情報が載ってました。
題名は「ロマンポルノ新人女優の将来性は?」というもので、石井雪江・倉吉朝子・赤木理恵・芽樹あやこ・波乃ひろみについてその将来性や演技の様子などが書かれておりました。

その中で当然石井雪江の記事に注目していたのですが、抜粋すると次のことが書いてありました。

*********************
まず、自分の仕事に納得して、誇りをもっている。だから、監督のいわれるままにではなく、自分で考えて演技をしているし、当然のことながら脱ぎっぷりもいい。
新人女優の場合は、裸のシーンやファックシーンになると、恥ずかしがったりするものだが、彼女にはそういうところは全く見られなかった。
(中略)
セットを訪れたとき、”男にあげるシーン”の撮影をしていたが、最初はキス・シーンなんかでも、軽く唇を合わせるだけであったが、次第にノッてきて、監督のいわれたわけではないのに、舌を絡ませるハードなものへと変わっていった。
*********************

というものです。
私が当初、彼女の引退理由として「監督の演技要求に応えられない」とか「羞恥心に耐えられない」のではないかという推測を書き込んでいましたが、この記事によって完全に否定されてしまいました。


さらに

*********************
「いためつけられて、映画を見た人に”かわいそう”と同情されるような役が好き」
と語っていたことがあるが・・・・・・・・
*********************

と書いてあるのです。
これにより我々が最後に推測した、「ハードなレイプシーンにおじけ付いてしまった」のではないかという事柄も完全に否定されてしまいました。


もっとも、「この記事を鵜呑みにすれば」ということになります。この記事では彼女はかなりの期待を持って書かれています。「将来有望」とされていたのですが、実際には彼女は引退してしまった訳でこの記事のどこかに実際とは矛盾することがあったのかも知れません。


とは言っても記事は記事ですので、これで「彼女の引退理由」についての推測は振り出しに戻ってしまったという感があります。

もう、訳が分からなくなってきました(涙)
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU


新しいレスから表示

1. [→576] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/17(Thu) 17:19 No.577 
ふーむ・・・
「映画の友 1979.12」ですが、読んだはずなのに全く記憶にありません。やはりグラビアしか眼が行っていなかったのでしょう、我ながらお恥ずかしい
(苦笑)

そうですか、そんな貴重な内容が掲載されてるのですか。うーん、確かに「ふてぶてしい演技してると言われた」とか「いたぶられて同情されたい」とか、他のインタビュー記事でも雪江が発言していました。ぢーこ様おっしゃるように、そんな雪江に引退を決意させる他の何かがあったのでしょう。だとすれば、相当な何かの理由ということになりますね。

@彼氏に引退を勧められた
A最初は自分から積極的に踏み込んだ演技をしたり、いたぶられて同情されたいと思い、実際にそれを積み重ねたが、積み重ねるうちにやはり男の性欲の生贄として全国に自分のヌードやレイプシーンがばらまかれるにしたがって、やはりおじけづいた。最初の自分はしょせんは強がりだったということに気が付いて、引退した。

このどちらかかなあ、と今、勝手に推測しています(笑) Aですかねえ・・・。「スケバンマフィア」で全く脱いでいないことを考えても・・・

うー、謎が深まります。ここまで我々を悩ませたり興奮させたり、石井雪江、大した女です(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
2. Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/18(Fri) 09:44 No.578 
ぢーこさんへ
グーグルで検索中に偶然このサイトに辿り着きました。
石井雪江さんの話題で盛り上がっていますけど
当時の日活女優さん(当時は漢字表記の社名でしたが)
には思い出が多々あります。
確か彼女は第1回日活女優オーデションで優勝してデビュー
された女優さんですねえ。
当時オーデションの最終審査はビキニ姿でその後トップレス審査
があったかと思われます。大勢の審査員、プレスのカメラマンたちの前で
と審査は勇気の要ることだったでしょうが、
私は当時ニキビ少年だったので悪ガキ、マセガキ連中と雑誌片手に
「準優勝のお姉さん方が良い?」「いや(予選落ちした)右端のお姉さんが良い!」なんて他愛も無い事を言っていた頃でした。
まあ年齢的に当時はそんな映画観る事は夢の又夢でしたから。遂に彼女の出演した映画は
リアルタイムでは観る事が出来ませんでした。
又掲示板でお話しましょう
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
3. [→578] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/19(Sat) 11:08 No.579 
匿名希望Y様

レス、ありがとうございます。


>グーグルで検索中に偶然このサイトに辿り着きました。

私も、「石井雪江」で検索をかけていたらここに辿り着いた次第です。私のロマンポルノの思い出は石井雪江嬢だけではないのですが、いし氏・シネポ氏と意気投合してしまい、いつの間にかこんなに大きな「石井雪江掲示板」が出来てしまいました。



>当時オーデションの最終審査はビキニ姿でその後トップレス審査があったかと思われます。大勢の審査員、プレスのカメラマンたちの前でと審査は勇気の要ることだったでしょうが、

当時の様子を記事にした映画の友昭和54年5月号が手元にあります。この時の応募総数は322人だったそうです。その数年前にオーディションを開いた時には数人の応募しかなかったそうです(別の映画の友からの情報)。この頃から世の中の「性」への関心が変わっていったような気がします。とは言え大勢の前でトップレスになるのはかなり勇気の要ることだと思います。しかもその先には「ポルノ女優」というもっとハードな世界が待っているというのに・・・。


>私は当時ニキビ少年だったので悪ガキ、マセガキ連中と雑誌片手に「準優勝のお姉さん方が良い?」「いや(予選落ちした)右端のお姉さんが良い!」なんて他愛も無い事を言っていた頃でした。

ということは中学生くらいの時でしょうか?
いいですよね、少年が友人とロマンポルノの話題で盛り上がれるのは。私は腹を割ってロマンポルノを語り合うような友人は全くいませんでしたから、誰にも話すことが出来ず悶々とした青春時代を送っていました。いし氏もそうですが、匿名希望Y様羨ましいです。



それにしても石井雪江嬢凄いですね、彼女の話題だけでこんなに人が集まってくるなんて・・・。
やはり、素人さんがいきなりロマンポルノ女優になるってことは当時は一大センセーションだったのですね。


>又掲示板でお話しましょう

こちらこそ。
よろしくお願いします。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
4. 石井雪江さんの記事は…  シネポ : 2020/09/19(Sat) 17:39 No.580 
匿名希望Y様、書き込みありがとうございます。
すごく嬉しいです。
日活の女優さんには思い出が多々おありとのこと、ぜひそれらをお聞かせください。お時間に余裕のあるときに、また書き込んでいただければと思います。
どなたの名前が出てくるのか、楽しみにしております。今後ともよろしくお願いいたします。


ぢーこ様、いし様、いつもありがとうございます。
以前、いし様とのやり取りの中でも書かせてもらったんですが、映画公開を控えてのメディアでのインタビューというのは、基本的には作品や会社の不満は載らないと思います。そこは配給会社としての日活の意向も反映されていると考えた方がよいと思います。
今でも主演作品公開間近になると、ビッグ俳優が恥ずかしげもなくテレビのバラエティー番組にまで出まくって、素晴らしい作品ですのでぜひ映画館で見てくださいと言いまくってますもんね。

これはぢーこ様が書かれていたことで、わたし自身も初めて知ったのですが、「映画の友」という雑誌のみがロマンポルノの撮影現場までの取材が許可されていたというなら、よけいに日活への忖度(笑)で、石井雪江さんが不満、あるいは不安を漏らしたというのは、記事にはできないですよ。
当時の日活関西支社の広報担当だった方は、関西のスポーツ新聞の芸能担当記者と宴席をよく持ったとおっしゃってましたからね。やはりそこらあたりは、昔ですから、持ちつ持たれというのはあったでしょう。

じゃ、石井さんの真意は…?
もう「噂の真相」とかそういった類のメディアでなければ出ないかもしれませんね。あるいはご本人の回顧録とか。あっ、これはないか(笑)。
いし様が書かれているように、最後の作品で脱ぎがないというのは、日活ではやはり異例の扱いだと思うんですよね。それがご本人の強い希望だった、としか考えられない気がします。

ぢーこ様、いし様、匿名希望Y様、続いてよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
5. [→580] Re: 石井雪江さんの記事は…  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/19(Sat) 19:08 No.581 
石井雪江嬢の引退理由、この3日ほど頭をよく冷やして考えてみました。こうなってくると憶測しか出てきませんが・・・・。



一つ考えたのが実家の喫茶店。彼女がロマン女優になったことで当然のことながらこの喫茶店にも注目が集まったことと思います。
喫茶店にも色々あると思います。落ち着いた雰囲気のある店、ビジネスマン向けのいい立地にある店、賑やかな店、女性に人気のあるお洒落な店・・・・。私はあまり喫茶店には行かないので詳しく述べることはできませんが・・・。

もし彼女の実家の喫茶店が「女性に人気のあるお洒落な店」だったらどうでしょう?当時の日活ロマンポルノは女性に対しての市民権はまだ得られていなかったと思います。彼女がロマンポルノ女優になったことで女性の常連客が眉をひそめることがあっても不思議ではないでしょう。

まあ、これについての可能性はゼロに近いかも知れませんけどね。



もう一つは・・・・

以前、私がネット上で彼女のインタビュー記事を見つけ、「私、バージンなんです」と発言していた事をここに書いた時、いし様が「それは会社に言わされた」という別の記事のことを仰っていました。この辺にヒントがありそうな気がしてきました。

日活は彼女を売り出すために映画に出演させるだけでなく、色々な雑誌に送り出しています。当然、インタビューも沢山受けていると思います(この辺はいし様が詳しいはず)。この時会社は彼女に対し「○○とか△△とか言うように・・・」とか「××のことは言わないように・・・」とか言葉を制限していたのではないかと思います。これは統制とかいうのではなく、日活が彼女をスターにしたいが為にイメージ作りをしたかったのではないか。まだ彼女はインタビューの受け答えも慣れていないからその辺のフォローもあったのではないか?

ところが彼女はテレビ出演であてがわれた彼氏の事を「肉体関係はないです」とうっかり喋ってしまうほど根が正直です。嘘をつくのが下手、いや嘘は大嫌いな性格なのかも知れません。

インタビューや色々なところでの発言が会社の方針に沿うもので、その結果彼女の女優としてのイメージが実際の自分とどんどん乖離していくのが嫌だったのではないでしょうか。


・・・・なんて事を考えてみましたがどうでしょう?
憶測のまた憶測ですけどね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
6. [→580] Re: 石井雪江さんの記事は…  いし : 2020/09/19(Sat) 21:48 No.582 
皆さま有難うございます。

匿名希望Y様
これからよろしくお願い致します。ニキビ少年たちが集まって少し年上のお姉さんたちが載っている雑誌を鑑賞しながら「品定め」ですか〜いいですねえ。性春そのものです。私も経験がありますが、みんなで一冊の雑誌を囲んで「こっちのオンナが最高!」「おっぱいデケー!!」とかワイワイ言い合うの、興奮度倍増しますよね(笑)
2位になったのは石井雪江の友人の女子大生・横山友里子さんですね。確かに美人!結局デビューは親御さんの反対にあい実現しませんでしたが、、、。3位が麻吹淳子さんでしたが、こちらの巨乳にも少年たちの注目が集まったことと思います。当時の少年たちの目に石井雪江がどう品定めされたか、ご投稿いただければ嬉しいです。リアルタイムでは石井雪江の作品はご覧になっていないとのこと。もしご覧になっていたら、Y少年、どんな感想を抱いたことでしょうか、、、

シネポ様
 お世話になります。いい感じに盛り上がってきました。嬉しいです!
雪江が脱がなかったのは引退作のひとつ前の作品ですが、それでもきわめて異例ですよね。やはり雪江の相当な「抵抗」があったのでしょうか。私が男優だったら、そんな雪江を脱がせる役をやってみたいところですが、私に限らず皆様そうでしょうか(笑)
引退作品でも女性たちにリンチされるシーンはあっても、男との絡みは確かなかったはず。そう考えるとやはりこれは相当強硬な雪江の「抵抗」があったと考えるのが妥当かもしれないのでしょうか?
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
7. [→581] Re: 石井雪江さんの記事は…  いし : 2020/09/19(Sat) 22:03 No.583 
ぢーこ様
 続々とお仲間誕生、うれしいですね!


> 一つ考えたのが実家の喫茶店
そうですねえ、、、あるかもしれませんが、うーんどうなんだろう。さばけたお母さんのようですし、眉をひそめるお客がいたとしてもうまくかわしそうな気も、、、。

>彼女の女優としてのイメージが実際の自分とどんどん乖離していくのが嫌だったのではないでしょうか。
 あるでしょうね、それは。「目標とする女優さんはいないわ。私は私だから」とデビュー当初に発言していますから、「自分のイメージは自分で作る」というのが石井雪江の生き方だったはずです。そうなると、ぢーこ様の説は信ぴょう性ありますねえ。ただ、引退作品のひとつ前の作品で脱いでいない、引退作でも男との絡みがない、という事実は、「会社が私のイメージを作ろうとしている」ことに対する抵抗というより、「男達のエジキ」的な扱いをされることを望んで実際にそういう作品に幾つか出演したものの、やはりそれを重ねるうちにおじけづいてしまった、、、という雪江の気持ちを物語っているという気も、やはりしてしまいます。何度も頭をよぎっていますが、当時19歳という未成年ですしね。

それにしても、未だにこんなに多くの男性をヒートアップさせる石井雪江。一生ものです!!
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
8. Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/23(Wed) 02:08 No.584 
ぢーこ様、いし様、シネポ様早々のレス有難う御座いました。
特にぢーこ様 私の事を覚えていませんか?ずいぶん前に別サイトで少しお話させて頂いた者で当時のハンドルネームは緑山(みどりやま)でした。件のサイトは閉鎖されて久しくなりますが、時を同じくして貴殿とのメールのやり取りも途絶えましたけど、どうされているかなあと時々当時を思い出していました。良かったら又情報交換しましょう!!
いし様 詳しいレス有難うございます。貴殿の書き込み読むと当時の事を思い出し気分まで若返ります。当時の私達マセガキ連中は「ロマポ」はもとよりプレイボーイ、パンチなんて雑誌も到底買えない年代でしたから上の兄が隠して買っていた男性誌が唯一の情報源でした。当時の主な女優さんの顔と名前は大体知っていました。当時はピンクレディー、キャンディーズ、山口百恵なんてアイドル歌手全盛期でクラス男女の主な会話は歌謡番組で誰が出演するかといった話題が中心でした。好きな歌手が出演する日はテレビ欄チェックして朝から話題の中心でした。そんな中我々のメンバーの会話は日活女優さんだった訳で・・そんな中で偶然目にした雑誌記事が件の「日活女優オーデション」であり最終のトップレス審査の記事での石井雪江さんの優勝記事と準優勝の横山友里子さんの記事。どっちの方が好きかなんて話題もさる事ながらこの審査会場に立ち入れた日活関係者や雑誌記者の面々すねえ。生で彼女らの・・・を拝めたのですから。雑誌記事がモノクロ記事だった事も男子の無限の妄想を駆り立てた要因だったかも知れません。
上野友里子さんがデビューしなかったのは情報不足で知りませんでした。けど多分親御さんの猛反対にあった事でしょう、容易に推測されます。
当時ニッポン放送の夜中の番組を聴いていたら女性パーソナリティーの番組に件の「日活新人女優オーデション」の話題が出て視聴者からのハガキに「今の女性は人前でヌードになるのは何とも思わないのでしょうか?」「○○さん(女性パーソナリティー)日活映画に出演されては如何ですか?」と言った内容の投稿がありました。女性パーソナリティーは少し恥ずかしそうに「あの、私はとても人様にお見せできる体ではありませんので、この優勝されました石井雪江さんの映画を観て楽しんで下さい。」と言った事が妙に記憶に残っています。
シネポ様 貴重なサイトを提供して下さり本当に有難うございます。今後も末永く宜しくお願いします。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
9. [→584] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/23(Wed) 16:03 No.585 
匿名希望Y様

>私の事を覚えていませんか?ずいぶん前に別サイトで少しお話させて頂いた者で当時のハンドルネームは緑山(みどりやま)でした。

おお!緑山様でしたか、よく覚えております。映画の友のグラビアを載せて送って頂いたCD、ちゃんと手元にあります。私がこの掲示板に載せた宮井えりなや幸早苗のグラビアは緑山様からいただいたものです。
あと、私のPCの住所録には緑山様の住所やアドレスなどのデータも残っておりました。当時から引っ越しとかアドレス変更などされていなければ連絡とれますよ。



>石井雪江さんの優勝記事と準優勝の横山友里子さんの記事。どっちの方が好きかなんて話題もさる事ながら・・・

手元にオーディションの記事が載った「映画の友」があるのですが、横山友里子さんも美人ですねぇ(そりゃ300余人から選ばれたのだから美人なのは当たり前だけど)。デビューしなかったのは勿体ない!
で、この横山友里子さん、よ〜く見ると誰か(ロマンポルノ・ピンク女優)に似ているような気がするのですが、ちょっと思い出せない。




いし様

シネポ様が書かれているように、映画の友が日活に対し「忖度」があったとすると石井雪江嬢の本音がどこにあるのか分からなくなってしまい、結局は我々が想像することしかできないようです。「永遠の謎」があってもそれはそれで良いのかも知れませんね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
10. Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/23(Wed) 19:48 No.586 
ぢーこさんへ
覚えていてくれましたか?久し振りです。最後に連絡を取ったのが10年以上前になりますねえ。私も紆余曲折を経て今現在に至ります。まあ随分色々有りました。
早速連絡を取りたいのですが、メルアドをどうやって交換しますか?私も当時のアドレスはずいぶん前に切り替えました。当然ぢーこさんご存知のメルアドに送っても私には届きません。本サイに書いて公開されると少しまずいので、そこでどうでしょうか、私の住所は変更ないのでぢーこさんからハガキ連絡でもできませんか?絵葉書でも何でも構いません。裏面の片隅にさりげなくメルアド書いて送って頂けたらすぐ折り返し連絡します。
シネポ様 済みません個別の連絡に掲示板利用させて頂いていますが、どうしてもぢーこさんに連絡取りたいので。連絡ついたら削除して頂いて構いません。宜しくお願いします。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
11. [→585] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/24(Thu) 12:52 No.587 
拡大 横山友里子.jpg
すいません。
上の投稿で横山友里子さんの写真を載せるのを忘れておりました。

誰かに似ているのですが・・・・




匿名希望Y様

了解しました。郵便で送ります。

[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
12. [→587] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/24(Thu) 17:19 No.588 
匿名希望Y様
 確かにこの会場にいた審査員マスコミ関係者の面々、羨ましいの一言です。「映画の友」にも掲載されていますが、審査の際に石井雪江が頭の禿げたオジサンのインタビューを受けながらブラジャーを取る場面の写真、オジサンがわざと??視線を遠くにそらしているのが笑えます。誰よりも早く石井雪江のバストを至近距離で見られるのに、照れくさいのでしょうか、それとも見てしまったら思わず手を伸ばしてしまう欲望に負けそうになるからか・・・(笑)モノクロというのも確かに少年たちの想像力を掻き立てる要素ですよね。当時Y様は中学生くらいでしょうか・・・

ぢーこ様
 これ、いい写真ですね。横山さんは樹れい子、マリア茉莉あたりに似てます?でもピンク映画の女優さんか、、、。名前を変えてもしかしたらご本人が出演していたとか?
それにしてもこの写真の雪江、美人でセクシーです!ぢーこ様がもしこの場にいらしたら、この後、雪江をどのような映画に出演させますか?
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
13. [→588] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/24(Thu) 20:23 No.589 
いし様


>オジサンがわざと??視線を遠くにそらしているのが笑えます。

そりゃそうでしょう、ステージの上ですからね。いくら石井雪江嬢の美乳が目の前にあるといってもマジマジと眺めていたら進行が止まってしまいますよ。即座に「スケベオヤジ」に認定されてしまいます(笑)
本人はじっくり見たい一心でしょうけどね。


>ぢーこ様がもしこの場にいらしたら、この後、雪江をどのような映画に出演させますか?

この写真を見ていたら石井雪江嬢よりも横山友里子さんの方が私の好みにあう見たいです(裏切った?)。横山さんにはサスペンスタッチの映画に出演して欲しかったですね。
石井雪江嬢はどうでしょう?コミカルな作品が案外合うのではないかと思います。


それにしても横山友里子さん、何か私の記憶にどうしても引っ掛かってきます。それが誰なのか未だに出てきません。ひょっとしたら私の同級生によく似た子がいたのかも知れません。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
14. [→589] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/25(Fri) 08:39 No.590 
ぢーこ様

>本人はじっくり見たい一心でしょうけどね。
目の前ですものね。男なら誰しもそうなります(笑)

>コミカルな作品が案外合う
おお、斬新なご意見です!私はフィギアスケーター役をやらせてみたいです。実際、中2まで?やっていたようですし。

>私の同級生によく似た子がいたのかも
もやもやしますね。私の同級生や近くの店の店員さんに雪江に似た子がいますので、案外横山さんも同級生似かもしれません。エキゾチックなルックス印象的です。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
15. [→590] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/25(Fri) 12:07 No.591 
いし様


>私はフィギアスケーター役をやらせてみたいです。実際、中2まで?やっていたようですし。

そうなんですか、フィギュアスケートとはなかなか粋なことをしてたものですね。フィギュアスケートを取り入れたロマンポルノ、斬新で面白いと思います。

そもそもロマンポルノ作品でスポーツを取り入れた作品はあまりありません。思い出すのは山口美也子主演の「ホールインラブ・草むらの欲情」と「エロス学園 感度ばつぐん」(小川亜佐美が陸上のハードルの選手)くらいしか浮かびません。こういったスポーツを取り入れた作品は俳優さんはそのスポーツでは素人なわけで、そのスポーツシーンがどうしても陳腐に見えてしまいます。

石井雪江嬢がフィギュアスケートをやっていたとは初耳ですが、中2までやっていたのなら演技をさせてもサマになったでしょう。彼女がもう何本か出演作があったのなら、フィギュアスケートを中心とした作品できたかも知れませんね。ただ、予算的にかなり苦しいかも知れませんが。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
16. フィギュアスケートか♪  シネポ : 2020/09/25(Fri) 17:40 No.592 
ぢーこ様、いし様、匿名希望Y様、続いての書き込みありがとうございます。

フィギュアスケートのロマンポルノ、あったらよかったでしょうね。考えればワクワクします。
主演はもちろん、石井雪江さん。そして特別出演で、ジャネット・リンさん。ハハハ…、まさに氷上の名花ですね!

ぢーこ様、スポーツを題材にしたロマンポルノ、結構ありますよ。
『宇能鴻一郎の女体育教師』1979年、監督:小原宏裕、主演:鹿沼えり。女子体操競技です。
『女体育教師 跳んで開いて』1981年、監督:小原宏裕、主演:朝比奈順子。新体操です。
『聖子の太股 ザ・チアガール』1982年、監督:川崎善広、出演:寺島まゆみ、森村陽子、青木美穂。チアリーディングです。
『宇能鴻一郎の濡れて打つ』1984年、監督:金子修介、主演:山本奈津子。テニスです。
『美少女プロレス 失神10秒前』1984年、監督:那須博之、出演:山本奈津子、小田かおる、美野真琴、井上麻衣、清水季里子。女子プロレスです。
そして正確にはロマンポルノではなく、日活買取・配給作品ですが、
『はみ出しスクール水着』1986年、監督:滝田洋二郎、出演:清里めぐみ、森田水絵。シンクロナイズドスイミングです。
『寝技ギャル 後ろから一直線』1987年、監督:北村武司、主演:清里めぐみ。女子柔道です。

ざっと思いついただけでもこれぐらいあります。もう少しあるような気がしますが…。
そういえば昔、梅田日活劇場でも「スポ根ロマンポルノ特集」をやった記憶がありますよ(笑)。

では、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:N5/1JMlWGs
17. [→592] Re: フィギュアスケートか♪  いし : 2020/09/26(Sat) 10:04 No.593 
 意外とスポーツポルノあるもんですね、びっくりしました。「聖子の太股」を、見たような見ないような記憶しかなく、情けない限りです笑
でも若い年頃の女優さんが大勢出演されるポルノですから、健康的な色気満載でいい題材ですよね。

 石井雪江はフィギアスケートと学校の部活ではテニスをしていたと読んだ記憶があります。お、どちらも題材になりそう(笑)

 雪江がリンク上でミニスカコスチュームをひらつかせながらイナバウアーしている姿を遠巻きにニタニタ盗撮するスケベおやじコーチ、、、なんてシーンから始まると案外いい映画になるかも(笑)
テニスを題材にしたポルノはいくつかありましたかね。大谷麻知子もそうだったか??記憶曖昧ですが。テニスコートで足をくじき倒れるミニスカユニフォームの石井雪江。心配そうに駆け寄り、内心ほくそ笑みながら雪江を抱きかかえて保健室へ運ぶスケベおやじ教師、、、なんてシーンも夢が広がります(笑)
太田あや子や寺島まゆみあたりを同級生で登場させればニキビ少年からオヤジたちまで、かなりオイシイかもしれません。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
18. Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/26(Sat) 10:14 No.594 
拡大 石井雪江 横山友里子ranzig05-img600x450-1369340314wqln1a88512-001.jpg
ぢーこ様 レス有難うございます、連絡待っています。詳しくはメールで話しましょう!
いし様 レス有難うございます。審査会場の日活関係者・記者当時の状況を思い出せば石井雪江さんの優勝記事と準優勝の横山友里子さんの記事もリアルに思い浮かべる事が出来るのではないでしょうか?
「当時Y様は中学生くらいでしょうか?」 いやぁ〜もう一つ下の学校の性徒(じゃなくて児童でした(笑!))まあマセガキばっかり2,3人集まって兄の机に隠してある雑誌みてワイワイ猥談していました。その連中の中でも特に私は早熟だったので当時の日活女優は熟知していました。件の審査会場の情景は話題に挙がったものでは無く私一人で思い耽ったモノでした。モノクロ写真と記事が想像を掻き立てました(他の参加者は?雑誌記者が撮影した写真の行方は←これが一番の関心事?)
当時の私の精神年齢では、女の人が大勢の男の人前でハダカになる状況が想像出来ない状況でした。同時期に新人日活女優さんの状況を報道していたのが@麻吹淳子さんの緊迫披露会。服着た淳子さんが登場後服脱がされ縛られた状況がモノクロ写真記事で掲載。服を着た普通の女性の麻吹さんが報道陣の面前で大胆な緊迫姿に変身する図は当時の子供には少し刺激が強すぎA写真は無かったのですが北川たか子さんが「ひめごころ」でデビューした頃の記事。「覚悟の上でロマンポルノ出演を決心したと思うが、そこはやはり女の子、記者会見で初めてヌード姿を披露した時に目には涙が・・」といった感じの記事が有りました。
ロマポに出演される女優さんもやはり一般女性と同じ女心の持ち主じゃあないかなと痛感した記事。(片桐夕子さんの初演時と同じ?詳しくは後日)
B一般映画雑誌「スクリーン」の一記事に「クリスチーナ・リンドバーグが来日!記者会見にて映画で見せた見事な肢体を公開との記事と横に約4cm四方のモノクロ写真で妖艶な姿の写真が掲載されていました。これも3行程度の記事と不鮮明なモノクロ写真が何とも言えない想像を掻き立てました
以上、レンタルビデオもスカパーもネット動画配信も無い昭和時代のマセガキがあらゆる手段を駆使して得た情報でした(他にもあるけど長くなるのでまた後日)
つまり要約すればロマポの新人女優デビューにはどうやら記者会見があるらしい。その時には新人女優さんは・・・な姿を披露させられるみたいだ。その会場に入れる関係者は役得というかラッキーな人たち
これが多感な頃知り得た貴重な情報でした。

[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
19. [→594] Re: 石井雪江新情報  ぢーこ ◆UyBusNhG7. : 2020/09/26(Sat) 23:03 No.596 
シネポ様

>スポーツを題材にしたロマンポルノ、結構ありますよ。

おっと、これは失礼しました。「スポーツを取り入れた作品はあまりありません」なんて断定的に言ってましたね。これはいけません、ちゃんと調べないと。

シネポ様が挙げて下さった作品のうち、見たことあるのは「宇能鴻一郎の女体育教師」だけです。ただ、元々宇能鴻一郎シリーズはあまり好きでは無く、何かの作品の同時上映で見たものです。鹿沼えりのレオタード姿と彼女が黒板に書いた超巨大な男のイチモツを見た生徒(大田裕子?)が失神してしまうシーンしか覚えていません。
女子の体操競技が題材ということですが、アクロバティックなことは出来るはずもなく、体操シーンの撮影は苦労したと想像できます。体操のシーンは全く覚えていません。


いし様

>テニスコートで足をくじき倒れるミニスカユニフォームの石井雪江。心配そうに駆け寄り、内心ほくそ笑みながら雪江を抱きかかえて保健室へ運ぶスケベおやじ教師、

そして保健室のベッドに寝かせ、足を怪我しているのに何故かユニフォームを脱がせるおやじ教師・・・・。と進んでいきますか?
これはもう宇能鴻一郎シリーズみたいですね(爆)



匿名希望Y様

アドレスを書いた手紙、もうすぐ届くと思います。

写真は週刊誌の記事ですか?かなり詳しく載っているみたいですね。私がUPしたのは「映画の友」の記事なのですが、情報不足で残念な記事なんです。できればその週刊誌?の文章も読みたいです。


>いやぁ〜もう一つ下の学校の性徒(じゃなくて児童でした(笑!))まあマセガキばっかり2,3人集まって兄の机に隠してある雑誌みてワイワイ猥談していました。

え〜、小学生の頃からとはそりゃ凄い!お兄様の影響がかなり強いですね、お兄様は当時高校生くらいでしたか?

私は高校2年の時に偶然「映画の友」を買ってしまい足を突っ込むきっかけになったのですが、このくらいのことでは「マセ度」は匿名希望Y様にはとてもとても適わないですね。
[返信]
[修正]
ID:Qa.A49VaoU
20. [→594] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/27(Sun) 13:42 No.598 
匿名希望Y様
 詳細に有難うございます。
何とも将来有望な児童だったんですね(笑)
確かに掲載されなかった写真の方が多いわけで、それらは、、、うーん、今からでもお宝として発掘されないものでしょうか。ワクワクします(笑)
@麻吹さんですか。それは小学生にとっては相当な刺激だったことでしょう。小学生でなくても刺激的ですから、、、。私は小学生のころにテレビで前衛書道家?が若い水着姿の女性を墨に浸し、両足首を持って床に敷かれた紙一杯に女性を思いのままに振り回して「書道作品」?を大勢のギャラリー(もちろん男性たち)の前で仕上げている場面を見て、相当な興奮を覚えたことがあります。女性も悲鳴をあげっぱなしでしたが、書道家は持った足首を手放すことはなく、ひたすら振り回しつづけていました。終わった後、床に放り出されて嗚咽し続ける女性の姿に、子どもながらにかなりの興奮を感じたものです。Y様の@Aに共通するような体験かもしれません。
もしかすると私が石井雪江のハードなレイプシーンに惹かれたのもそんな体験がベースかもしれません。

でも思い返してみると、新人審査会で優勝した石井雪江の記事を見た時に既に「おおー!!」と興奮したんです。この時はまだ雪江が何も出演していないときですから、やはりどんな作品にその後出演しようが、私は石井雪江で興奮する性春時代を送ったのだと、今改めて思います(笑)ああ、思い出しました。優勝したときに「SMでも何でもやります」と雪江が発言したのも、「これからこの美人に注目していこう!」と思った理由のひとつです。

掲載していただいた記事、私も詳しく読みたいです!ひとつひとつの写真には見覚えありますが、このレイアウトで構成された記事は初見のように思います。これは何という雑誌でしょうか。そして本文にはどんなことが書かれているのか、、、教えて頂ければ嬉しいです。ぢーこ様と同様のお願いですみません。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
21. [→596] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/27(Sun) 13:55 No.599 
ぢーこ様
>超巨大な男のイチモツを見た生徒(大田裕子?)が失神してしまうシーン
大田裕子っていましたね。確かすぐ消えてしまった気がしますが、若くてこういうシーンにマッチする子でした。

>何故かユニフォームを脱がせるおやじ教師・・・・。
いいですねえ、、、(笑)「快楽学園禁じられた遊び」で太田あや子が理科室の実験台にくくりつけられ、代わる代わるスケベおやじ教師たちの生贄にされて終始泣き叫びっぱなし、というシーンがありましたが、それを彷彿させる展開を期待してしまいます(笑)
雪江は「白く濡れた夏」で緊縛され犯されるシーンを経験していますが、ぢーこ様ご指摘のように暗くてあまりよく見えず残念でしたので、この作品ではそれをリベンジです(笑)

>「マセ度」は匿名希望Y様にはとてもとても適わないですね。
確かに!(笑)私は「映画の友」も大学に入ってから買ったような気がします。高校の時は、夏期講習に行く途中の書店で東てる美さんの写真集を買い、こっそり予備校のトイレでドキドキしながら紐解いた記憶があります(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
22. [→598] Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/28(Mon) 13:07 No.600 
いし様へ
> @麻吹さんですか。それは小学生にとっては相当な刺激だったことでしょう。小学生でなくても刺激的ですから、、、
丁寧なレス有難うございます。そうですねぇご指摘の通り超マセガキの私も麻吹淳子さんの記事は刺激が強すぎでした。石井雪江さんの記事のまだ一年位前だった? 
普通の姿の麻吹さんの写真が一枚あったのと会場のカメラマンの多さにビックリした事でした。大勢の報道陣の前で直に服を脱いだのだろうか?別室でお縄に縛られ登場たんだろうか?とか疑問点は多かった(笑)です。
多感な「超マセガキ」でも悲しいかな貴重な情報源がほぼ入手できない状況でした。
当時近所の駄菓子屋での出来事ですが、お店の中に何とヌードカレンダーが飾っていました、お店に行ってチラチラ「盗み見る」のが児童の私には楽しみでした。月が替わると別の女性のヌードが見られるので。月が替わるのを楽しみにしてお店に通っていました。その当時そのカレンダーは日活女優カレンダーと思っていましたが、最近その件のカレンダーをネット上で発見して入手することに成功しました。毎月変わる女性の姿を事細かに記憶していました(恐るべき記憶力!恐るべきネットの威力!)女優名は一切なく又日活女優のカレンダーでは無かったのですが実に40年超えの探求品が入手出来て感激しています。一人山科ゆりさんに酷似している女性が写っていましたが、皆さん別の機会に鑑定をお願いします。

>
> 掲載していただいた記事、私も詳しく読みたいです!

少しお待ち下さい。ファイルを探してみます。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
23. [→600] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/28(Mon) 19:39 No.601 
Y様
 有難うございます。
>報道陣の前で直に服を脱いだのだろうか?別室でお縄に縛られ登場たんだろうか?
小学生にして既に理論的な疑問ですね(笑)緊縛姿を思春期前に目にされるとは、すごい!私はよく覚えていませんが、高校生の時だった気がします。

>探求品が入手出来て感激しています。
地道に努力しているといいことがありますね(笑)
やはり男という生き物は、小学生の時に性に目覚めるのかもしれません。

>ファイルを探してみます。
恐れ入ります。お願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
24. Re: 石井雪江新情報  匿名希望Y : 2020/09/30(Wed) 11:22 No.602 
拡大 cm1026.jpg
拡大 likeoldbook-img600x450-1485858536tqg6zf9016.jpg
拡大 2822-001.jpg
石井雪江さんの話題で盛り上がるスレに麻吹淳子さんの話題で盛り上がるのは申し訳ないですが、石井雪江さん優勝の新人オーデションの3位入賞が麻吹淳子さんですか?
本当に麻吹淳子さんは石井雪江さんが優勝した新人オーデションに応募されていたのでしょうか?第3位に入賞したとの書き込みが有りましたが?だとしたら最終トップレス審査の5人のうち真ん中の女性でしょうか?(左端が上野さんその横が石井雪江さん)
だとしたら麻吹淳子さんがデビューしたのは翌年ですか?何だか時代考証が複雑に成って来ましたが。
いし様 ぢーこ様 石井雪江優勝時の雑誌記事を探しましたが現HDDには無いです。
古いPCのHDDを探します。今暫くお待ちを!写真は別記事ですが流れ記事で原本は有りません。
もう一つ当時こっそり見た麻吹淳子さん「緊縛披露会」の記事を見つけました。ただこれは数年前にヤフオクで見つけて残念ながら落札できませんでした。
上の兄の机に隠していた雑誌記事で当時私が初見で頭の真っ白になった記事です。
モノクロ記事だった記憶が有りましたが、今見ると一部カラーでした。会場には服着た淳子さんが登場して多分横に居る団鬼六氏からの紹介のあとその場で服脱がされたか別室に連れて行かれてお縄に掛けられて・・かどっちデショウか?当時の私は日活女優さんの服着た写真とその後の写真がみれた事と、口まで縄に縛られ横たわる淳子さん様子が余りにも生々しかったです。まあ子供でもあの記事は刺激が強かったです。

[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
25. [→602] Re: 石井雪江新情報  いし : 2020/09/30(Wed) 13:28 No.603 
Y様

>石井雪江さん優勝の新人オーデションの3位入賞が麻吹淳子さんですか?
その通りです。榊淳という名前で出ていました。

>5人のうち真ん中の女性でしょうか?
そうです。雪江と比べるとさすがにオッパイが凄いです!!

>だとしたら麻吹淳子さんがデビューしたのは翌年ですか?
榊淳という名前ではそれ以前も別媒体で活動していたような記事があった気がします。にっかつデビューは雪江より後だと思います。このあたりは、ぢーこ様がお詳しい分野かと思います。

>古いPCのHDDを探します。
ありがとうございます。ご無理なさらず、もしあれば、ということでお願いしますね。

>口まで縄に縛られ横たわる淳子さん様子が余りにも生々しかったです。
確かに児童には刺激が相当強かったことでしょう。おそらく私が子供時代に見た「美女裸体ぶん回し書道?」に匹敵する刺激だと思われす。雪江のデビュー作「白く濡れた夏」でも同じようなシーンがあり、そのまま犯されてしまいますが、この時の雪江は服を着ており、縛られたまま抵抗できずにスカートをめくりあげられ、胸を露出させられて揉みしだかれてしまいます。小学生のY様がご覧になったらどんな感想を抱かれたことでしょう(笑)

それにしても掲載して下さった一番上の記事、雪江と横山さんとツイン美女ですね。この二人が友人だったというのも驚きです。できれば、麻吹さんのようにこの後二人とも緊縛されて床に転がされ、カメラマンたちのフラッシュをたっぷりと浴びせかけられ、今後ヌードで生きていく覚悟を決めさせられる、、、なんて場面があったら、最高でしたよね(笑)
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


| 1 | 2 | 3 |

NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]

ロマンポルノ情報交換掲示板 ポルノ映画情報交換掲示板

北海道・東北地方の映画館 関東地方の映画館 甲信越地方の映画館 東海地方の映画館 関西地方の映画館 中国・四国地方の映画館 九州・沖縄地方の映画館 映画館リンク

Twitterで表示
Copy Right K - Movie Co.,Ltd. Since 2011