全国各地にある大人のための映画館“ポルノ映画館”情報や懐かしの“ロマンポルノ”への思いを交換する掲示板サイトです。

ポルノ映画Q&A掲示板
 
ポルノ映画Q&A掲示板


お名前 トリップ機能あり
タイトル
メッセージ
添付File1
添付File2
添付File3
(gif jpg png/2MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
返 信 返信無効にする



残念です。  滝masa太郎 : 2017/12/18(Mon) 14:26 No.535 
既にご存知の方も多いかと思いますが、老舗劇場の京都みなみ会館さんが老朽化の為に来年3月で閉館する事になってしまいました。一応、移転先を探して再開する予定のようですが長年親しまれた現在の劇場はその役目を終えてしまいます。
みなみ会館さんはその昔、成人映画館だった時期があり近年も成人映画を単発でイベント上映する等少なからず思い出深い劇場になりました。
残りわずかではありますが、興味がある方は一度足を運んでみてください。

そこでご質問なんですが、みなみ会館さんで日活が製作した唯一の特撮怪獣映画「大巨獣ガッパ」を観ました。
このガッパその後、日活ロマンポルノに出演していたそうで(ただし、頭だけ)同じ時期に製作された松竹の「宇宙大怪獣ギララ」が「男はつらいよ」で冒頭の寅さんの夢のシーンに出演してたのはよく知られているところですが…
もし、ガッパ出演のロマンポルノをご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. 情報求む!  シネポ : 2017/12/18(Mon) 18:27 No.536 
滝masa太郎様、書き込みありがとうございます。

大巨獣ガッパがゲスト出演しているロマンポルノがあるんですか…?
わたし自身は初耳でした。
それはぜひ、知りたい!

これをお読みになった方で、作品をご存知の方、ぜひお教え下さい!
どうかよろしくお願いします。

みなみ会館さんが一時的に閉館というニュースには驚きましたが、ほぼ同時期に出た、京都に別に新しいミニシアター映画館が誕生するというニュースには歓喜しました。
出町座という名です。
この12月28日にオープンです。
公式サイトはこちら→ https://demachiza.com/

「キネマ旬報」誌でピンク映画時評を長きに渡って連載されている、評論家の切通理作さんの第1回監督作品『青春夜話 Amazing Place』の上映も決まったようで、嬉しいですね。
切通監督の『青春夜話 Amazing Place』は、監督ご自身のピンク映画へのオマージュ的な要素が詰まった作品だそうですので、わたしも楽しみにしています。
滝masa太郎様も、ぜひご覧下さいね。

では、では、くれぐれも、全国の成人映画ファンの皆様、ガッパが登場するロマンポルノの情報、お待ちしております m(__)m
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg
2. Re: 残念です。  右近 : 2018/01/04(Thu) 23:57 No.537 
大巨獣ガッパが出ているのは、当たってないかもしれませんが、ロマンポルノ・リブート・プロジェクの「牝猫たち」で始まって27分くらいに結依の子の部屋だったかガッパのビニ人形が出てきます。

白石監督のインタビューでもそのことはふれられています。
https://news.infoseek.co.jp/article/socialtrendnew
s_32634/
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
3. これが正解か!  シネポ : 2018/01/05(Fri) 17:01 No.538 
右近様、書き込みありがとうございます。

なるほど、そういうことですか。
リブートの作品なんですね。ロマンポルノへのリブートを飛び越えて、日活そのものへのリブートにもなっちゃったんですね。

滝masa太郎様、どうでしょうか?

ただ、ロマンポルノの作品そのものにもひょっとすると、ガッパ出演作があるのかもしれませんしね。もし、そういうものもあるよというのをご存知の方いらっしゃいましたら、引き続きお知らせいただけたら幸いです。

右近様、ほんとうに貴重な情報をありがとうございました。
これからも成人映画、成人映画館、そしてこのホムペをどうぞよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg
4. Re: 残念です。  Shimo : 2018/02/09(Fri) 01:32 No.545 
田中登監督『好色家族 狐と狸』(1972)ですね。
ヒロインの田中真理の部屋に何故か馬鹿でかいガッパの頭が置いてあります。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg
5. 凄い!  シネポ : 2018/02/09(Fri) 18:13 No.546 
Shimo様、書き込みありがとうございます。
そして凄い情報、ありがとうございました!

そうですか…。
『好色家族 狐と狸』、わたしは未見です。いや〜、やっぱり見てなきゃダメですね〜。

滝masa太郎様、なんか凄いですね。
こうして全国のロマンポルノファンの皆様から情報が寄せられてきました。
ぜひ、ロマンポルノ・リブート・プロジェク『牝猫たち』と、ロマンポルノ『好色家族 狐と狸』をご覧になって下さい。

でもこうして、この掲示板が繋がっていくのが、なんか猛烈に嬉しいです。皆様に感謝申し上げます。

Shimo様、どうぞこれからもロマンポルノをはじめとする成人映画、そして成人映画館、このホームページをご愛顧下さい。
ほんとうにありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg




雑感  右近 : 2018/01/08(Mon) 23:41 No.539 
昨年12月はピンク映画19タイトルほど見ました。年間でも多分50タイトルは有に超えてると思います。
何しろ昨年はR15未満の映画、要するに女性の裸の出ていない映画は1本も見ておりません。

現在は新開地の「CINEMAKOBE2」が主で新作は京都の「本町館」に見に行ってます。
「CINEMAKOBE2」は未だにフィルム上映のみですので旧作しかかかりませんので、新作等は「本町館」に行ってます。

「CINEMAKOBE2」環境いいですよ。映画館も新しいですし、落ち着いて鑑賞できます。お勧めです。
「本町館」も落ち着いて鑑賞できます。常連さんが多い感じです。ここもお勧めです。

私自身これだけピンク映画にはまるとは思ってもみませんでしたが、ともかく今は無き「東梅田日活」さんのおかげですね。

平成22年6月から閉館される23年6月までのほぼ1年通わせてもらいました。
通勤のルート内でしたので仕事の帰りにちょっと寄って2本ほど見て帰宅したりもしました。
配布されていた上映案内もまだしっかり持ってますし、しじみ嬢の舞台挨拶、倖田李梨ねえさんの舞台挨拶、両方とも参加しました。
サイン色紙まで買って女優にサインもらうなんてのも初めての経験でした。
まあこれは劇場側さんへのご協力という意味もありましたが・・。
閉館の最終日もいきましたよ。最後、老夫婦の方含めスタッフ4人ほどが入口で立たれて挨拶されていましたね。

この後3年ほどピンク映画は見に行ってませんでした。やはりピンク映画館には入りづらい雰囲気がありますんでねー。
では東梅田さんになぜいくようになったのかは亜紗美嬢がきっかけです。
また3年後ピンク映画を再び見るようになったきっかけは池島ゆたか監督です。
このあたり書くと長くなりますので別な機会にします。
ともかく東梅田日活さんありがとうです。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.


新しいレスから表示

1. おっと、涙が…  シネポ : 2018/01/10(Wed) 21:34 No.540 
右近様、書き込みありがとうございます。

わたくし、元梅田日活劇場のスタッフの一員として、なんて言ったらいいんだろう、感謝と申しましょうか、感激と申しましょうか、涙がこぼれてきてしまいました。
わたくしもあの劇場が大好きでした。
あの劇場をご愛顧して下さった多くの皆様には、今も感謝の念に堪えません。
ぜひ続きを、お時間のあるときで結構ですから、書き込みいただければ嬉しいです。
ほんとうに、ありがとうございます。
そして、ぜひこのまま、成人映画と映画館を愛し続けていって下さい。
よろしくお願いいたします。

追記
わたくし、今でも時々、劇場の夢を見ます。
開場前の掃除を一生懸命やってるんですが、何故かなかなか終わらなくて、お客様から早く開けろと怒鳴られたり、映写機が壊れてしまって満員のお客様の前で頭を下げたりとか…。
映画館としてはやってはいけないミスの夢ばかりです(笑)。
そんなもんなんですね、もう7年近く経つのに。
[返信]
[修正]
ID:aY6CkF.zLQ
2. Re: 雑感  右近 : 2018/01/14(Sun) 21:53 No.541 
返信ありがとうございます。

舞台挨拶ですが、しじみ嬢の時は、東京とかからも見に来られてましたね。
女性も幾人かおられ確か満員でした。
当日は気合を入れて朝から何番目で入場しました(笑)。2回ともみました。
確か、彼女、当時友松組の撮影が予定されていたのですが、急病で入院され退院して間もなくだったと記憶しています。

倖田李梨ねえさんの時、彼女の話でよくわかったのは以前よりピンク映画の経費でフィルム代が一番かかると聞いていたのですが、
よくわかりませんでした。
彼女の説明でフィルムの現像代が一番かかるということを聞いて納得しました。

両方の舞台挨拶の司会&説明されていたのが大阪の大学の先生でしたね。お名前は失念しました。
ピンク映画の大ファンのようで東京へも見に行かれているようでした。
しじみ嬢の舞台挨拶にはゼミの学生(女性)を連れてこられてましたね。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
3. ありがとうございます  シネポ : 2018/01/20(Sat) 16:40 No.542 
右近様、書き込みありがとうございました。
ちょっとバタバタしておりまして、返信が遅くなってしまいましたことお許し下さい。

梅田日活劇場では、少しでもポルノ・ピンク映画の認知度を上げて、お客様の動員に繋げたいという思いから、いろんなイベントをやりましたね〜。
最初は劇場単独で行っていたんですが、それが段々と広がりをみせていき、最初は確か大阪シナリオ学校さんと企画を立てたり、共催したり、そして「ぴんくりんく」さんと共同でやったり、なんと河内屋菊水丸さんともやりました。そして右近様がお書きになっているように、成人映画の研究をなさっていた大学の先生までに広がっていってと、ひとつひとつが思い出深いです。
ただ、そのイベントをやりながらいつも話していたのは、大阪という場所のハンディでしたね。
ゲストを招いてのトークショーをやるにしても、その方の東京からの往復交通費と宿泊代が常にのしかかってくるんですね。まさに「♪ギャラより高い〜、交通費〜♪」の世界でしたよ。それさえなければ、もっと色んなことが出来たのに、という思いはあります…。

近年、東京の上野オークラ劇場さんがものすごく活発にそういったイベントや仕掛けをされているのを、今さらながら羨ましく感じていたりもします(笑)。

右近様、また思い出されたことなどありましたら、続いて書き込み下さい。
そしてこれからも成人映画と成人映画館をよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg
4. Re: 雑感  右近 : 2018/01/28(Sun) 17:59 No.543 
返信ありがとうございます。
イベントを行うにあたっての諸経費に頭を悩ませられることは理解できます。

浜松のシネマハウス新映では毎年6月に池島ゆたか監督を迎えての舞台挨拶を10数年以上やっています。
私も一昨年、昨年と行きました。あの熱気も独特でしたし、地方の映画館でもこれだけやれるのだという感じでした。
映画館側のサービス精神があふれていました。
女優も2名参加されますが、女優たちも喜んでられていました。

こうしてみるとピンク映画はまだまだ捨てた物ではないなと思うのですが・・。
[返信]
[修正]
ID:A6e0.hE1E.
5. そうですね〜  シネポ : 2018/01/29(Mon) 18:20 No.544 
右近様、続いての書き込みありがとうございます。

おっしゃる通りです!
ピンク映画も捨てたもんじゃないというのは、上野オークラ劇場さんの熱気からもその通りだと思います。シネマハウス新映さんでもそうでしょうが、やはりそういうお客様と製作側との接点が大事なんだと思います。
一般映画でも初日は舞台挨拶をされています。やはりお客様は盛り上がりますよね。
そういうことなんだと思います。
ただただ、地方の劇場は経費がのしかかってくる、それだけだと思います。やりたい、やってみたいと思っておられる経営者様は多くいらっしゃるはずですけどね。

ロマンポルノ全盛のころは、日活も女優さんたちの舞台挨拶キャンペーン全国ツアーをよくやっていたみたいですね。そういう地道な努力がロマンポルノの全盛を支えていたのかもしれません。

ピンク映画ももっともっと花開いていってもらいたいなと強く感じます。
ご意見など、またお聞かせ下さい。
そして今後も変わらぬ応援を、よろしくお願いいたします。ありがとうございます。
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg




東海地方  かい : 2017/11/23(Thu) 16:17 No.533 
こんにちは。前日鶴城へ足を伸ばして
来ました。1駅間違い歩きましたが
無事到着。懐かしいビデオテープが
山程。テープ+映画館の不思議な造り。
昼頃お邪魔しましたが、結構人が居て
賑わってました。やはりここでも時折
シュポッと火を付ける年配の方がいて
残念な気持ちになりましたが、地元の
方の憩いの場となり良い雰囲気でした。

夕方前に出て前回リベンジで四日市へ。
サイトを見て週末遅く迄やってるからと
(土)21時に着くと既に終了…(´Д`)。
今回18時過ぎに着き館内へ。ご主人は
少し待ってての声と共に上の階へ移動。
中は真っ暗私が入るとフィルムを回して
くれました。港町キネマ通りみたく、
お客さんが入るとフィルムを回すのが
リアルで驚きました(笑)2本の内1本は、
S40年頃かな?にっかつの頃の作品で、
会社でタバコ吸うわOLさん達がみんな
デスクでLo←みたいな押して印字をする
懐かしい感じのタイプライターで仕事を
し、公衆電話が薄黄色。同僚のお父さん
とお局さんが結婚して、お見合い場所の
結婚式場所でパトロンさんと鉢合わせ、
幸せそうな夫婦を見ながら倉庫で
お見合い投げ出してパトロンと情事。
好意の若者とは結局結ばれず(´Д`)。
という映像・内容的に新鮮でした。

土曜の夜だというのに2本の間私以外に
お客様が来る事もなく貸切状態で楽しむ
事が出来ました(察)。
果たして昼〜夕方前にはお客様がいたの
かな?と少し心配になりました(笑)。
21時前に私が外へ出た時は看板の灯りも
消えていたので、週末はサイト表示より
早く閉館してしまうみたいですね…。
東京から2度足運び分かる事もあります
機会があれば早い時間に再び来てみたい
と思いました。

残りはシネラマ静岡2館移転した札幌。
足を運ぶ前に閉館にならない事を心から
祈るばかり。長々失礼しました(´ω`)
[返信]
[修正]
ID:KAjEt0KxLw


新しいレスから表示

1. ありがとうございます  シネポ : 2017/11/25(Sat) 16:03 No.534 
かい様、愛知県西尾市の鶴城映劇さん、三重県四日市市のロッポニカ四日市さん、両館へのご来場、劇場スタッフさんに代わりましてお礼申し上げます。ありがとうございました。

なんか、両館の雰囲気がストレートに伝わってくる、素晴らし書き込みですよ。かい様の「映画館」という空間への愛を感じました。
とにかく映画フィルムというものが、もう日本では製造されなくなりましたので、成人映画でも今、各映画会社が手元にお持ちのものが無くなれば、もうそれで終わりです。新作もすべてデジタル撮影ですから、フィルム上映の映画館は一切新作を上映できない状況です。かといって、デジタル上映システムを導入するには多大な費用が必要だし…。
フィルム上映を続けておられる各館が悩んでおられるところは、そこなんですよね、きっと。
鶴城映劇さんも、ロッポニカ四日市さんも、そんな状況ながら、支えて下さるファンのお客様のために頑張っておられるんだと思います。ぼくらはエールを送るしかないんですが…。
このホームページを見た方が、興味を持って下さって、劇場に一度でも足を運んで下さるなら、こんな嬉しいことはありません。

かい様、またいろんな劇場へ行かれたら、その様子をお伝え下さい。かい様の書き込みで、ひとりでも新しいお客様が増えるということになるかもしれませんので。
ありがとうございました。
これからも成人映画館をよろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:aY6CkF.zLQ




映画館がすきです  新京極 歌麿 : 2017/11/19(Sun) 00:18 No.531 
ここの掲示板は楽しいですので今から全部読みます[返信]
[修正]
ID:IjjmIJb5x6


新しいレスから表示

1. わたしも、映画館がすきです  シネポ : 2017/11/19(Sun) 10:54 No.532 
新京極 歌麿様、暖かいお言葉の書き込みありがとうございます。

成人映画館だけに限らず、配信、ジャスラックによる映画音楽料の値上げなど、映画館を経営するということ全般に今、逆風が吹きまくっています。そんな中、「映画館がすきです」というシンプルなタイトルは心まで染み込みます。

どうぞこれからも、全国で頑張っている成人映画館、そして成人映画、そしてそしてこのホームページをよろしくお願いいたします。
よろしければまた書き込み下さいね。
ありがとうございました。
[返信]
[修正]
ID:aY6CkF.zLQ




懐かしい雰囲気でした。  滝masa太郎 : 2017/11/12(Sun) 21:30 No.529 
「あら、珍しい!」先日行きつけのシネヌーヴォさんを訪れると成人映画のチラシが置いてあるではありませんか。それも今年公開の新作映画の。
タイトルは「地球に落ちてきた裸女」何だかデビットボウイ主演の映画のタイトルに似てるなぁ、例によって遊び心満載の映画だろうと関西圏での公開を心待ちにしていた作品でした。
チラシの裏には「京都ほんまち館」の名前が、そういえば以前、京都みなみ会館で配布していた「股間の純真ポロリとつながる」のポストカードもほんまち館だったなぁ。
上野のオークラ劇場なんかと違って現在の大阪や京都の成人映画館でチラシ等の宣材を配布する劇場なんてここだけだろうな。
劇場さんの意欲的な運営方針に感心しつつ一度は行ってみたいと思っていた事もあり、思い立ったら何とやら京都ほんまち館さんに行って来ました。
サイトで大体の雰囲気はわかっていましたが実際に足を踏み入れての第一印象は「なかなかええ劇場やん」でした。
確かに古い建物ではありますが決して老朽化しているというイメージは無くキチンと管理されたレトロ感のある落ち着いた映画館と言ったところでしょうか?
場内は広すぎず狭すぎずシートの座り心地も良く何より上映中に場内を徘徊する人が居ない快適な環境が維持されておりました。
ロビーには関係者の方々のサイン色紙が飾られているのもファンにとっては嬉しいですね。
ほんまち館さん訪問のきっかけとなった「地球に落ちてきた裸女」は12月1日からの上映だそうで、ほんまち館さんにはこれからちょくちょく訪問する事になりそうです。
[返信]
[修正]
ID:NO8.waOKvg


新しいレスから表示

1. 嬉しいです!  シネポ : 2017/11/13(Mon) 18:34 No.530 
滝masa太郎様、京都ほんまち館さんへのご来場、劇場スタッフさんに代わりましてお礼申し上げます。
ありがとうございます。

わたしも、いい映画館だというのはよく聞きます。個人的には数年も前に一度お伺いしただけなので…。
ぜひ、今後もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

なお、今週の16日(木)までの上映になりますが、滝masa太郎様が以前書き込んで下さった、大蔵怪談映画の流れをくむOP映画の新作『女ゆうれい 美乳の怨み』が、只今上映されてます。
お時間が許せば、ご覧になって下さい。

いつも書き込みありがとうございます。
これからも全国の成人映画館への応援、よろしくお願いいたします。
[返信]
[修正]
ID:TWvLr2Cekg


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

NO: PASS:

[ Script by KentWeb ]


-天気予報コム-

ロマンポルノ情報交換掲示板 ポルノ映画情報交換掲示板

北海道・東北地方の映画館 関東地方の映画館 甲信越地方の映画館 東海・北陸地方の映画館 関西地方の映画館 中国・四国地方の映画館 九州・沖縄地方の映画館 映画館リンク

Copy Right K - Movie Co.,Ltd. Since 2011